アコム

明日食べるお金もない人が利用できる国の貸付制度|今すぐ役所に相談して生活を立て直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
明日食べるお金がない状況

明日食べるお金もないほど生活が困窮している方は、国や地方自治体の援助を受けることを検討してみた方が良いかもしれません。

低所得者世帯や高齢者世帯、母子家庭などは国の貸付制度を利用することもできるので、金融機関からの借入が難しい方でも優遇された条件で借入が可能です。

今回は生活が苦しい時に利用できる国の貸付制度の内容と、明日食べるお金もない時の対処法をご紹介します。

1.明日食べるお金もない時に利用できる国の貸付制度

日々の生活もままならないほど困窮状態にある方は次の貸付制度を利用できないか検討してみましょう。

①生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者世帯の生活を経済的に支えるための制度で、貸付条件を満たせば生活再建に必要な資金を国から借り入れることが可能です。

貸付制度の種類はいくつかありますが、「緊急小口資金貸付」であれば最短5日ほどで最大10万円を無利子で借りることができます。

「総合支援資金貸付」は連帯保証人がいる場合は無利子、保証人がいない場合でも1.5%と非常に低金利になっていますが、融資までには1〜2ヶ月程度かかります。

<総合支援資金の概要>

総合支援資金の概要

<福祉資金の概要>

福祉資金の概要

<貸付対象>

  • 低所得者世帯:必要な資金を他から借り受けるのが困難な世帯(市民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方がいる世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者がいる世帯

貸付対象の範囲や貸付条件は自治体によって違うため、詳しくは各市区町村の社会福祉協議会か役所で確認をしてみてください。

②母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは、一人親家庭の経済的自立を支援することを目的にした制度で、就労や引っ越し、子供の修学費用や結婚資金など生活に必要な様々な資金を借り入れることができます。

こちらも連帯保証人を立てられる場合は無利子、立てられない場合でも年率1.5%となっていて、融資までには1〜2ヶ月程度かかります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金には次のような貸付金の種類があります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

<貸付対象>

  • 母子家庭の母
  • 母子家庭の父
  • 父母のいない児童
  • 寡婦
  • 40歳以上の夫のいない女性

その他の詳しい条件はお住まいの市区町村で確認してみてください。

2.明日食べるお金もない時にすぐにお金を手にする4つの方法

今日明日中にお金を用意する方法を3つかご紹介します。

方法1 物を売る

働くよりも手軽な方法は自分が持っているものを売ることです。

最近はネットオークションやフリマアプリで何でも売ることができる時代なので、本人にとっては価値がないと思うものでも、売りに出すと意外に高い値段がつくこともあります。

食器や家具、小物や雑貨など何でも良いので家の中に売れそうな物がないか一度探してみると良いでしょう。

家具や家電などの大きいものはリサイクルショップの出張買取を利用すると、持ち運びや梱包の手間もかからないのでおすすめです。

方法2 クレジットカードでキャッシングする

お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合、そのカードを使ってコンビニATMなどから今すぐお金を手にすることができます。キャッシングの手順は簡単です。

<クレジットカードでキャッシングする手順>

  1. ATMのメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「お借り入れ」を選択
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択
  6. 借入金額を入力する
  7. 現金を受け取る

キャッシング枠が付いているかわからない時は、クレジットカード会社に問い合わせをすればすぐにわかります。

なお、残念ながらキャッシング枠が付いてなかった時は新たに付けてもらうことも可能ですが、審査があるので利用できるまでに一週間程度はかかります。急いでいる時は次のカードローンの利用がおすすめです。

方法3 カードローンでお金を借りる

今日明日中にお金が必要な時はカードローンで借りることもできます。

プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融なら審査も早いので、申込後最短60分で現金を手にすることが可能です。

1万円から借りることができるので、ちょっとだけ借りたい時にも便利です。

この時「30日間無利息」の無利息サービスがある大手消費者金融を選ぶと支払う利息を大きく減らすことができます。

無利息期間中に全額返済すれば利息0円で利用できますし、それ以外でも無利息期間分の利息を減らせます。

即日融資に対応していて無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。当日中に借りたい時はこの中から選んでお得に借りましょう。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイク4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

方法4 日払いのアルバイトをする

働ける状況にある方は、働いた分の給料をその日のうちにもらえる単発のアルバイトを探してみましょう。

工場や倉庫作業のような軽作業なら1日で約8,000円、イベント系や夜勤の仕事なら1日で1万円以上もらえる場合も多いです。

最近は派遣のオフィスワークでも日払いに対応している会社が多いので、スマホや求人情報誌で仕事を探してみましょう。おすすめは求人サイトの「shotworks(ショットワークス)」です。

ショットワークスなら働きたい日の求人をピンポイントで探すことができる上、「現地面接&給料その場で手渡し」のようにすぐにお金がもらえる仕事もたくさん載っています。

1日働けば数日分の食費にはなるので、自分にできそうな仕事を探してみてはいかがでしょうか。

3.当日お金を借りれるカードローンランキング

当日お金を借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

4.まとめ

働くことができる場合は日払いのアルバイトをしたり、キャッシングでお金を借りることもできますが、働くこと自体難しい状況にある方は自分で何とかしようとせず、まずは市役所に相談に行かれることをおすすめします。

国の貸付制度なら銀行や消費者金融よりも断然低金利ですし、保証人を立てることができれば無利子で借入ができます。

場合によっては生活保護を受けるという選択肢もあるので、本当に生活が困窮している方はまず国の支援制度を検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket