オリックス銀行カードローンの解約に必要な全知識|具体的な手順と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オリックス銀行カードローン解約0

カードローンを利用する上での最終目標は、完済して解約することです。

今後全く利用する予定のないカードローンであれば、解約せずに取っておくメリットは特にありません。

お金を借りられたことに感謝しつつ、解約してしまいましょう。オリックス銀行カードローンの解約手続きについてまとめましたので、参考にしてみてください。

1.オリックス銀行カードローンの解約方法

オリックス銀行カードローンの解約方法は簡単です。2つの手順で完了します。

手順1 借入残高と未払い利息を一括返済する

まずはカードローンの残高と未払い利息を一括返済で清算します。一括返済の方法は次の3つです。

  1. 振込による返済
  2. 硬貨の利用できるATMからの返済
  3. 口座引き落としによる返済

一括返済に必要な金額は「メンバーズナビ」の一括返済シミュレーションで確認することができます。確認が終わったら、その日の内に一括返済をしましょう。硬貨の利用できるATMからの返済が1番簡単で、手数料もかかりません。

手順2 カードデスクへ電話する

一括返済をしたらカードデスクへ電話をして、解約することをオペレーターに伝えます。これで解約は完了です。

オリックス銀行カードローン カードデスク
0120-890-699
受付時間 平日9:00~18:00

解約証明書が欲しいとき

  • オリックス銀行カードローンでは、解約依頼の電話の際、解約証明書の発行も依頼することができます。
  • 解約証明書は必ずしも必要なものではありませんが、後日住宅ローンなど別のローンに申し込む際に必要になることがあります。
  • 発行には手数料はかかりませんので、予定がある場合には念のため発行依頼しておくと良いでしょう。

2.解約する時の3つの注意点

オリックス銀行カードローンを解約する時の注意点は3つあります。

注意点1 利息は日割り計算

オリックス銀行カードローンの利息は日割り計算になるため、1日ごとに変わります。当日中に一括返済できなかった場合は、改めて金額を確認する必要があるので注意しましょう。

注意点2 一括返済の手間

硬貨を利用して返済できる提携ATMが近所にない場合、振込か増額返済で引き落としされるのを待つ必要があります。その場合には多少手間と時間がかかるため、解約を思いとどまらないようにしましょう。

注意点3 解約=融資枠が無くなる

一度解約手続きを実行すると契約を元に戻すことはできません。再度借入が必要になった場合は、改めて申し込む必要があります。文字通り再審査になりますので、前回と同じ融資枠がもらえるとは限りませんし、場合によっては審査否決となることもあります。

十分に余裕があるならカードローンは解約すべきですが、そうでない場合、十分な蓄えができるまで解約を待った方が良いかもしれません。カードローンは残高が0であれば、利息も手数料もかかりません。お金に余裕がない時は、一括返済だけしておいて、カードローン契約はそのまま生かしておくのが良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンは解約すべき?メリットデメリットと信用情報への影響」

3.まとめ

解約手続きは一瞬で終わってしまいますので、お金に余裕ができたのであれば解約するのが吉です。オリックス銀行カードローンに感謝をして、解約してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事