どうしてもお金がない!ご祝儀を用意できない人が取るべき6つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ご祝儀 お金がない0

大切な人の結婚はとても嬉しくておめでたいものですが、結婚式に招待される側としてはご祝儀の心配が頭をよぎることもあると思います。

特に同じ月に結婚式が数件重なるような場合、ご祝儀でお金がなくなる「ご祝儀貧乏」になってしまう方も案外多くいらっしゃいます。

とはいえ結婚式に手ぶらで出席することもできませんし、「お金がないから行けない」と伝えるのもかなり勇気が必要です。

今回はお金がなくてご祝儀が用意できない時の対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ご祝儀の相場

結婚式のご祝儀は3万円が相場と言われていますが、地域によっては1万円程度の会費制で行うケースもあります。なぜご祝儀が3万円なのかというと、2や4などの割り切れる数字は「縁を切る」ということを連想させるため、おめでたい席にはふさわしくないと考えられているからです。

しかし、近年では2はペアをあらわす数字であるという理由から、ご祝儀や結婚祝いに2万円を包む方も増えてきています。そもそも結婚式のご祝儀やお葬式の香典など、冠婚葬祭の際に包むべき金額は地域によっても違うため、あくまでケースバイケースです。

ただし、相場とかけ離れた金額を包んでしまうと「非常識な人」と思われることもあるので、ある程度の相場観は持ち合わせておきたいものです。

2.お金がない!ご祝儀を用意できない時の6つの対処法

3万円というのは一般的にいえばそれほど大きい金額ではないものの、貯金もなく毎月ギリギリの生活をしている方にとっては十分大金と言えるでしょう。

また結婚適齢期の方の場合、友人の結婚式に続けて招待され、ご祝儀貧乏になるというケースも多いかもしれません。ご祝儀を用意できない場合の対処法をまとめてみましたので参考にしてみてください。

対処1 単発のアルバイトをする

お金がないならまずはお金を稼ぐ方法を考えましょう。単発のアルバイトを1日やれば日給7,000円~8,000円くらいにはなるので、仕事が休みの日に4回~5回働けば、ご祝儀分は確保できます。結婚式の招待状は2ヵ月ほど前には届くはずなので、お金を準備する時間は十分にあるでしょう。

対処2 不要なものを売る

マンガや洋服、ゲームなど持っているものを売ってお金を作る方法もあります。働きなくない方にはおそらくこの方法が一番手っ取り早いでしょう。最近はリサイクルショップでなんでも買い取ってくれる時代なので、断捨離も兼ねてこの機会に不要なものを処分してしまいましょう。

対処3 式を欠席する

どうしてもお金を用意できない時は、心苦しいですが結婚式を欠席するという選択肢もあります。もちろん失礼にあたらないように、それ相応の理由を伝えるのが礼儀ですが、式に出席できない場合は代わりに電報を送ると喜ばれることが多いです。

加えて金銭的に余裕ができたらお詫びの言葉を添え、後日結婚祝いを贈るのが良いのでしょう。

ただし、関係性によっては欠席する場合でも1万円程度は包んだ方が良い場合もあります。後々角が立つことがないよう、状況に応じて臨機応変に対応しましょう。

対処4 お金がないことを正直に伝える

限られた親しい関係性の場合に限られますが、お金がなくて出席できないことを正直に伝えてみるのも良いかもしれません。特に親友という間柄なら、相手としても「お金なんていいから出席して欲しい」という気持ちが強いと思いますので、その場合は素直に好意に甘え、後からお祝いを贈るという形でも良いのではないでしょうか。

対処5 二次会と披露宴のどちらかだけ参加する

披露宴の後には二次会を行う場合も多いので、金銭的に余裕がなければどちらかだけ参加するという方法もあるでしょう。

二次会は基本的に会費制なので費用を安く抑えるなら二次会への出席を検討したいところですが、あくまでメインは披露宴なので、できることなら披露宴に参加した方が自然です。

対処6 キャッシングをする

「お金はないけどどうしても結婚式に出席したい」という場合は、クレジットカードキャッシングやカードローンを借りてお金を作るのも一つの方法です。クレジットカードでキャッシングをする場合は、お持ちのカードでコンビニのATMなどからいつでも借りることができます。

ご祝儀程度の金額であれば、基本的にはクレジットカードのキャッシング枠で足りる場合が多いとは思いますが、カードにキャッシング枠がない方や利用枠が空いていない場合はカードローンを検討してみると良いでしょう。

カードローンは別途申込が必要ですが、カードローンのほとんどがネット申し込みに対応しているため、基本的に来店の必要はありません。

3.今すぐ借りれる!カードローンの賢い使いこなし術

カードローンには主に銀行系と消費者金融がありますが、金利は銀行の方が低いので、少しでもお得に借りたいなら銀行系がおすすめです。銀行と消費者金融それぞれのカードローン金利の相場は次の通りです。

お金の借り方1

みずほ銀行とイオン銀行のカードローン以外は即日融資に対応していますので、お急ぎの方にもおすすめです。(みずほ銀行カードローンとイオン銀行カードローンで即日融資を受けるには、それぞれの銀行口座を持っていることが必要)

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「銀行カードローンで即日融資!今日借りられるカードローンはこれだ」

しかし、給料日までのつなぎとして借りる場合など1ヶ月以内に返済の目途が立つ場合は、30日間の無利息期間がある消費者金融を選んだ方が良いです。無利息期間中の借入なら利息は1円もかからないので、短期間の借入なら消費者金融のカードローンを賢く活用しましょう。

次の消費者金融カードローンには無利息期間があります。

消費者金融メリット1

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「FPが教えるカードローンの無利息サービスを最大限活用する方法」

4.まとめ

借金をしてまでご祝儀を用意する必要はないかもしれませんが、付き合い上どうしても欠席できない場合もあると思います。仮にキャッシングをするとしても、数万円を一時的に借りる程度なら利息は数百円で済むので、家計にそこまで大きな影響を与えるとは考えにくいです。

しかし、一度借入をすると癖になってしまうケースもあるので、借入をする際は必要最低限の金額に止め、返済したらカードを解約してしまった方が安全かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング