アコム

開業資金にお困りの方必見!日本政策金融公庫で融資を受けるメリットと融資までの流れを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

銀行や事業者ローンなど、個人事業主や法人が融資を受ける方法はいくつかありますが、開業資金を借りるとなると実績がない分借入先選びは少々難しくなってきます。

しかし、公的機関である日本政策金融公庫は、これから事業を始める方にも積極的に融資を行っていますので、開業資金の融資を受けたい方は日本公庫の貸付制度を検討してみましょう。

今回は日本公庫から融資を受けるために知っておきたいポイントを詳しくご紹介します。

1.日本政策金融公庫の開業資金貸付制度

日本政策金融公庫は政府系金融機関の一つで、主に個人事業主や中小企業など、まだそれほど実績が無い事業者にも積極的に融資を行っているのが特徴です。

一般的に開業資金を借りる場合は事業実績を証明することができないため、銀行からの融資は難しいケースも多いです。ですので、まずは日本公庫から融資を受け、返済実績を作ってから銀行融資を検討するとスムーズでしょう。

日本公庫にはさまざまな貸付制度がありますが、ここでは開業資金を借りられるものをいくつかご紹介します。

新規開業資金

女性、若者/シニア起業家支援資金

2.日本政策金融公庫で開業資金の融資を受けるメリット

日本公庫から融資を受けるメリットは主に以下のような点です。

メリット1 実績が無い企業でも審査に通りやすい

日本公庫には「創業支援制度」や「新規開業資金制度」など、実績のない企業向けの融資制度がいくつかあります。これから法人を立ち上げる方や個人事業主として開業する方でも、今後の事業計画がしっかりとしていれば前向きに融資を検討してもらえる場合が多いです。

メリット2 低金利

日本公庫の貸付金利は約年1.0%~2.0%と低金利と言われる銀行と比べても低い水準となっています。また、基本的に全ての融資制度に固定金利が適用されるため、金利の変動リスクもなく完済までの返済計画も立てやすくなります。

メリット3 担保が不要な場合が多い

日本公庫からの借入には担保が不要な場合が多く、保証人を立てるだけで融資を受けることができます。また、すでに日本公庫からの融資実績がある方は保証人不要で融資をしてもらえる場合もあります。

3.日本政策金融公庫で開業資金の融資を受けるデメリット

デメリットとしては以下の点が挙げられます。

デメリット1 審査に時間がかかる

日本公庫の審査期間は約3週間から1ヵ月なので、今すぐ借りたい場合には向きません。また、提出書類も多いので、融資を受けたい場合は早めに準備をしておくことがポイントです。

デメリット2 担保による融資は受けられない

日本公庫への返済は事業利益から行うことが基本なので、たとえ担保を設定できる場合でも、担保に頼った返済計画を立てることは認められていません。

4.日本政策金融公庫の申込に必要な書類

申込には以下の書類が必要です。

  • 所定の借入申込書
  • 創業計画書
  • 法人の場合は履歴事項全部証明書または登記簿謄本
  • 担保を希望の場合は、不動産の登記簿謄本または登記事項証明書
  • 生活衛生関係の事業を営む方は、都道府県知事の「推せん書」(借入申込金が500万円以下の場合は不要)または、生活衛生同業組合の「振興事業に係わる資金証明書」

5.日本政策金融公庫の申込から融資までの流れ

日本政策金融公庫で融資を受けるまでの基本的な流れをご紹介します。

流れ1 事前相談

融資を希望する場合は、まず最寄りの日本政策金融公庫、もしくは商工会議所や商工会に問い合わせをしましょう。詳細を確認したい場合は窓口での相談も可能です。

流れ2 申込

融資の申込を行います。申込書は窓口で配布しています。

流れ3 面接

申し込みから1〜2週間後に担当者との面接が行われます。面接では申込時に提出した資料をもとに、事業内容や決算書の詳細などについて確認が行われます。

また、借入希望額や借入時期、資金使途、返済計画なども聞かれる可能性が高いので、担当者を納得させることができるよう、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

流れ4 融資実行

無事審査に通れば融資を受けることができます。ただ、審査結果が出るまでは大体2〜3週間程度(担保を設定する場合は1ヵ月程度)はかかるので、資金が必要な時期に合わせ、余裕を持って申込をしておきましょう。

また、書類に不備があるとその分時間がかかるため、必要書類も早めに準備しておくようにしてください。必要書類は利用する融資制度によっても違うので、詳しくは日本政策金融公庫で確認をしてください。

日本政策金融公庫HP
https://www.jfc.go.jp/

6.まとめ

開業資金として融資を希望する場合は、まず審査に通りやすい借入先を選ぶことが重要です。日本公庫ならこれから事業を始める方向けの貸付制度がいくつかありますし、公的機関のため金利も低いです。まずは日本公庫で返済実績を作り、その後に銀行融資を検討した方がスムーズな資金調達ができるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket