パチンコ依存症で作った借金を完済!借金を減額できるか無料で調べて解決しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
パチンコ依存症の男性

「これで巻き返す」「今度は大丈夫」と思っているうちにパチンコがやめられず、借金が増えてしまうことはよくあることです。

「なんであんなことしてしまったんだろう…」増えた借金の金額を目の前にするとキツイですよね。

パチンコ依存症で作ってしまった借金でも合法的に減額し、返済していく方法があります。この記事では借金の減額方法と注意点をご紹介します。

少しの行動で毎月の返済額を減らしたり、返済期間を短くして生活を今より楽にすることができるかもしれません。パチンコ依存症から抜け出したい方やカードローンなどで借金に頭を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

1.パチンコ依存症で作った借金の解決方法

電卓を見る女性

パチンコによる借金も債務整理することができます。債務整理の方法としてよく知られている自己破産は、パチンコ依存症が原因での借金の場合、不免責事由とみなされてしまう可能性が高いためあまり期待はできません。しかし、ギャンブルなどの借金でも任意整理と民事再生であれば債務整理することができます。

①任意整理

任意整理は任意整理後の残金を3年以内に完済できること、継続的な収入が見込める人が対象で、次のような方法で借金を減額します。

  1. 今ある借金の取引開始時にさかのぼって金利を適正な額で計算
  2. 払いすぎている分を残債元本から引いた上で今後の金利をカット
  3. 元本のみを3年間で分割して返済していく

任意整理は弁護士や司法書士など専門家に依頼して交渉してもらうため、金利の計算方法などがわからなくても債務整理をすることができます。

②民事再生

民事再生は自己破産と似ていますが、「財産を残したまま任意整理より大きい金額の減額が見込まれる」債務整理方法です。継続した収入が見込める人が対象で、減額後に残った分は任意整理同様3年間で完済します。任意整理との違いは、返済不能になる可能性がある人で借金の総額が5,000万円以下という条件があることです。

また、民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2つがあり、所得状況の違いで分けられています。所得が給与所得で安定的に金額もあまり変動しない場合、給与所得者等再生が可能になります。その場合、小規模個人再生が認められるために必要な「賃金業者及び債券額の2分の1以上の反対がないこと」という要件が免除されます。

なお、給与所得者等再生は過去7年以内に自己破産による免責を受けていると申し立てができないので注意が必要です。

2.債務整理のメリット

債務整理のメリットは主に3つあります。

メリット1 借金総額が減る

債務整理をするメリットは借金の総額が減ることです。借金総額が減ると毎月の返済額も減りますので返済が楽になり、生活も楽になります。

メリット2 家族や友人、会社にバレない

家族や友人、会社に知られることなく借金を整理することも可能です。債務整理することを他の人に知られたくない方には大きなメリットです。

メリット3 財産を手放す必要がない

債務整理では債務整理したい借金だけを選ぶことができます。住宅や車のローンを抱えていたとしても財産を手放す必要がありません。

3.債務整理のデメリット

任意整理や民事再生をすると信用情報機関に債務整理をしたことの情報が送られます。そのため、任意整理なら5年間、民事再生の場合は5年〜10年程度、新たなクレジットカードを作ったり、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングしたり、その他ローンの申込もできなくなります。その点は覚えておきましょう。

4.債務整理するときの注意点

家計で悩む女性

任意整理や個人再生で債務整理したとしても、借金が残った場合には原則として返済の義務は残ります。多くの場合、大幅な減額が見込まれても残債は残るため、その後3年間で完済しなければなりません。「債務整理をすると借金が無くなる」というわけではありません。

結果として借金がなくなるケースもありますが、次のような形で残債の支払いをしています。

  • 長年借金を返済し続けていた
  • 過払い金が高額になっていたため返還要求をした
  • その金額で残った借金を返済できてしまった

債務整理を依頼できるかどうかは、その後に残った借金の返済能力がカギです。パチンコ依存症で作った借金の場合には、パチンコ依存症が治っているかも信用情報に関わります。「債務整理するから大丈夫」ではなく、同じあやまちを繰り返さないために努力することも大切です。

5.匿名OK|借金を減額できるか無料で調べる方法

借金を減額できるのか、いくら減額できるのかは「街角相談所-法律-」を利用すれば、無料で診断することができます。無料かつ匿名で診断することができますので、こちらで自分の状況を確認してみてください。借金が大幅に減額されるようであれば、債務整理について専門家に相談してみましょう。

→ 街角相談所-法律-の解説へ

6.根本解決|二度とパチンコをしないための5つの克服法

 

ドミノを止める男性

パチンコ依存症で作った借金を減額し、しっかり返済できるようにしなったとしても、同じことを繰り返してしまったら意味が無くなってしまいます。1番の解決法は二度とギャンブルをしないことです。

克服法1 行かない

最もストレートな克服法はパチンコに行かないことです。行かなければギャンブルすることはありません。目的もなく暇だからと街に出てしまうと、思わずパチンコに行ってしまう可能性があります。「もう大丈夫」と確信が持てるまでは目的をもって外出するようにして、パチンコに行かない成功体験を積み重ねていきましょう。

克服法2 見ない(パチンコ屋が目に入っても見ない)

なるべくパチンコ屋は見ないようにしましょう。どこにパチンコ屋があるのか知っている地域の場合は、避けて通れる道を歩くようにしてください。

一生懸命避けていても目の前を通ってしまったり、目に入ることはどうしてもあります。その時は先にあるお店や反対方向を見て目線を逸らし、意識して見ないよう心がけましょう。

人は興味ないものは目に入っても見えないことがあります。そうなるまでは意識的にパチンコ屋を避けたり、目を逸したりすることをおすすめします。

克服法3 やらない

「パチンコやギャンブルをやらない!」と自分に誓いましょう。言葉に出したり文字にして書いたりすることで、その誓いを守るようになります。パチンコのことを思い出すたびに「やらない、やらない」と言葉に出してつぶやくようにしてみてください。

克服法4 ギャンブルゲームを削除

パチンコやパチスロなど、ギャンブルのゲームは全て削除しましょう。家にパチンコの台がある場合には、思い切ってそれも捨ててください。ゲームなどでパチンコをしていると本物をやりたくなる衝動を抑えられなくなります。ネットやアプリのゲームも削除し、アクセスしたり再ダウンロードしたりしないようにしましょう。

克服法5 行きたくなったら物を買う

それでもパチンコに行きたくなったら、パチンコで使おうと思っているお金で欲しい物を買いましょう。少し高いものもパチンコでお金を増やして買うのではなく、パチンコをした「つもり貯金」で貯めたほうが、早く確実に手に入ります。

欲しいものをリスト化し、パチンコへ行きたくなったらそのリストを見て欲しいものを選んで買う、というサイクルを作っておくことでパチンコへ行かずに過ごせるようになるはずです。

7.まとめ

パチンコ依存症で作った借金でも債務整理で減額することが可能です。「月々の返済を軽くして、確実に完済できるようにすること」これがパチンコ依存症で作った借金を減額する1番の目的と捉えることができたら、減額のための一歩を踏み出してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket