パート・アルバイトに最適のカードローンと審査に通す4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
パートアルバイト

「パート・アルバイトでも利用できるカードローンはあるのかな?」

このように心配する方は多くいますが安心してください。低収入だとしても心配は要りません。

パート・アルバイトの方でもカードローンを利用することができますし、現に多くの方が利用しています。

結婚式などの急な出費や趣味、娯楽、夢を叶えるチャンスなどでバイト代だけではどうしても足りない時には、カードローンを利用してみてください。

1.パート・アルバイトがカードローン審査に通りやすくなる4つのコツ

カードローンの審査に必ず通す方法というのはありませんが、審査に通りやすくなるポイントはあります。パート・アルバイトの方が審査に通りやすくなるポイントを4つご紹介します。

コツ1 低収入でも安定した収入があること

低収入だから、月の収入額が少ないからということは問題ありません。月に1万円でも3万円でも良いので、安定した収入があることが、カードローンの審査に通すポイントです。もし審査に通らなかった時には、低収入でも良いので、安定した収入を確保しましょう。

コツ2 勤続年数が1年以上あること

勤続年数が短いから審査に通らないということはないですが、勤続年数が1年以上あると審査に有利になります。これは正社員だとしても公務員だとしても変わりありません。勤続年数が長い方が、返済能力があると判断されるからです。

最終的には勤続年数だけでなく、収入や居住年数、年齢や家族構成など、様々な属性で審査に通る、通らないは決定されますが、勤続年数は長い方が審査に有利になることは覚えておきましょう。

コツ3 社会保険に加入していること

国民健康保険ではなく、社会保険に加入していると、審査に有利になります。社会保険証には企業名も記載されるため、勤務先の確認にもなりますし、社会保険に加入しているということは、同じ勤務先に長期で働いていることの証明になります。

入りたての時や試用期間中には、社会保険に加入できない勤務先などもありますので、社会保険に加入していることはポイントが高くなります。もちろん、国民健康保険だから審査に通らないということはありません。

コツ4 申込フォームは正直に入力する

審査に通したいがために、収入や勤続年数を多めにして申し込みをする方もいますが、嘘は必ずバレるため、審査に通らなくなります。

カードローンを提供している銀行や消費者金融は、申し込みがあった時に、あなたの信用情報(他社からの借り入れの履歴や金額など)を信用情報機関で確認をしています。誤った入力をすると返って審査に通らなくなるだけですので、申込フォームに入力する情報は正直に入力するようにしましょう。

 

2.パート・アルバイトがカードローンを選ぶ時のワンポイント

パート・アルバイトの方がカードローンを選ぶ時、無利息期間があるカードローンを選ぶのがポイントです。

無利息期間があるカードローンを選べば、シフトや短期バイトを増やすことで、無利息期間中に全額返済することができます。そうすれば利息もかからず、借りたお金だけをそのまま返すだけで済むため損をすることがありません。

パート・アルバイトの方は無利息期間があるカードローンをまずは選ぶようにしましょう。

3.知っ得!カードローンの在籍確認の現実

カードローンに申し込みをすると、申し込みをした銀行や消費者金融が、あなたが申込書に入力した勤務先に確かに働いているかどうかの確認をとります。これを在籍確認と言います。

在籍確認は電話での確認の場合もあれば、書面での確認の場合もありますが、基本的にはどちらも勤務先や同僚にカードローンの申し込みをしたことがバレることはありませんので、安心してください。

①電話での在籍確認の場合

銀行カードローンに申し込みをした時には、電話をかけてきた人の個人名か銀行名、消費者金融のカードローンに申し込みをした時には、電話をかけてきた人の個人名で、「○○さんはいらっしゃいますか?」とあなたの勤務先に電話がかかってきます。

ちなみに、あなたが休憩中や営業などで一時的に勤務先にいなくて、電話に出ることができなくても問題ありません。「○○は今、席をはずしています。」のように、あなたが勤務先に働いていることの確認が取れれば、在籍確認は完了します。

この在籍確認はカードローンだけでなく、教育ローンや住宅ローンなどの他のローンや、クレジットカードの申し込みの時にも行われるため、勤務先や同僚にバレたくない場合には、「クレジットカードに申し込みをしたから、その連絡だった。」と言えば大丈夫です。

②在籍確認方法を相談したい場合

カードローンの中には、在籍確認の方法を相談することができるカードローンがあります。プロミスは電話での在籍確認に対して要望がある場合、相談することができますので申込後すぐに相談をしてみてください。

③電話連絡なしのカードローン

どうしても電話連絡を回避したい場合は、モビットに申し込みをしてください。モビットは原則、電話連絡はありません。(審査の状況によっては電話連絡がある場合もあります。)

4.パート・アルバイトに最適のカードローン

パート・アルバイトの方におすすめのカードローンを5つ比較してご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードも最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。また、アコムには30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、アコムと同様「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

モビット

第4位はモビットです。WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

アイフル

第5位はアイフルです。アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日での利用が可能なため、今すぐ借り入れしたい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。Webでの契約完了後、平日の14時10分までに振込手続きを完了させれば、即日で振込融資を受けることもできます。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合、指定の時間帯にカードを受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

5.まとめ

パート・アルバイトの方でも、正社員や公務員の方と同様、カードローンを利用することができます。

おすすめは無利息期間があるプロミスですが、長期間借り入れをする時には三井住友銀行カードローンか、みずほ銀行カードローンも最適です。審査に通しやすくするポイントを参考にしていただき、申し込みをしてみてください。

カードローンランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket