審査なしのカードローンのウラの裏!五つ星カードローンをお金のプロが徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
審査なし カードローン0

「もし、カードローンを審査なしで利用できるなら…」そんなことを考えたことはないでしょうか? 実際、審査なしのカードローンを探している方は非常に多いのです。

もちろん、カードローンの審査基準は各社大きく異なりますので、「これだけたくさんのカードローンがあるのだから、審査なしのところだってあるんじゃないか?」と考えてしまうのも無理はないでしょう。

この記事では、消費者金融カードローン4社、銀行カードローン11社を取材してきた筆者が、審査なしのカードローンについて詳しく解説します。

1.審査なしのカードローンのウラの裏

まず、「カードローンを審査なしで利用できるかどうか」という根本的な疑問の結論に触れておきましょう。残念ながら、審査なしで利用できるカードローンは存在していません。ただし、審査に通りやすいカードローンはありますので、気になる方はぜひ、この記事を読み進めてください。

カードローンを審査なしで利用できない理由を簡単にいうと、審査とは「貸付リスクを避けるため」にあるからです。貸付リスクとは、利用者が返済困難な状況に陥ってしまい、お金の返済が滞った状態になることです。つまり、カードローン申込者を審査することで、返済困難者の発生を防いでいるのです。

また「審査なし」「ブラックでも大丈夫」といった甘い文句での集客を目にしたこともあるかもしれませんが、それらの業者のほとんどが、法的に事業者として登録されていない消費者金融、いわゆる「闇金融」です。そもそも、闇金融は貸金業者として登録されていないため、違法行為に当たります。

そのようなところでお金を借りてしまっては、法外な利息を請求される可能性がありますので、怪しい金融会社でお金を借りるのは絶対にやめましょう。

違う視点から見ると、カードローンの審査は利用者にとっても必要なものなのです。なぜかというと、審査は「(状況に見合わない)借り過ぎを予防」してくれるものだからです。

カードローンの審査では、利用者の勤務状況や信用情報から、「貸付しても問題ない状況かどうか」を総合的に判断します。つまり、ご自身の返済能力を把握できずに借り過ぎてしまい、返済困難な状況に陥るのを防ぐことにもつながるのです。

このような理由から、カードローンの審査は、「貸付側にとっても、利用者にとっても必要なもの」だといえます。

2.お金のプロだけが知っている審査の通りやすいカードローン

先述したように、審査のないカードローンは存在していません。しかし、「審査に通りやすいカードローン」というものは存在します。

例えば、カードローンには「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2種類があります。なかでも消費者金融カードローンは、審査に通るための条件が比較的広いのが特徴です。つまり、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンのほうが、審査に通りやすいといえます。

加えて、カードローンの審査はそれほど厳しいものではありません。ほとんどのカードローンでは、パート・アルバイトの方でも申し込みできますし、年収による制限もほぼありません。

なかには、「こんな自分でも審査に通ることができた!」という口コミも見られます。カードローンの審査は、想定しているほど厳しい条件ではないということを理解しておきましょう。

3.審査に通りやすいカードローンの見分け方

「より審査に通りやすいカードローンを見分けるにはどうすればいいのか」について、解説していきましょう。審査の通りやすいカードローンの特徴として、

  1. 消費者金融カードローンであること
  2. 「新規貸付率」または「成約率」が45%以上
  3. 無人契約機が設置されている
  4. 金利が高め

という4つのポイントがあります。「審査に通りやすいカードローン」を望む方は、特に2を優先的にチェックしてください。新規貸付率または成約率とは「申込者数に対して、契約に至った人数の割合」のことで、高ければ高いほど審査に通った人の割合が多いことを示しています。

つまり、審査に通りやすいカードローンは、必然的にこの割合が高くなるのです。各カードローン会社の「新規貸付率」または「成約率」を簡単にまとめました。

審査なしのカードローン1

※2016年3~6月の各月次情報をもとに平均値を算出しています。
※新生銀行カードローンレイクは現在、消費者金融ではありませんが、比較対象として挙げられることが多いため、並べて記載しています。

上記表を参考にすると、新規貸付率または成約率が最も高いカードローンは「アコム」で、実に半数近くの方が審査に通過していることになります。したがって、「審査にどうしても通りたい」という方は、アコムを選択するといいでしょう。

<参照情報>
アコム
http://pdf.irpocket.com/C8572/VuON/ugF2/J6S1.pdf
http://pdf.irpocket.com/C8572/irQp/DoHk/apUG.pdf

アイフル:
https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201603.pdf
https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201608.pdf

プロミス:
http://www.smbc-cf.com/pdf/md2016_j.pdf
http://www.smbc-cf.com/pdf/md2016_j.pdf

新生銀行カードローンレイク:
http://www.shinseibank.com/corporate/ir/quarterly_results/quarterly_results_2016/pdf/1qfy16databook160803je.pdf

4.審査に通りやすい五つ星カードローン

アコムの新規貸付率は、他社のカードローンよりも水準が高く、数値から見ても「審査に通りやすいカードローン」だといえます。アコムのスペックは下記のとおりです。

審査なしのカードローン2-acom

新規貸付率以外でアコムのポイントとなる特徴は、「審査時間」と「30日間無利息サービス」です。アコムの審査時間は最短30分となっており、スムーズに手続きを進めることができれば、1時間以内に融資を受けることも可能です。

また、ローンカードの受け取りも無人契約機を利用できるため、誰かにバレてしまう心配もありません。さらに、アコムには「30日間無利息サービス」という、非常にお得なサービスがあるのです。このサービスは、

  • アコムとの契約が初めてであること
  • 返済期日35日ごとで契約していること

という2つの条件を満たすことで、契約日の翌日から30日間の利息が免除されるものです。例えば、30万円を金利18%で30日間借入した場合、通常であれば4,438円の利息が発生します。この利息が全額免除されるのです。

分かりやすくいえば、30日以内の場合、アコムなら利息を払わずにピンチを回避することも可能だということです。このサービスは、「短期間だけ借入したい」方や、「1カ月以内に完済する予定」という方にとっては非常にありがたいサービスですので、ぜひ活用しましょう。

対して、アコムを選択するデメリットは「金利が高い」点です。アコムの上限金利は18%で、消費者金融の中でも高い水準となっています。したがって、ズルズルと長期間借入してしまうと、利息が高くついてしまいます。このような理由から、アコムを利用する際は「短期借入・短期返済」が重要だといえるでしょう。

アコム

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

カードローンは、審査なしで利用することはできないものの、審査の基準はそれほど厳しいものではありません。審査に通りやすいカードローンを選択して計画的に活用することで、ご自身の強い味方になるでしょう。カードローンは返済計画を立てつつ、無理のない範囲で利用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket