アコム

フリーターが借りれるキャッシング比較|支払利息をグンと減らすカードローンの賢い借り方も徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシングしたいフリーター

フリーターの方がキャッシングをする方法はいくつかありますが、キャッシング業者ごとの特性をある程度理解し、自分にとってできるだけメリットが多い方法を選ぶことが大切です。

特に金利は支払額に直結する部分なので、低金利のローンや無利息キャッシングを賢く活用して行きましょう。

今回はフリーターにおすすめのキャッシングと申込時の注意点をご紹介します。

1.フリーターがキャッシングする3つの方法

フリーターがキャッシングする方法は主に次の3つがあります。

方法1 消費者金融

まず一つ目がアコムやモビットのような消費者金融からの借入です。基本的に20歳以上で安定した収入がある方なら保証人や担保不要で申し込むことができ、消費者金融は即日融資も可能です。

また、大手消費者金融の母体は有名な大手金融グループであることが多いため借りる側としても安心です。

たとえばアコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融なので、初めて消費者金融を利用する方でも比較的安心して申し込めるのでしょう。

方法2 銀行カードローン

「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」などはよくテレビCMでも見かけるためご存じの方も多いと思いますが、今は地方銀行やネット銀行などほとんどの銀行でカードローンを取り扱っています。

銀行カードローンの特徴は消費者金融に比べて低金利であることです。金利が低い分、消費者金融に比べて審査は厳しい傾向にありますが、フリーターでも申す込めるものが多く、銀行という安心感から初めてキャッシングをする方に特に人気があります。

方法3 信販会社

信販会社で有名どころと言えばセディナやオリコなどが挙げられますが、信販系の会社もカードローンサービスを展開しています。

銀行や消費者金融のようにローン専用カードを発行するタイプもあれば、クレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合もあります。

2.できるだけ支払利息を減らすカードローンの賢い借り方

消費者金融と銀行カードローンでは銀行系の方が低金利です。ちなみに信販会社も金利は消費者金融とほぼ同じで、利用限度額が100万円未満なら年18.0%が適用される会社が多いです。

大手消費者金融と銀行カードローンの金利は次の通りです。消費者金融の金利は年3.0%〜18.0%ですが、銀行系は年1.8%〜14.6%となっています。

消費者金融キャッシングと銀行カードローンの金利相場

金利だけ見ると銀行系の方が支払利息を減らせそうですが、実際には消費者金融の方がお得なケースもあります。これには無利息期間が関係しています。

多くの大手消費者金融には「30日間無利息」の無利息サービスがありますが、銀行系カードローンにはほとんどありません。

そのため、短期間だけお金を借りるなら無利息期間がある消費者金融の方がお得です。

短期間の目安は150日(5ヶ月)以内の借入です。

例として10万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円1,191円
60日1,479円2,383円
90日2,958円3,575円
120日4,438円4,767円
150日5,917円5,958円
180日7,397円7,150円

150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方がお得であることがわかります。

無利息期間中に全額返済すれば利息ゼロ円ですし、それ以外でも無利息期間分の利息を減らすことができます。

180日以上の借入を予定している場合は低金利の銀行系を選ぶと良いでしょう。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。全て即日融資にも対応しています。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

3.フリーターがキャッシング審査に通るための5つのポイント

フリーターは正社員に比べて審査時の評価が低くなるのではないかと不安に感じる方も多いかもしれません。

雇用形態という部分では社員が高評価になるのは確かですが、審査ではさまざまな部分を総合的に判断します。ですので、フリーターの方でもその他の部分で評価を上げることは十分可能です。

フリーターが審査に通るためのポイントをご紹介します。

ポイント1 同時に複数のカードローンに申し込まない

同時に複数のカードローンに申し込むと審査に通る可能性が下がります。

カードローンに申込をすると申込情報が信用情報機関に登録されます。キャッシング審査では信用情報機関の個人信用情報を照会するため、同時に他のカードローンに申し込んでいるかどうかもわかります。

申込人が複数のカードローンに申込をしていると「相当お金に困っている」と判断され、審査に落ちる可能性が高くなります。

審査落ちを心配するあまり、いくつものカードローンに同時に申込をしてしまう方がいますがこれは大変危険な行為です。審査通過率を上げるためにも、カードローンは1社に絞って申し込むようにしましょう。

ポイント2 借入希望額は最小限にする

カードローンの申込時には希望借入額を聞かれます。借りる側としてはできるだけ多く借りたいのが本音ですが、ここであまり大きな金額を伝えるとお金に困っていることをアピールしてしまうことになり、返済能力を不安視されやすくなります。

利用限度額の変更は契約後でもネットから簡単にできるので、まずは審査に通ることを優先しましょう。

ポイント3 申込時に嘘をつかない

申込時に申告する情報はすべて正確でなければなりません。

年収や他社からの借入額など印象を良くするために多少ごまかしたくなる場合もあるかもしれませんが、嘘をつくと大きく信用を失い、審査に落ちてしまう可能性が極めて高くなります。

審査通過率を上げるためにも正しい情報で申し込むようにしましょう。

ポイント4 入力ミスがないか確認する

嘘をつくつもりが無くても単純な入力ミスなどで誤った情報を申告してしまう場合もあります。

内容に間違いがある場合、その確認でメールや電話のやりとりが増え、結果審査が完了するまでに時間がかかることもあります。

電話番号等の連絡先に間違いがあるとその確認ができないこともあるので、落ち着いて正確に入力するようにしましょう。

ポイント5 延滞をしない

審査では個人の信用情報を必ず確認します。信用情報に延滞履歴や強制解約など何らかの事故情報が登録されていた場合、審査に通ることはまずありません。

また、一見見落としがちですが携帯電話本体を割賦(分割)で購入している場合は、その支払状況も信用情報に登録されます。基本的に携帯端末本体の料金と回線利用料は合算請求となるので、毎月の利用料を延滞しないようくれぐれも気をつけましょう。

ポイント6 できたら社会保険に加入する

パートやアルバイトでも一定の条件を満たせば社会保険に加入することができます。審査では国民健康保険よりも社会保険のほうが高評価となるので、可能な場合は申込前に社会保険に加入しておくと良いでしょう。

4.フリーターが借りれる限度額の目安

消費者金融や信販会社からの借入は総量規制の対象になります。総量規制とは、「賃金業者からの借り入れ額の合計を年収の3分の1まで」とする規制です。

仮に年収が150万円の場合は50万円まで借入が可能です。

銀行カードローンは総量規制の対象ではないですが、借りれるとしても消費者金融やクレジットカードと同様、年収の3分の1程度になると考えましょう。

5.フリーターにおすすめのカードローンランキング

フリーターにおすすめのカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.ブラックでもキャッシングしたいなら中小消費者金融

キャッシングをお考えの方のなかには、ブラックで大手金融会社からの借入が難しい方もいるかもしれません。その場合は比較的審査が柔軟な中小消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は知名度や人気も高く、あえて貸し倒れリスクが高い人に貸す必要がないので、ブラックの人が審査に通ることはまずありません。

ですが、中小消費者金融なら過去に延滞をしたり債務整理をした方でも現時点で返済能力があれば借りられるケースもあります。

借りられる金額は数万円~数十万円程度の場合が多いですが、しっかりと返済計画が立てられる方は一度中小消費者金融に相談をしてみると良いでしょう。

7.まとめ

カードローンの初回限度額は50万円程度になる場合が多いですが、必要以上の借入は避け、本当に困った時にだけ利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket