おすすめのおまとめローンはどれ?審査通過率を上げて借入を1つにおまとめしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
おまとめを検討している女性

借金が複数件あると毎月の返済管理が大変ですし、1社ごとに利息を取られるためなかなか借金の返済が進まないとお悩みの方も多いと思います。

そんな時は借金の負担を軽減できるおまとめローンがおすすめです。

今回はおすすめのおまとめローンや審査通過率を上げるコツをご紹介します。

1.おまとめローンの審査通過率を上げる6つのコツ

おまとめローンは借入額が高額になりやすい分、事前に審査に通りやすくするポイントを知っておくことが大切です。おまとめローンの審査に通りやすくするためのポイントをご紹介します。

コツ1 借入件数を減らす

ローン審査では他社からの借入額よりも借入件数が重視される傾向にあります。おまとめローンは借入が複数あることを前提としたローンですが、借入件数は1社でも少ないに越したことはありません。

特に借入が4社以上あると審査に通るのは難しいので、少額のカードローンを1社でも完済し、できれば3社以内にしてから申し込みましょう。

コツ2 勤続年数が1年以上の状態にする

審査には年収と同じく勤続年数も影響します。転職を繰り返す人は収入が安定しづらいと判断されるため、勤続年数は最低でも1年以上で申し込みたいところです。

とはいえ、勤続年数が1年未満だからといって必ずしも審査に通らないわけではありません。その他の審査項目を総合的に判断した結果審査に通ることももちろんあります。

ただ、あと数ヵ月で1年になるような場合はできるだけ1年経ってから申込をする方が審査には有利です。

コツ3 複数申し込みをしない

一度に複数のカードローンに申込をすると審査に落ちる可能性が高くなります。

短期間に何社も申込をするとそれだけ「お金に困っている人」という印象を与え、金融機関側としては返済能力がないと判断するためです。

申込履歴は最長で半年間は信用情報機関に登録されるので、半年以内に申込をして審査に落ちている場合は、直近の申込から半年以上経ってから新たなカードローンに申し込むのが賢明です。

コツ4 不要なクレジットカードは解約する

他社からの借入にはクレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

また、借入状況はあくまで利用可能枠で判断されるため、実際にはキャッシングをしていなくてもカードの利用可能枠がそのまま現在の借入額としてみなされます。

現状キャッシング枠を利用していない場合は事前にキャッシング枠を外すか、カードそのものを解約しておくのがおすすめです。

コツ5 携帯料金を滞納しない

信用情報と聞くとローンやクレジットカードの支払いばかり気にしがちですが、携帯電話料金の支払い状況も審査に関係しています。

ただし、これは毎月の利用料金ではなく、割賦(分割払い)で購入した電話本体の料金の話です。

割賦契約の場合は基本的に毎月の利用料と本体料金が合算請求となるため、毎月の支払いが遅れてしまうと同時に本体の支払いも滞ってしまうことになります。

割賦購入はローンを組んでいるのと同じなので毎月の支払いを延滞しないよう十分注意しましょう。

コツ6 延滞をしない

クレジットカードの支払いやカードローンの返済状況など、借入に関する情報は信用情報機関に5年間登録されます。

信用情報は各金融機関で照会ができるため、他社で審査をする場合でも簡単に確認ができます。

延滞履歴がある状態では審査に通るのが難しくなるので、おまとめや借り換えを検討しているのであればまずは支払いを延滞しないことが重要です。

2.おまとめローンに申し込む時の3つの注意点

おまとめローン申し込む時の注意点を見ていきましょう。

注意1 利息を減らせるか必ずシミュレーションをする

おまとめローンは単純な借り換えとは違い、おまとめによって本当にお得になるのか見極めづらい部分があります。

例えば毎月の返済額が減る場合はその分返済期間が延びて支払総額が増えますし、おまとめをしたからと言って必ずしも金利が下がるとも限りません。

おまとめ後の金利や返済期間などを事前にしっかりとシミュレーションし、本当にメリットがあるかどうかをよく検討することが大切です。

注意2 入力ミスに気をつける

インターネットや自動契約機で申し込む場合、審査項目は手入力になります。審査項目がたくさんあるとうっかり入力ミスをしてしまうこともあるかもしれません。

単純な入力ミスだとしても審査には入力された情報が全てです。故意で嘘の申告をしたと思われて審査に落ちてしまう可能性もあるので、入力内容は一つずつしっかりと確認しましょう。

注意3 ウソをつかない

年収や他社からの借入額など、審査に通るためにウソをつきたくなる気持ちはわかりますが、ウソをついたところで得になることは一つもありません。

ウソがバレればそれだけで大きく信用を失い、審査落ちの可能性が極めて高まります。例え収入などに自信がないとしても絶対にウソをつくのはやめましょう。

3.おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の業者からの借金を一本化することを目的とした借り換え専用ローンのことです。

今までバラバラだった返済日を同じにすることで返済管理がラクになり、今よりも金利が下がることで支払総額が減るといったメリットがあります。

4.おまとめローンにおすすめのカードローン

2017年以降、金融庁が銀行カードローンの過剰融資を問題視したことからおまとめローンを扱う銀行が少なくなり、融資基準そのものを厳格化する銀行が増えました。

そのため、おまとめローンを選ぶ際は審査の通り易さなどを考慮し、消費者金融への借り換えを検討してみるのがおすすめです。

中でも大手消費者金融モビットは三井住友銀行グループという安心感だけでなく、おまとめローンとして利用するメリットがたくさんあります。

①融資限度額は最高800万円

モビットの融資限度額は最高800万円とカードローンの中でも比較的高額です。

現在の借金をすべて借り換え可能かどうかはあくまで審査結果次第ですが、基本的に借入額が高額になるほど低い金利で借入ができるので、おまとめ金額が大きいほど低金利で借入ができます。

②職場への電話連絡なし

申込はネットや電話、自動契約機などで行うことができますが、Web完結申込なら電話連絡がないので多くの方が抵抗を感じる職場への電話がありません。

ただし、Web完結を利用するには次の2つが必要になります。

  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座
  2. 全国健康保険協会発行の保険証、もしくは組合保険証

③カード発行不要

Web完結申込ならローンカードを発行する必要がなく、カードを見られて借入が周りにバレるという心配もありません。もちろん、カードを発行しATMから借入や返済をすることも可能です。

モビット

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

おまとめローンは上手に活用すれば今よりも返済負担を軽くすることができますが、借り換えをしたからといって必ずしも得をするとは限りません。

必ず事前におまとめ後の返済シミュレーションを行い、本当にメリットがあるのがどうかよく検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket