プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

カードローンに申し込みした女性
  • 借入審査は最短30分
  • カードレスで利用も可能
  • 初めての方は30日間無利息

など、カードローンの中でもプロミスは非常に優れたカードローンと言えますが、デメリットと言える部分もあります。

この記事では、プロミスのメリット・デメリットや最も早く融資を受ける手順などをまとめました。他社カードローンと比較しならがご紹介していきますので、プロミスの申込前にぜひ確認してみてください。

1.プロミスのサービス詳細

まずはプロミスのスペックを見てみましょう。

プロミス サービス詳細*1 メアド登録とWeb明細利用の登録が必要

プロミスまるばつ表

お金を借りる時に注目したいのは金利ですが、プロミスは実質年率4.5%〜17.8%と大手消費者金融の中では上限金利が0.2%低いです。

大手消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%

ただ、短期間で返済できる場合は実質年率18.0%のカードローンでも支払う利息にさほど差はありません。

<10万円を30日間借りた時の利息>

  • プロミス 1,463円(実質年率17.8%)
  • アコム 1,479円(実質年率18.0%)

モビット以外は30日間無利息で利用できるので、少額の借入や短期の利用なら使い勝手の良いカードローンを選ぶと良いです。

ただし、銀行カードローンと比べると消費者金融の金利は高いです。

銀行カードローン 金利年
みずほ銀行 2.0%〜14.0%
三井住友銀行 4.5%〜14.5%
三菱東京UFJ銀行 1.8%〜14.6%

大手銀行カードローンには無利息期間はありませんが、高額融資や長期の借入をしたい方はみずほ銀行カードローンなど低金利の銀行カードローンを選ぶのが得策です。

2.プロミスで借入するメリット・デメリットまとめ

急いで借入をしたい方のためにプロミスのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見ればあなたにプロミスがピッタリかどうか丸わかりです。

プロミス・メリットデメリット

3.プロミス7つのメリット

プロミスを利用するメリットは7つあります。

メリット1 最短10秒で振込完了!瞬フリ

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行口座があれば、手数料無料で深夜でも土日祝日でも24時間、最短10秒で振込です。

その他の銀行でも平日9:00〜14:50までに手続きすれば当日中に振込キャッシングできます。

<三井住友銀行>
プロミス・三井住友銀行

 <ジャパンネット銀行>
プロミス・ジャパンネット銀行

メリット2 審査は最短30分!すぐ利用できる

プロミスは最短30分で審査結果がわかります。申込は24時間対応で審査後に正式な借入限度額が決まり、メールか電話で審査結果の連絡が来ます。

メリット3 在籍確認の要望も申込完了後に相談可能

プロミスの在籍確認は電話で行われますが、要望がある場合は申込完了後に相談できます。

職場への電話連絡を避けたい方は申込完了後にプロミスのコールセンターへ相談しましょう。

プロミス コールセンター
0120-24-0365

女性専用ダイヤル レディースコール
0120-86-2634

メリット4 郵送物なし!WEB完結も対応可能

プロミスはWEB完結も対応可能です。自宅への郵送物を無くしたい時は契約時に「口座振替(口フリ)」と「カードなし」を選べば郵送物は一切ありません。

メリット5 カードレスで利用ができる

プロミスはカードレスで利用することもできます。「カードを誰かに見られて借入がバレたらどうしよう…」と心配な方は「カードなし」利用をしましょう。

なお、「カードなし」を選んだ場合の返済方法は口座振替のみ、借入方法は口座への振込のみになります。

メリット6 来店不要!店舗に行く必要なし

プロミスは申込から融資完了まで店舗や自動契約機に行かずネット上ですべて完結することもできます。

メリット7 30日間無利息で利用できる

プロミスは初めての方なら30日間無利息で利用できます。無利息期間が始まるのは初回借入の翌日からなので損せずお得に利用することができます。

4.プロミス2つのデメリット

プロミスのデメリットは主に2つあります。

デメリット1 カードでの利用は手数料がかかる

プロミスは提携ATMからの借入や返済には手数料がかかります。

プロミスを利用する場合、借入は振込キャッシング、返済はインターネット返済を利用しましょう。そうすれば手数料はかかりません。

デメリット2 専業主婦の借入は不可

プロミスは自身に収入がない専業主婦は借入できません。専業主婦の方が借入したい時は新生銀行カードローン レイクを利用しましょう。

5.最速|プロミスで即日融資を受ける手順と注意点

プロミスで今日中に借りたいという方のために、即日融資を受けるための注意点や手順をまとめました。

①即日融資を受けたい時のチェック項目

プロミスの利用までは「申込→審査→契約&利用開始」の順で進みますが、即日融資を受けたい場合は申込時のあなたの状況によって契約方法が異なります。

まずは次のフローで最適な契約方法を確認しましょう。

プロミス借り入れフローチャート

②WEB契約がピッタリだった方 

平日14時50分までに振込キャッシング手続きを完了させれば当日中に融資を受けることができます。ネットから申込をした後、そのままWEBで契約をしましょう。

家族にバレずに借入したい時はカードレスで利用するか、ネット契約が完了後に自動契約機でカード発行をしましょう。そうすれば家族に内緒で利用できます。

③自動契約機での契約がピッタリだった方

平日14時50分までに振込キャッシング手続きができない場合や土日祝日に申し込む場合、「ネット申込→自動契約機で契約手続き→カード発行」の順で進めましょう。

ローンカードを受け取ればすぐに提携ATMから借入可能です。

自動契約機はプロミスの自動契約機だけでなく三井住友銀行ローン契約機も利用できます。

人目が気になる方は三井住友銀行ローン契約機を利用しましょう。営業時間は次の通りです。

<プロミスの無人契約機の営業時間>
土日祝日含め9:00-22:00まで
*一部21時もあります

<三井住友銀行のローン契約機の営業時間>
土日祝日含め9:00〜21:00まで
*契約機により営業時間、休日が異なります

申込完了所要時間

6.プロミスの申込に必要な書類

申込時の必要書類は運転免許証です。持っていない場合はパスポートを用意しましょう。

また、50万円を超える借入の場合や他社との借入総額が100万円を超える場合は収入証明書も必要です。用意しやすいのは源泉徴収票か給与明細書でしょう。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書・納税証明書・所得証明書
  • 確定申告書等

6.プロミスの借入条件

プロミス・利用条件*瞬フリの利用は三井住友銀行かジャパンネット銀行口座が必要。

8.まとめ

プロミスはカードローンの中でも非常に使い勝手の良いカードローンです。カードでの利用は手数料がかかりますが、振込キャッシングなど手数料無料の方法もあります。賢く利用して利息以外の負担を減らしていきましょう。

プロミス情報