パートさんのカードローン限度額の目安|申込前の悩みを一発解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンでお金を借りたパートの女性

パートさんがカードローンを利用する場合、一般的に限度額はどのくらいになることが多いのでしょうか。

パートさんのカードローン限度額の目安を、消費者金融と銀行カードローンの2つに分けてまとめました。

カードローンの賢い選び方や申し込む時の注意点もご紹介していますので、申込をする前にぜひ確認してみてください。

1.パートさんのカードローン限度額

パートさんが消費者金融系のカードローンを利用する場合と、銀行系のカードローンを利用する場合で、融資可能な限度額の違いについて見てみましょう。

①消費者金融カードローンを利用する場合

消費者金融系カードローンの場合、審査によって借入可能限度額が決まりますが、貸金業法の総量規制という範囲内での融資となるため、多くても年収の3分の1までしか借入をすることができません。

例えば、毎月10万円のパート収入がある方の場合、年収は120万円となりますので、その3分の1の40万円が法律上の融資限度額となります。

パートさんの場合、収入が多いケースは珍しいため、現実には10万円から30万円程度の借入になることが多いです。

②銀行カードローンを利用する場合

銀行カードローンを利用する場合も審査によって限度額が決まります。銀行カードローンは銀行法が適用され、借りられたとしても同じく年収の3分の1程度です。

なお、一部の銀行カードローンでは、本人に年収がない専業主婦に対しても融資をしていますが、基本的に上限額は30万円から50万円程度となっています。

2.パートさんの賢いカードローンの選び方

パートさんがカードローンを選ぶ時の方法をまとめました。賢い借入ができる選び方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

選び方1 無利息期間

今月だけ借りたい、給料日後すぐに返済できる、短期間だけ借りたいといった場合、無利息期間があるカードローンを選ぶことで余計な利息を払わなくて済みます。

消費者金融カードローンには30日間無利息のものは多くありますし、銀行カードローンも無利息期間があるものがあります。

無利息期間がある主なカードローンはこちらです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

選び方2 金利

中長期にわたって借入をする場合は、金利が低い銀行カードローンを選ぶことをおすすめします。

カードローンの金利は最終的に審査によって決定しますが、利用額が大きくなるほど低い金利が設定されるので、収入が少ないパートの方の場合には、利用限度額が低くなり金利も最大金利が適用されます。

カードローンを契約する場合には、最低金利の低さを比べることには意味がなく、最大金利で比べることが大切なポイントになります。

金利などの借入条件をよく調べずにメインバンクでカードローンを組んでしまうと、後になってすごく損をしてしまうことがありますので、金利の違いはしっかりと比較するようにしましょう。

主な銀行カードローンの金利は次の通りです。

カードローン金利年限度額
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%500万円
みずほ銀行年2.0%~14.0%800万円
オリックス銀行年1.7%~17.8%最高800万円
三井住友銀行年4.0%~14.5%10~800万円
りそな銀行年3.5%~12.475%800万円
イオン銀行年3.8%~13.8%800万円
ジャパンネット銀行年2.5%~18.0%1,000万円
楽天銀行年4.9%~14.5%500万円
東京スター銀行年4.5%~14.6%500万円
静岡銀行セレカ年4.0%~14.5%500万円
横浜銀行年1.9%~14.6%1,000万円
関西アーバン銀行年4.0%~14.4%500万円
ソニー銀行年2.5%~13.8%800万円

選び方3 即日融資

今すぐお金が必要になった時は即日融資対応のカードローンを選ぶことがポイントになります。

多くのカードローンは希望限度額が50万円以内であれば、収入証明書不要で即日借入できるカードローンが数多くあります。(審査によっては50万円以内でも収入証明書が必要になる場合あり)

即日融資に対応したカードローンはこちらです。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)

サービス金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%30日間無利息

選び方4 利便性

毎日の生活でよく行くコンビニや提携ATMで利用できるカードローンを選ぶと、借入や返済の利便性が高くなります。

急にお金が必要になった時に近くのコンビニで借入できるカードローンを選んでおけば、24時間いつでも便利に活用することができるでしょう。

せっかく低い金利のカードローンを選んでもATM手数料がかかっては意味がありませんので、手数料無料のカードローンを選ぶことをおすすめします。

インターネット借入の対応状況、利用可能なコンビニATMの種類や数、借入手数料などを比較して利便性の高いカードローンを選ぶようにしましょう。

3.パートさんに最適なカードローン

パートさんに最適なカードローンをご紹介します。どのコンビニで利用できるかも一目でわかるようにご紹介しますので、あなたの目的に合わせてカードローンを選び、申込をしてみてください。全て即日融資対応、無利息期間もあります。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

4.パートさんがカードローンに申し込む時の注意点

パートさんがカードローンに申し込む際には、いくつかの注意すべきポイントがあります。複数申込、記入ミス、虚偽の申請などの注意点について見てみましょう。

注意点1 複数申込

1ヶ月に3社以上申し込むと信用機関にその情報が登録され、通称申込ブラックという状態になってしまい、審査に落ちる場合があります。たくさん申し込めば1件くらいは契約できるだろうという考えで、何件も申込をするのはやめましょう。

申込を何度も繰り返してしまった場合は、少なくとも申込情報が消えるまでの6か月間は間をおいてカードローンの利用を検討しましょう。

注意点2 記入ミス

カードローンの申込で間違った情報を入力すると、申込情報の入力不備が原因で審査に落ちる可能性があります。メールアドレスや郵便番号、電話番号などは間違いやすいので、入力ミスがにないように注意して申込をしましょう。

注意点3 嘘をつかない

カードローンの申込内容に嘘の情報を記載すると、審査に通らない原因になってしまうので、嘘をつかずに申込をすることが大切です。カードローン会社は申込情報や提出書類、信用情報機関の情報、在籍確認などで情報を確認しますので、嘘は必ずバレます。

注意点4 希望限度額を最低限に

多く借りたい気持ちは分かりますが、高ければ高いほど審査が慎重になりますので、希望限度額は必要最低限にしておくことをおすすめします。

一般的にパートさんが借入できる金額は10万円から30万円程度ですので、申込の際、5万円や10万円のように希望限度額を抑えた方が審査に通過しやすくなります。

注意点5 携帯料金の滞納

割賦販売の携帯料金を滞納していると、カードローンの審査に通りにくくなります。割賦販売の携帯料金とは、携帯本体を分割して購入している場合です。

この料金の滞納もカードローンなどの滞納と一緒になり、滞納すると事故情報として信用情報機関に記録されます。

2013年のある調査によると、約275万人が端末代の分割料金を滞納しており、そのうち約50%がクレジットカードの審査に落ちています。

携帯料金とカードローンの発行にはあまり関係がなさそうに思えますが、滞納しているとその人の信用度が下がり、大きく影響してきます。

注意点6 不要なクレジットカード

クレジットカードのキャッシング枠は、使っていなくても借入1件とカウントされてしまいます。

借入件数は少ない方が審査に有利になりますので、キャッシング枠が付いている不要なクレジットカードは解約しておくことをおすすめします。ちなみにキャッシング枠が付いていないクレジットカードは関係ありません。

注意点7 借入診断

多くのカードローンでは、審査を受ける前に借入できるか診断することができます。診断して借入できるかを事前に確認し、可能性があるところに申込をするようおすすめします。

大体の借入診断は3項目程度入力するだけで、借入可能な予想金額と融資可能かどうかを診断してくれますので、申込の前に診断をするようにしましょう。

5.まとめ

パートさんは自分自身の収入があるため、消費者金融でも銀行カードローンでも借入ができます。あなたの状況や目的に合わせ、ご紹介した選び方でカードローンに申込をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket