検査がなくてすぐ借りられるとこってある?審査が不安な方に選ばれている即日融資可能な借入先を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
すぐにお金を借りたい女性

検査がなくてすぐ借りられるところを探している背景には「ブラックでどこからも借りられない」「検査を受けている時間がない」など、人それぞれの理由があると思います。

ですが、検査がない金融機関は基本的にないので、検査の有無ではなくそれぞれの状況に合わせた借入先を選ぶことが大切です。

今回は借入時の状況に応じたおすすめの借入先とそれぞれの特徴をご紹介します。

すべて即日融資が可能なところなので、急ぎでお金を借りたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.ブラックの方が検討したい中小消費者金融

過去に金融事故を起こしており、大手の銀行や消費者金融からは借りられない方は中小消費者金融への申込を検討してみましょう。

中小消費者金融は大手に比べ金利が高く融資限度額もそれほど多くありませんが、ブラックや多重債務の方でも現時点で返済能力があれば融資を受けられる可能性があります。

中小消費者金融は大手よりも審査が緩いこと以外正直メリットはありませんが、信用情報に問題があると大手での借り入れはまず無理なので、ブラックでもどうしても借りたい方にとっては救世主と言える存在かもしれません。

中小消費者金融は全国にいくつもありますが、中には闇金などの違法業者も存在するため業者選びは慎重に行う必要があります。正式に貸金業者として認可を受けた安全な業者を10社まとめましたので参考にしてみてください。

中小消費者金融10社

2.職場への電話連絡を避けたい方におすすめの借入先

カードローンの申込時に嘘の勤務先を申告する人も中にはいるため、「本当にそこで働いているか」を確かめるために職場への在籍確認が行われます。

会社に金融機関から電話が来ることに抵抗がある方は多いと思いますが、在籍確認の電話でカードローンの申込がバレることはまずありません。というのも電話の内容は

「〇〇さんはいらっしゃいますか?」
「はい、私です」

程度の至ってシンプルなものだからです。本人以外が対応した場合でも「〇〇はただいま席を外しております」など、職場に在籍していることが分かる回答があればそれで確認は完了となり、間違っても本人以外にカードローンの申込を伝えることもありません。

この時、消費者金融の場合は個人名でかけてきますが、銀行は銀行名を名乗るケースもあるので個人名を名乗ってほしい場合は申込時に伝えておいた方が良いでしょう。

それでも不安な場合には職場への電話連絡がない大手消費者金融モビットの「WEB完結申込」がおすすめです。

WEB完結申込を利用するには次の条件をすべて満たす必要がありますが、職場への連絡をどうしても避けたい方はモビットへの申込を検討してみると良いでしょう。

  • 本人確認書類として運転免許証かパスポートを提出できる
  • 直近2ヵ月分の収入証明書の写しを提出できる
  • 社会保険証もしくは組合保険証を提出できる
  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている

モビット

モビット詳細

▼モビットでお得に借りる方法はこちら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

なお、プロミスなどの大手消費者金融でも申込後に在籍確認の相談が可能です。利用したいカードローンがある場合には、まずは電話して相談してみると良いでしょう。

3.急いでいて時間がない時におすすめの借入先

急ぎでお金を借りたい時は即日融資ができる消費者金融を選びましょう。

アコムやプロミスといった大手消費者金融なら検査は最短30分で即日融資が可能です。

さらに、振込キャッシングを利用すれば申込から借入までの手続きをすべてスマホで完結できるので、店舗や無人契約機に行く必要もありません。

パートやアルバイトでも20歳以上で毎月収入があれば申込ができるので、急ぎの場合は大手消費者金融への申込がおすすめです。

大手消費者金融4社の限度額、金利、無利息期間

なお、モビット以外の消費者金融には 30日間の無利息期間が設けられています。たとえば、次の給料日までの繋ぎなど30日の間に完済の目途が立つ場合は利息が1円もかからないため非常にお得です。

4.消費者金融の検査に通るための3つのポイント

消費者金融に申込をする時の注意点をまとめました。

ポイント1 同時に複数のカードローンに申し込まない

同時に複数のカードローンに申し込むと審査に落ちる可能性が高くなります。借入額が高額になった場合の返済能力を心配される原因になるからです。

カードローンに申込をすると申込情報が信用情報機関に記録されます。検査の時には信用情報機関の情報を照会するため、同時期に複数の業者に申込してるかどうかもわかります。

カードローンは1社に絞って申し込むようにしましょう。

ポイント2 必要最低限の借入希望額で申し込む

申込情報の中に借入希望額を申告する項目がありますが、こちらは必要最低限の金額にしておきましょう。

借入希望額は高ければ高いほど審査が厳しくなりますし、あくまで希望額なので必ずしもその金額を借りられるわけではありません。

審査結果次第では借入額が希望額以下になったり、逆にそれ以上になる場合もあるので、借入希望額はできるだけ少なくしておくのが得策です。

ポイント3 申込情報は正直に申告する

申込情報は必ず正しく申告しましょう。ここに間違いがあると審査に落ちてしまう可能性が高いので、入力ミスなどがないよう最後に必ず確認してください。

また、言うまでもありませんが嘘をつくのは絶対にいけません。大抵の場合審査時にバレてしまいますし、嘘をついたことが分かればそれだけで信用を失い、通る審査にも通らなくなってしまいます。

申込情報は必ず正直に申告することが大切です。

5.みんなに選ばれている五つ星カードローン

みんなに選ばれている五つ星カードローンをご紹介します。大手消費者金融を利用する際はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.検査がなくてすぐに借りられる金融会社の危険性

消費者金融や銀行から融資を受ける際には必ず審査があるので、審査に落ちてしまえば当然お金を借りることはできません。

審査基準こそ業者によって違いがあるものの、そもそも「検査や審査がない」もしくは「誰でも借りられる」といった宣伝文句を売りにしている業者があるとすれば、それは闇金と思ってまず間違いありません。

闇金は言うまでもなく違法業者なので、一度借りてしまうと利息がみるみる膨らみ、完済するのは至難の業です。

安全な業者を選ぶ上では、検査なしで借りられるところは残念ながら存在しないことをまずは理解しておきましょう。

とはいえ「職場への在籍確認が不安」「ブラックで銀行や大手消費者金融からは借りられない」「急いでいて検査を受けている時間がない」などの理由で検査がないところをお探しなら、それぞれ対応策はあるので借入先を選んで申込をすると良いでしょう。

7.まとめ

検査がなくてすぐお金を借りられるところはありませんが、今回ご紹介したようにそれぞれの状況に応じた対処法はあります。

仮に検査なしで借りられるとすればそれはヤミ金くらいのものなので、検査がないところを探すより検査に通りやすくする方法を考えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket