アコム

パートさんが借りられるカードローンと審査通過率を上げる9つの極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りたパートさん

「パートだからカードローンの契約は難しい?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、パートさんでもカードローンの契約は可能です。

ですが、収入があまり多くない場合は状況に応じて注意すべきポイントがいくつかあります。

この記事では、そんな時に参考にしていただきたい、パートさんがカードローンの審査通過率を上げるための極意を詳しくご紹介していきます。カードローンを選ぶ際にも注意点がありますので、申し込む前にぜひ一度ご覧ください。

1.パートさんが借りられるカードローン

パートさんであっても自分自身に安定した収入があるということには変わりないので、消費者金融も銀行系のカードローンでも問題なく借入ができます。ただ、いくら借りたいのかによって、消費者金融と銀行系のカードローンどちらに申し込むべきかが変わってきます。

消費者金融の場合は総量規制の対象となるので、借りられる額は年収の3分の1までと決まっています。それ以上の金額を借りたい場合は、銀行系のカードローンへの申込が必要です。

銀行系のカードローンは審査が厳しい傾向にあるものの、消費者金融に比べ金利は低く設定されています。特に借入額が少ない場合は上限金利になることがほとんどなので、長期的な借入になるのであれば、金利が低く利息を抑えられる銀行のカードローンがおすすめです。

2.パートさんが審査通過率を上げる9つの極意

パートさんの場合収入はそれほど多くないのが一般的です。カードローンの審査時に少しでも有利になるよう、いくつかのポイントに注意する必要があります。ここからは、パートさんが審査通過率を上げるための極意についてご紹介していきます。

極意1 勤続年数を1年以上に

審査項目の1つに勤続年数がありますが、もちろんこれは長い方が有利です。勤続年数が数ヵ月の場合、「すぐに辞めてしまうのでは?」という不安があるので、お金を貸す側としては毎月きちんと返済をしてくれるのか心配になります。

勤続年数は長いほど良いですが、審査を有利に進めるには最低でも1年以上で申込たいところです。

もちろん、勤続年数が短いからといって嘘をつくのはよくありませんし、1年未満だからといって必ず審査に落ちるというわけでもありません。1年はあくまで一つの目安として参考にしていただければ幸いです。

極意2 社会保険に加入する

パートさんの場合は雇用保険のみで社会保険には加入していないケースも多いと思います。ですが、国民健康保険よりも社会保険の方が信用度は高く、審査にも通りやすくなります。

社会保険の加入には勤務日数なども関係してくるためなかなか難しい部分もありますが、社会保険証があると、職場への在籍確認の電話を免除してもらえるなどのメリットもあります。

極意3 複数申込をしない

急ぎでお金を借りたい時は万が一審査に落ちてしまった場合を考え、複数の会社に申込をしたくなるかもしれません。ですがこれは大変危険です。

一度にたくさん申込をしてしまうと申込ブラックという状態になり、審査に落ちる可能性が高くなります。申込は多くても1ヵ月に2社までにしておくのが賢明です。

また、申込履歴は信用情報機関に半年間登録されますので、審査に落ちてしまった場合は次回の申込まで半年以上空けるようにしましょう。

極意4 希望限度額は最低限に

カードローンの申込時には、希望の借入額を聞かれます。もちろん多いに越したことはありませんが、金額が大きくなればなるほど審査もそれだけ厳しくなるということを忘れてはいけません。

特に消費者金融の場合は総量規制の問題もあるので、年収の3分の1以上の借入はできません。希望限度額を伝える際はそのあたりも考慮し、必要最低限の限度額で申し込むことをおすすめします。

極意5 携帯料金を滞納しない

携帯電話本体を分割(割賦)で購入している場合、毎月の利用料と合わせて本体の料金も支払っていることになります。これはローンを組んでいるのと同じですので、支払いが遅れれば信用情報に関わります。

クレジットカードなどの支払い同様、携帯料金も滞納しないように気をつけましょう。

極意6 不要なクレジットカードは解約する

カードローンの審査をする際は、現在の借入金額よりも借入件数が重視される傾向にあります。そしてこの借入件数には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

たとえ数万円のキャッシング枠だったとしても1件とカウントされ、借入件数が多いほど審査には不利になってしまいます。使っていないクレジットカードは事前に解約し、借入件数をできるだけ少なくしておきましょう。

極意7 借入診断をする

正式な申込をする前に、借入可能かどうかの簡易審査ができる「借入診断」というものがあります。借入診断はほとんどの金融機関のホームページ上で行うことができ、生年月日や他社からの借入状況など簡単な情報を入力するだけで、即時に診断結果を確認できます。

もちろんこの結果が全てではありませんが、この時点で契約を断られた場合は申し込んでも借入をするのは難しいでしょう。他社のカードローンで再度診断を行い、借りられる可能性のあるカードローンに申込をしましょう。

極意8 記入ミスをしない

申込時にはいくつもの審査項目がありますが、それぞれ記入ミスが無いよう最後にしっかりと確認しましょう。

単純な記入ミスだったとしても、調査内容と申告内容に食い違いがあると、嘘をついていると思われ審査に落ちることもあります。1つずつ慎重に確認し、必ず正しい内容で申込をしましょう。

極意9 嘘をつかない

申込時に嘘は禁物です。他社からの借入や過去の支払い状況は、信用情報機関に照会をすればすぐに分かりますし、その他の項目についても提出書類から嘘がバレてしまうこともあります。

嘘をついてしまうと大きく信用を失い、その時点で審査に落ちる可能性が極めて高くなります。嘘をついて得になることは決してありませんので、ありのままの状況を伝えましょう。

3.パートさんの在籍確認

カードローン申込時には、審査の一環として職場への在籍確認が行われますが、これはパートさんの場合も同じです。ですが、職場環境によっては自分宛に連絡が来ることに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

その場合は、電話なしのSMBCモビットのWeb完結や、在籍確認の相談ができる三井住友銀行カードローンやプロミスがおすすめです。

なお、SMBCモビットのWeb完結には免許証かパスポート、社会保険証などが必要です。また、Web完結でカードを発行しない場合は、返済時の引き落とし口座として三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座を持っていることが条件となるので、こちらもあわせて確認しておきましょう。

4.パートさんがカードローンで借りられる限度額

パートさんがカードローンを契約する際の限度額は、10万円~30万円程度が一般的です。

もちろん収入によってこれ以上になることもありますが、パートさんが初めてカードローンを利用する場合、限度額は50万円以内になるケースがほとんどです。多くても年収の3分の1と覚えておきましょう。

例えば、月収が8万円の方なら年収は約96万円となり、そのうちの3分の1に相当する32万円が上限ということになります。金額が大きくなればもちろんその分審査も厳しくなるので、希望限度額は自分の収入と照らし合わせ、現実的な金額を伝えましょう。

5.パートさんに最適のカードローンランキング

パートさんにおすすめのカードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

パートさんがカードローンの申込をする場合は、収入が少ないことを不安に思うケースも多いかもしれません。ですが、だからといって嘘の申告をするのは絶対にやめましょう。

信用を失い審査に落ちてしまえば1円も借りられず結果的に損をしてしまいます。カードローンの申込をする際は少しでも審査に通りやすくなるよう、ぜひ今回ご紹介した極意を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket