パチンコ依存症を治す病院の探し方と治療方法や費用の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
依存症

パチンコをやめたいと思っていてもなかなかやめられない方、または、そんな悩みを抱えている家族や友人をお持ちの方はいらっしゃいませんか。もしかすると、それは「パチンコ依存症」という立派な病気かもしれません。

依存症と診断されるレベルになってしまうと、個人の努力だけで克服することは極めて困難と言えるでしょう。立ち直るためには、病院にかかり、プロによる治療やカウンセリングといった手助けを受けることが賢明です。

この記事では、パチンコ依存症の治療を扱っている病院の探し方や、完治までに必要な期間・費用などについてご紹介します。パチンコ依存から抜け出したい方、身近な方を助けたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.パチンコ依存症を治す病院の探し方

パチンコ依存症の治療を希望される方は、精神科や心療内科、カウンセリングを受診することになります。まずは、これらの科目を手がけている病院を探してみましょう。

パチンコ依存症は、精神疾病の1つです。心というデリケートで不確かな部分のケアを行うことが必要になり、また薬物療法もしっかりと確立されているとは言い難い状況であるため、必ず専門の医師による診察を受けられる病院に足を運んでください。

また、中にはギャンブル依存症専門外来を設置して、より専門性の高い治療を行っている病院もあります。精神科と一口に言っても、いくつかの分野に分かれます。アルコール依存症や薬物依存症、インターネット依存症などを得意とする精神科を持つ病院や、禁煙外来に力を入れる病院などもあるでしょう。

病院を探す際はただ単に精神科があるかということだけを確認するのではなく、パチンコ依存症の治療実績があるかなども合わせてチェックしておくことをおすすめします。

2.病院で行うパチンコ依存症の治療方法

治療法

では、病院では具体的にどのような治療が行われるのでしょうか。ここからは、実際の治療方法について詳しく見ていきます。

治療法1 新しく無害な依存をつくる

この治療法は、パチンコの代わりとなる新しい依存対象を意図的につくって徐々にそちらへ移行していき、最終的にはパチンコ依存症から完全に脱却するというものです。禁煙に励む方が「禁煙パイポ」を使用するようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

私たち人間の精神は、思っている以上に脆くてデリケートなものです。すべての依存や嗜癖を取り上げてしまうことは大きなストレスとなり、精神に異常をきたす可能性も十分に考えられます。ましてや、病院にかかることが必要なほどパチンコ依存症が進んでいる方ならなおさらでしょう。

なるべく負担が少なく、かつ確実にパチンコ依存から立ち直らせる方法として、非常に有効であると考えられています。

治療法2 対話を通して内省を促す

ほとんどの病院で採用されているのが、臨床心理士をはじめとした専門家との対話による治療です。パチンコ依存症に陥っている方は、自分の状況を客観的に見て判断することができなくなっています。

しかし、立ち直るためには自分自身としっかり向き合い、現状とこれからについて自らの力で考えられるようにならなくてはなりません。そこで、専門家と一緒に自分と向き合う作業に取り組むのです。専門家の先導があることで、しっかりと自分の心を見つめることができるようになります。

また、この治療方法は依存症の再発防止にも大きな効果を発揮します。時間はかかりますが、再び依存症にならない強い精神状態を手に入れることができるでしょう。

治療法3 同じ病気に苦しむ方々とミーティングを行う

ギャンブル依存症の治療に力を入れている病院では、定期的に複数の患者を集めてミーティングを行っています。ミーティングでは、それぞれの体験談を話したり、どのようにすれば立ち直れるかという提案をし合ったりします。

なかなか自分自身のことを客観的に見ることはできませんが、同じ境遇にある人と向き合うことを通してなら、自分の状況を理解することができます。女性だけが参加して行うものや、ビジネスマン向けに夜間や休日に実施するものもあります。

なお、こうしたミーティングは、患者本人だけでなくその家族同士でも行われています。ギャンブル依存症に苦しむ家族を持つ方々が集まり、励まし合ったり、病気についての知識を深めたりするのです。家族がこのような集まりに参加してサポートできる体制を整えておくことも、依存症の克服には必要なことであると言えるでしょう。

3.パチンコ依存症を治す費用の目安と保険の適用

パチンコ依存症の治療には、もちろん治療費がかかってきます。どこで治療を行うのかによってその金額は大幅に異なりますが、病院の精神科や心療内科にかかった場合は1回の診療につき2,000円程度、カウンセリングを受けた場合は1回(30分~1時間程度)につき5,000~10,000円程度必要になります。

カウンセリングは保険が適用されないため、病院での治療よりも金額が大きくなります。また、入院しての治療が必要になった場合は、これに加えて入院費がかかってきます。

治療期間は症状のレベルなどによって変わってきますが、数年は定期的な通院が必要になると考えておきましょう。入院治療が行われる場合もありますが、これは数週間?3ヶ月程度となることがほとんどです。

4.完治を目指すためにかかる期間

完治までの期間には個人差がありますが、依存を完全に断ち切るには数年という単位の期間が必要になってきます。一般的には、パチンコから離れて3年が経つと、回復安定期に入ることができたと見なされています。早期発見・治療ができれば期間を大幅に縮めることができるため、早めに対応することを強くおすすめします。

5.パチンコ依存症で処方される薬

カウンセリング

先にも少し触れたように、パチンコ依存症の治療において薬物はあまり使われません。「パチンコ依存に直接的に効く薬」というものは存在しないのです。

しかしながら、パチンコ依存症が引き起こすさまざまな症状を緩和する薬は、適宜処方されます。例えば、不眠の症状が出る方には睡眠薬、うつ病などを併発した場合はそれに合った薬を処方されるでしょう。人によっては、薬の服用は大きなサポートになります。

6.自分の家に近い病院の探し方

病院を探そうとしても、どうやって探せば良いのか分かりませんよね。そんな時は、とりあえず一番近いところを考えると良いでしょう。以下の2つの方法で探してみてください。

その1 近所にある精神科・心療内科を持つ病院に問い合わせる

まずは、手軽に受診できる近所の病院に電話で問い合わせてみましょう。状況などを伝え、診てもらえるようであれば予約を入れます。なお、医師の専門分野や症状のレベルによっては、初めからパチンコ依存症の治療を専門に扱う病院を選んだほうが良い場合もあります。電話で問い合わせる際は、パチンコ依存症の治療実績があるかなども確認しておくと良いでしょう。

その2 医師から適した病院を紹介してもらう

診察の結果、入院治療や、より専門性の高い機関の受診が必要になることも十分に考えられます。その場合、医師に適した病院を紹介してもらうと良いでしょう。紹介状を持っていると、よりスムーズに受診できます。また、院内に入院施設を持っていなくても、設備が充実した病院と連携しているところも多く見られます。そうした病院であれば、速やかに治療に入ることができます。

7.セカンドオピニオンの必要性

パチンコ依存症の治療では、セカンドオピニオン制度を利用することがおすすめです。その理由としては、精神疾患の治療は結果が数値など目に見えるものではないため、現在の主治医の方針が自分に合っているかわかりにくいということが挙げられます。

セカンドオピニオン制度を利用することで、誤診を防げたり、より自分に合った治療法が見つかったりといったメリットが得られることもあります。病気への理解も深まり、安心して治療を続けられるはずです。

しかし、セカンドオピニオンは治療ではなく相談として分類されるため、保険が適用されません。費用を全額自己負担しなければならないことは、しっかりと念頭に置いておいてください。

8.必読|パチンコ依存症を克服するための記事まとめ

パチンコ依存症を治すために必要な知識を紹介している記事をまとめました。早く克服するためにも、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

その1 主婦のパチンコ依存症

主婦がパチンコ依存症から抜け出す方法についてまとめています。

「主婦がパチンコ依存症から抜け出す適切な方法と注意点」

その2 パチンコ依存症チェック

パチンコ依存症の依存度をチェックするチェックリストや、完治までの方法をまとめています。

「パチンコ依存症をチェックする正しい方法と完治を目指す対策」

その3 パチンコで作った借金の返済方法

パチンコで作った借金の減らし方や返済の方法をまとめています。

「パチンコ依存症で作った借金を減らして返す方法と注意点」

その4 未然に防ぐ対策

パチンコ依存症を未然に防ぐ対策についてまとめています。

パチンコで借金地獄|未然に防ぐための対策と解決策

その5 正しい治療法

完治を目指すパチンコ依存症の治療方法についてまとめています。

「今日から始めて完治を目指す!パチンコ依存症の正しい治療法と注意点」

9.まとめ

パチンコ依存症になってしまうと、個人の気の持ちようを変えるだけで立ち直ることは困難です。なるべく早めにしかるべく機関を受診し、治療を受けることが大切になります。勇気を出して、依存症脱却に向けた一歩を踏み出してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket