お金がない!ピンチを乗り切るために今すぐあなたがやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金がない女性

このページをご覧の方の中には、かなり金銭的に困窮し何とかしてお金を調達する方法を探している方も多いのではないでしょうか。

もしかすると絶望的な気持ちになり、投げやりになってしまっている方もいるかもしれません。ですが、そんな時こそとにかく具体的に動くことが今の状況を脱する一番の近道です。

この記事では、究極にお金がない状況をいち早く脱するためにぜひ実践して頂きたいことをまとめました。全て安全な方法ですので、お金にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

1.お金がない時の6つの対処法

お金が無い時にその状況を脱する方法はいくつかあります。まずは冷静になり以下の方法を検討してみましょう。

対処1 不要なものを売る

まずは家の中に不要なものが無いか探してみましょう。マンガ、ゲーム機、洋服、家電などなんでも構いません。不要なものはリサイクルショップやネットオークションなどで売却し、少しでも現金を調達しましょう。

対処2 単発のアルバイトをする

お住まいの地域によっては難しい場合もありますが、単発バイト(日払いバイト)をしてその日のうちに現金を得る方法もあります。職種にもよりますが、一般的な倉庫作業なら日給7,000円~8,000円程度は手にすることができます。

アルバイトを紹介している派遣会社に登録すると、運が良ければその日のうちに仕事を紹介してもらえることもあります。

対処3 生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険に加入している方は、保険の解約返戻金を担保に生命保険会社から融資を受けられる「契約者貸付制度」の利用も可能です。

借りられる金額は解約返戻金の70~90%の範囲内となるのが一般的ですが、保険会社や生命保険の種類によっても異なるので、詳しくは保険会社に確認してみてください。

ただし、返済額が解約返戻金の額を超えると保険が失効となるので注意しましょう。

対処4 国の支援制度を利用する

慢性的な困窮状態にある場合は、国や地方自治体の援助を受けることを検討した方が良いかもしれません。たとえば「生活福祉資金貸付制度」を利用するのも一つの方法です。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者などの生活を経済的に支えるための制度で、生活再建のためのまとまった金額を借りることが可能です。

貸付制度の種類はいくつかありますが、「緊急小口資金貸付」であれば最短5日程で最大10万円まで無利子で借りることができ、「総合支援資金貸付」は連帯保証人がいる場合は無利子、保証人がいない場合でも年1.5%と低金利になっています。

▼国の支援制度なら

生活費が足りない 本当にお金に困っている 子供を進学させてあげたいけどお金がない そんな時は市役所の生活福祉資金貸付制度でお金を借りることをおすすめします...

対処5 クレジットカードを利用する

手持ちの現金が無い場合はクレジットカードが非常に便利です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますので、食料品や生活雑貨の買い物にはショッピング枠を使い、公共料金や家賃の支払いなどにはキャッシング枠を使って現金を調達しましょう。

また、カードのキャッシング枠がついていない、もしくは限度額いっぱいまで使ってしまっている場合、利用できるまでに1週間程度かかってしまいますが、カード会社にキャッシング枠の申込や増額申請をすることも可能です。

いずれも所定の審査があるので必ず希望が通るとは限りませんが、アルバイトでも定期的な収入がある方であれば審査に通る可能性は十分にあります。

対処6 カードローンを利用する

今すぐある程度まとまった現金が必要な場合は、銀行や消費者金融などのカードローンを検討することをおすすめします。

アコムやプロミスなどの消費者金融カードローンなら即日融資も可能ですし、派遣社員やアルバイトの方でも50万円ほどであれば借りられる場合が多いです。

2.断トツ人気はカードローン!状況別の選び方

対処法を6つご紹介させて戴きましたが、1番人気は対応が最短即日と非常に早く、柔軟に対応できるカードローンの利用です。どのカードローンを選ぶべきかはお金を借りる時の状況によっても違いますので、それぞれ比較してご紹介していきます。

①最短即日融資!短期間の借入なら消費者金融

基本的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利ですが、1ヵ月程度の短期間の借入であれば大手消費者金融の無利息期間があるカードローンを選ぶのがおすすめです。

無利息期間中に完済できればいくら借りても利息は1円もかかりません。

借入期間が無利息期間を超える場合でも無利息期間分の利息を節約できるので、場合によっては消費者金融を選んだほうがお得なケースもあります。無利息期間を利用したい方は次のカードローンを選ぶと良いでしょう。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

②長期借入なら低金利の銀行カードローン

長期間の借入なら低金利の銀行カードローンがおすすめです。長期間の目安は半年以上の借入です。半年を超えてお金を借りるなら、支払利息を減らすためにも銀行カードローンを選びましょう。

主な銀行カードローンの金利はこちらです。

カードローン金利年限度額
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%500万円
みずほ銀行年2.0%~14.0%800万円
オリックス銀行年1.7%~17.8%最高800万円
三井住友銀行年4.0%~14.5%10~800万円
りそな銀行年3.5%~12.475%800万円
イオン銀行年3.8%~13.8%800万円
ジャパンネット銀行年2.5%~18.0%1,000万円
楽天銀行年4.9%~14.5%500万円
東京スター銀行年4.5%~14.6%500万円
静岡銀行セレカ年4.0%~14.5%500万円
横浜銀行年1.9%~14.6%1,000万円
関西アーバン銀行年4.0%~14.4%500万円
ソニー銀行年2.5%~13.8%800万円

③専業主婦(夫)なら銀行カードローン

専業主婦(夫)の方がカードローンに申し込む際は業者選びに注意が必要です。消費者金融は総量規制(借入額を年収の3分の1までとする規制)の対象となるため、ご自身に収入の無い方は申込ができません。

しかし、銀行カードローンなら配偶者に安定した収入があれば専業主婦(夫)の方でも申込が可能です。この場合は特に配偶者の同意は必要なく自分名義で契約ができるので、配偶者に内緒で申し込みたい方も安心してください。

ただ、全ての銀行カードローンが専業主婦(夫)の申込を受け付けているわけではありません。次の中から選びと良いでしょう。

カードローン金利年
横浜銀行1.9%~14.6%
イオン銀行3.8%~13.8%
スルガ銀行3.9%~14.9%

3.カードローンの申込方法と利用方法

ほとんどのカードローンはインターネットから24時間申込が可能です。

無事審査に通れば借入ができる状態にはなりますが、カードや契約書類を郵送で受け取るとその分日数がかかるので、急ぎの場合はネットで申込後、審査結果が出次第、銀行や消費者金融の自動契約機に出向いて受け取るのがおすすめです。

そうすることで自宅への郵送物をなくすことができるため、カードローンの申込を家族に知られたくない方も安心です。

自動契約機でカードを受け取ってしまえば、後は銀行やコンビニのATMを使って借入や返済が可能です。

4.今日中に借りたい時のカードローンランキング

今日中に借りたい時におすすめのカードローンをご紹介します。今すぐお金が必要な時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.お金がない時にこそやってはいけないこと

究極にお金に困ると普段では想像もしないような方法に頼りたくなることがあります。ですが、次の方法に頼るのは絶対にやめましょう。

その1 闇金

金融ブラックなどで銀行や消費者金融の審査に通るのが難しい方の場合、究極にお金に困ると闇金からの借入を考えてしまうこともあるかもしれませんが、それでは状況は悪くなるばかりです。

闇金は悪徳な違法業者ですので、通常では考えられない高額な利息で利用者を追い詰め、借りたら最後借金地獄から抜け出せなくなってしまいます。

返済が遅れれば職場や自宅にまで来て返済を迫ることも多いので、あなたの今後の生活を守るためにも闇金には絶対に手を出してはいけません。

その2 クレジットカード現金化

クレジットカード現金化業者も実は闇金というケースが多いです。そもそもクレジットカードの現金化はカード会社の規約に違反する行為なので、最悪カードの利用停止や強制解約という事態にもなりかねません。

そうなった場合、カードの利用代金を一括請求されることもあるので、クレジットカードの現金化は非常に危険であることをしっかりと認識しましょう。

6.まとめ

今回は、お金がない時の対処法についてご紹介しました。

カードローンは計画的に利用すればそれほど恐いものではありませんし、一度契約しておけば限度額の範囲内で繰り返し利用が可能です。今後またこのような事態に陥った場合に備え、今のうちに契約をしておくと良いかもしれません。

また、いくらお金に困っても闇金のような違法業者からは絶対に借りてはいけません。自分の今後の生活を守るためにも、お金を調達する際は必ず安全な方法を選ぶようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket