年金生活者でも借りれるカードローンとキャッシングよりも低金利で借りれる2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシングしたい年金受給者

定年を迎え年金で生活をしている方の中には、家計が苦しくキャッシングを検討している方も多いのではないでしょうか。

年金も立派な収入であることには変わりありませんが、働いて得た収入とは少し性質が違うため、年金生活者でもキャッシングができるかどうか疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと年金のみで生活している方でも、カードローンなどでキャッシングをすることは可能です。

キャッシング審査に通るための最も重要な条件は「安定継続した収入があること」ですが、年金は定期的に決まった金額を受け取れるため、年金を安定した収入とみなす金融機関は多いです。

ただし、金融機関によっては年金生活者の申込ができないところもあるので、まずはそれぞれの申込条件を確認しておく必要があります。

今回は年金生活者がキャッシングをする方法とキャッシングよりも低金利で借入できる方法をご紹介します。

1.年金生活者が申し込めるキャッシング

年金生活者でも申し込めるカードローンには、たとえば次のようなものがあります。

年金生活者でも申込OKなカードローン例

地方銀行が取り扱うカードローンでも年金受給者の申込ができるものもあるので、まずは普段から取引がある銀行で申込条件を確認してみるのも良いでしょう。

2.年金生活者がキャッシングする時の3つの注意点

収入が年金のみでもカードローンなどでお金を借りることはできますが、その場合は3つほど注意点があります。

注意1 年齢条件がある

年金生活者が利用できるカードローンでも、それぞれに年齢制限があるので注意が必要です。

年金生活者が利用できるカードローンの年齢制限

申込年齢は65歳~70歳未満までとしている銀行が多く、70歳以上の方が利用できるキャッシングサービスはほとんどありません。

また、申込時点で年齢条件を満たしていても、一定の年齢を過ぎると新たな借入ができなくなってしまうので、最終的に何歳まで融資を受けられるのかもあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

注意2 金利が高い

カードローンは申込条件もそれほど厳しくなく無担保で借入ができるため、金利は他のローンよりも高めに設定されています。

特に借入額が50万円~100万円以内の場合は上限金利が適用されることが多いので、無理なく返済できるかどうか必ず月々の返済額や利息を事前に確認しておきましょう。

4つの銀行カードローンの金利

注意3 返済額を確認する

カードローンの返済はリボ払いなので、借入金額や限度額に応じて月々一定額を返していく仕組みです。

実際の返済額は銀行によって違いますが、目安として借入額が50万円以内なら月々1万円の返済、50万円超100万円以内なら1万5千円程度の場合が多いです。

年金生活でもしっかりと返済できるか事前に確認しておきましょう。

3.年金生活者がキャッシング以外でお金を借りる2つの方法

キャッシングは必要な時にすぐにお金を作る方法としては非常に便利ですが、銀行カードローンでも金利年10.0%以上と金利が高いのがネックです。高金利なローンは年金生活を圧迫する原因になりかねないので、キャッシングよりも低金利なローンの検討をまずはおすすめします。

方法1 年金担保貸付

「独立行政法人 福祉医療機構」では年金を担保に貸付を行う年金担保貸付制度を実施しています。公的機関のため金利は年2.0%未満と非常に低く、限度額200万円の範囲内で様々な資金を借りることができます。

<資金の使い道>

  • 保険医療
  • 介護福祉
  • 冠婚葬祭
  • 住宅改修
  • 債務の一括整理
  • 生活必需品の購入・・・など

担保がある分審査に通ることはそれほど難しくありませんが、借入までに1ヵ月ほどかかるので、借入を希望する場合は早めに申込をしておきましょう。

方法2 リバースモーゲージローン

リバースモーゲージローンとは、持ち家を担保にしてお金を借りる高齢者向けのローンです。不動産担保ローンとも似ていますが、リバースモーゲージローンの場合は契約者の死亡時に不動産を売却し一括返済を行うため、月々の返済がありません。

不動産を担保にするため数千万円以上の金額を低金利で借りることができ、老後の生活資金、定年後に残った住宅ローンの返済、老人ホームの入居費用などに幅広く利用可能です。

4.まとめ

年金生活者でもカードローンなどでキャッシングはできますが、金利が高く月々の返済負担が大きくなってしまうので、できれば低金利な公的機関からの借入をまずは検討するべきです。

ある程度まとまった金額を借りたい場合は銀行などのリバースモーゲージローンの利用を視野に入れてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket