オリックス銀行カードローンを手数料無料で賢く返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オリックス銀行カードローンを利用している男性

カードローンの返済手数料は積み重なれば積み重なるだけ負担が大きくなります。

その時の生活を圧迫させるのもそうですが、早く完済するためにもいかに手数料無料で返済するかが極めて重要です。

この記事では、オリックス銀行カードローンを手数料無料で返済する具体的な方法や、カードローン返済で失敗しないための鉄則などをまとめました。

手数料無料で返済するやり方は知って損することはありませんので、申込前にぜひ参考にしてみてください。

1.手数料無料で賢く返済するためのチェックリスト

オリックス銀行カードローンを手数料無料で損せず返済していくために、次の2つは忘れずに確認しておきましょう。

①口座引落か提携ATM返済を利用する

オリックス銀行カードローンの返済方法は3つあります。

  1. 口座引落
  2. 提携ATM返済
  3. 振込返済

この内、口座引落と提携ATM返済は、約定返済(毎月の返済)はもちろんのこと随時返済(繰上げ返済)も手数料がかかりません。振込返済は手数料がかかりますので、支払いの負担を減らすためにも口座引落かATM返済を利用しましょう。

特にオリックス銀行カードローンの提携ATM返済は、どこにいても返済ができると言って良いほど幅広い提携ATMを利用できるため非常に便利です。

なお、主に使える提携ATMは次の通りです。(直営ATMはありませんので全て提携ATMからの返済になります)

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-netATM
  • イオン銀行

参考 オリックス銀行カードローン提携ATM

②返済日は給料日近くを選ぶ

オリックス銀行カードローンの返済日は、毎月「10日」か「月末日」から選ぶことができます。

給料日近くの日付を選択しておけば、残高不足で支払いに遅れてしまう可能性を減らすことができます。自分の給料日を確認し、返済日を選ぶようにしましょう。

なお、返済日がオリックス銀行の休業日にあたる場合は翌営業日が返済日となります

2.カードローン返済で失敗しないシンプルな鉄則

オリックス銀行カードローンも含め、カードローンは約定返済(毎月の返済)だけではなかなか返済が進みません。

例えば30万円以下の借入残高の場合、毎月の返済額は7,000円のように最低返済額が元々低めに抑えられているからです。上手にカードローンを利用していくために、余裕がある時には「随時返済」もしていくことをおすすめします。

オリックス銀行カードローンでは口座引落の額を増やすこともできますし、提携ATMから随時返済することもできます。

約定返済と随時返済とは

  • 約定返済は毎月必ず行う返済です。通常の毎月の返済が約定返済にあたります。
  • 随時返済は約定返済とは別に任意のお金を返済することです。繰上げ返済とも言います。

便利なのはやはり提携ATMからの随時返済でしょう。手元に余裕がある時にいつでも随時返済することができますし、手数料もかかりません。

随時返済することをわざわざオリックス銀行へ連絡する必要もありませんので、銀行口座に入金するような形で簡単に随時返済ができます。

口座引落の額を一時的に増やす増額返済は申込を「メンバーズナビ」から行う必要がありますし、返済日の14日前には手続きをしておく必要があります。(返済額が確定した分については増額できない)

増額返済も手数料はかかりませんが、早めの手続きが必要なので利用するなら提携ATMからの随時返済がおすすめです。

カードローンは早めに完済するに越したことはありませんので、手元のお金に余裕がある時には積極的に随時返済をしていきましょう。

3.知って得するオリックス銀行カードローンの豆知識

オリックス銀行カードローンの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 要注意!返済シミュレーションの落とし穴

オリックス銀行カードローンの公式サイトには「返済シミュレーション」があります。希望の利用限度額と借入希望金額を入力するだけで、返済回数・総返済額・利息が算出されますが、利用する時には注意があります。

オリックス銀行カードローンの返済シミュレーションでは、予め設定されている利用限度額ごとの金利が変更できないため、全て最も低い金利での計算になってしまいます。

例えば100万円未満コースでは最大金利は年17.8%ですが、シミュレーションでは年12.0%でしか計算できません。

適用される金利は個人によって異なりますし、実際に申込する場合、そのコースの上限金利が適用される可能性の方が高いです。シミュレーション結果は鵜呑みにせず、あくまで参考として利用するのが良いでしょう。

豆知識2 毎月の最低返済額一覧

オリックス銀行カードローンの毎月の最低返済額は次の通りです。

オリックス銀行カードローン毎月の最低返済額一覧出典 オリックス銀行カードローンご返済方法

豆知識3 返済方式

オリックス銀行カードローンは「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。

「残高スライド」は借入残高に応じて返済額がスライドする(金額が変わる)ことを意味していて、「リボルビング方式」は追加借入した金額も元の借入金額に一本化され、別口の返済にはならないことを意味します。

たとえば借入金額が30万円以下の場合、毎月の返済額は7,000円となりますが、借入残高が30万円超~50万円以下の場合、毎月の返済額は10,000円になります。

50万円超~100万円の場合は毎月返済額は20,000円になるなど、借入残高が増えれば増えるほど返済額も増えていきます。

ここでいう借入残高は返済日の14日前の午前3:00時点で確定することになっていて、それより後の追加借入で残高が変わっても、確定した返済額が変わることはありません。

豆知識4 返済方法の変更

最初は振込(ATM)返済にしていたけれども、途中から口座引落にしたいといったような場合、預金口座振替依頼書を提出することで変更が可能です。

利用できる金融機関と引き落としできない金融機関は次の通りです。特にオリックス銀行は引き落としに利用できないので注意しましょう。

オリックス銀行で利用できる金融機関出典 オリックス銀行預金口座振替依頼書

豆知識5 返済日の変更

返済日を変更したい場合、「メンバーズナビ」で手続きが可能です。仕事が変わって給料日も変わった時などは、返済日を変更すると良いでしょう。

豆知識6 遅延損害金

オリックス銀行カードローンで返済が遅れると、遅延損害金が日割り計算で加算されていくことになります。遅延損害金は借入残高に対して借入利率+2.1%です。わかりやすく言うと、支払う利息が2倍以上になってしまうイメージです。

返済が厳しくなってきた、もしくは返済が遅れてしまった場合には、すぐにカードデスク(0120-890-693)へ相談しましょう。返済のサポートをしてもらうことができますので、担当者の指示を仰ぐことが何よりも先決です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン詳細

▼オリックス銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

4.返済方法が便利なカードローンランキング

オリックス銀行カードローン以外で返済方法が便利なカードローンをご紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

オリックス銀行カードローンを手数料無料で返済するには、

  1. 口座引落か提携ATM返済を利用する
  2. 返済日は給料日近くを選ぶ

この2つがポイントです。早く完済するためにも、随時返済も上手に利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket