フリーターがお金を借りる堅実な方法と審査に通るための5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フリーター お金借りる0

フリーターの方でも、お金を借りる方法はたくさんあります。

中でも、担保や保証人が不要なカードローンなら、使い道も自由で即日融資も可能なため、誰にも知られずに借り入れができます。

この記事では、フリーターが利用できるカードローンと、審査に通るためのポイントについてご紹介していきます。希望条件に合わせたカードローンの選び方についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.フリーターでも借りられるカードローン

フリーターが借りられるカードローンには、主に以下の2つがあります。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融

消費者金融は本人に安定した収入が無ければ申し込むことができないため、専業主婦やアルバイトをしていない学生などは利用できません。しかし、パートやアルバイトをしている20歳以上の方であれば、銀行カードローンと消費者金融のいずれも利用可能です。

また、カードローンであれば担保や保証人が不要のため、誰にも迷惑をかけずにお金を借りることができます。いくら借りられるかは収入などによっても変わってきますが、フリーターでも50万円程度は借りられる場合が多いです。

2.フリーターのカードローンの選び方

銀行カードローンと消費者金融どちらを選べば良いのかについてですが、これは借り入れをする際の希望条件によって変わってきます。ここでは、カードローンの選び方のポイントをまとめました。

選び方1 利息を減らしたいなら銀行カードローン

カードローンでお金を借りると、金額や金利などに応じて利息を支払わなければなりません。利息は借入期間によっても変わってくるため、一概にいくらかかるとは言えません。

同じ金額を同じ期間借りるのであれば、より低金利のカードローンを選んだ方が、当然利息は少なくなります。何よりも低金利にこだわりたいという場合は、銀行カードローンがお勧めです。以下に消費者金融と銀行カードローンの金利を比較してみました。

お金の借り方1

大手消費者金融の場合、上限金利は18.0%ほどとなっていますが、銀行カードローンの場合14.0%前後が相場です。

金利は利用限度額が大きいほど低くなる傾向にあるので、限度額が50万円以下であれば上限金利が適用されるケースがほとんどです。限度額が少額になる場合は、銀行カードローンを選んだほうがお得に利用できるでしょう。

選び方2 即日融資、電話連絡無しなら消費者金融

お金が必要になるのは急な場合も多いので、今日明日中に借りたいという方も多いと思います。消費者金融なら基本的に即日融資が可能なので、お急ぎの場合はプロミスやアコムなどの大手消費者金融がお勧めです。

また、カードローンの申し込み時にネックになりやすい職場への電話連絡についても、モビットのWeb完結なら、原則電話連絡無く、カードや自宅への郵送物もありません。

ちなみに、プロミスや三井住友銀行カードローンも電話での在籍確認について相談することが可能です。プロミスは申し込みをした後に相談することができますし、三井住友銀行カードローンも相談することが可能です。在籍確認が不安な方は一度これらのカードローンに相談してみることをおすすめします。

3.フリーターがお金を借りるときの注意点

消費者金融からの借り入れは総量規制の対象です。総量規制とは、賃金業者からの最大の借り入れ額を、年収の3分の1までとする規制です。

賃金業者とは、主に消費者金融や信販会社のことで、銀行についてはこれに当てはまりません。そのため、銀行カードローンの場合、年収による借入額の制限はありませんが、消費者金融の場合は年収の3分の1を超えての借り入れはできないことになります。

また、既に消費者金融から借りている、もしくはお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いている方は、それも含めて3分の1以内に収めなければなりません。消費者金融に申し込む際は、ご自身の年収と現在の借り入れ額を考慮し、総量規制の範囲内かどうかを確認しましょう。

4.フリーターがカードローン審査に通るための5つのポイント

フリーターは正社員や契約社員に比べ、審査時の評価が低くなるのではないかと不安に感じている方も多いかもしれません。雇用形態という部分では社員が高評価になるのは確かですが、審査ではさまざまな部分を総合的に判断します。

フリーターでもその他の部分で評価を上げることは十分可能です。フリーターが審査に通るためのポイントをご紹介します。

ポイント1 延滞をしない

クレジットカードやローンの支払いなど、毎月の支払いを延滞すると、信用情報に延滞履歴が登録されます。信用情報は審査の際の重要ポイントですので、融資担当者は個人の信用情報を必ず確認します。その際、信用情報に延滞履歴や強制解約など、何らかの事故情報が合った場合、審査に通ることはまずありません。

また、一見見落としがちですが、携帯電話本体を割賦(分割)で購入している場合は、その支払状況も信用情報に登録されます。基本的に携帯電話本体の料金と回線利用料は合算請求となるので、毎月の利用料を延滞しないようくれぐれも気をつけましょう。

ポイント2 社会保険に加入する

パートやアルバイトでも、一定の条件を満たせば社会保険に加入することができます。審査においては、国民健康保険よりも社会保険のほうが高評価となるため、可能な場合は申し込み前に社会保険に加入しておいたほうが良いでしょう。

ポイント3 借入希望額は最小限にする

カードローンの申し込み時には、希望借入額を聞かれます。借りられる金額は多ければ多いに越したことはありませんが、ここであまり大きな金額を伝えると、金融機関側の印象としては良くありません。

お金に困っていることをアピールしてしまうことになり、返済能力を不安視されやすくなります。また、希望借入額はあくまで希望なので、審査に通った場合に必ずその金額を借りられるわけではありません。ですので、希望借入額は必要最小限の額に止めておくのが賢明です。

ポイント4 申込時に嘘をつかない

申込時に申告する情報はすべて正確でなければなりません。年収や他社からの借り入れ額など、印象を良くするために多少ごまかしたくなることもあるかもしれませんが、申し込み時に嘘は絶対に禁物です。嘘をつくと信用を失い、審査に落ちてしまう可能性が極めて高くなります。

また、嘘をつくつもりが無くても、単純な入力ミスなどで誤った情報を申告してしまう場合もあります。このような場合でも、審査結果が出てから訂正することはできませんので、入力内容に間違いが無いか、最後に必ず確認しましょう。

ポイント5 複数申し込みをしない

審査落ちを心配するあまり、いくつもの金融機関に同時に申し込みをしてしまう方がいますが、これは大変危険な行為です。申込情報についても信用情報への登録対象となっており、登録機関は最長半年間です。

半年以内に複数のカードローンに申し込みをすると、申込ブラックになる可能性が高くなると言われており、申込ブラックになってしまった場合は、最悪どこからも借りられない状況に陥ってしまいます。カードローンの申し込みは基本的に1社、多くても2社までに絞ったほうが良いでしょう。

5.フリーターが選びたいカードローン5選

フリーターの方にオススメのカードローンを5つご紹介します。1番おすすめは新生銀行カードローン レイクです。選べる2つの無利息期間がありますので、すぐに完済できる場合や少額を長期間借入したい時におすすめです。

ある程度の金額を長期間借り入れしたい時には、三井住友銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンなので低金利ですし、即日融資にも対応しています。

新生銀行カードローン レイク

レイクチェックリスト
*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行2

*1 審査結果の連絡は9:00〜21:00までです。申込時間等により、連絡が翌日以降になる場合があります。即日のカード発行を希望の場合、カードの受け取りをローン契約機で行う必要があります。

モビット

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

プロミス

プロミスまるばつ表

 

アコム

アコムチェックリスト

 

6.まとめ

フリーターであっても、本人に安定した収入があればカードローンの申し込みは可能です。また、審査では収入の多さよりも安定性を重視する傾向が強いため、毎月コンスタントに一定の収入があるほうが、審査には有利です。カードローンはコンビニのATMなどから手軽に借り入れができるため、利用しているうちに借金をしている感覚が薄れることがあります。

限度額いっぱいまで借りてしまうと、それを返済するためにさらに借入件数を増やし、気付けば多重債務者になっていることもあるので、くれぐれも借り過ぎには注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事