だから私は選んだ。ネットで申込ができるカードローンの賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネット ローン

近年は、ネットから手軽に申し込めるローンが増えてきました。

特にカードローンは申込から借入まで全てネットで完結できるということもあり、金融会社からの借入手段としてカードローンを選ぶ方は非常に多いです。

今回はカードローンの賢い選び方や、消費者金融と銀行カードローンのメリットデメリットについてご紹介していきます。

1.ネットで比較|カードローンの賢い選び方

まずはカードローンの賢い選び方を目的別にご紹介します。

比較1 金利で選ぶ

お金を借りる際にまず気になるのが金利です。少しでも低金利で借りたいなら、消費者金融よりも銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンの金利は約3.0%~15.0%が相場で、消費者金融よりも全体的に低金利です。

不動産担保ローン2

カードローンの金利は限度額によって決まる部分が大きいため、融資額が高額になるほど金利は低くなる傾向にあります。

銀行と消費者金融どちらを見ても下限金利は3.0%~4.0%程度とそれほど変わりありませんが、カードローンの場合、初回の限度額は50万円以内になることが多いので、初めて利用する方は上限金利を参考にして選びましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「お金のプロが銀行カードローンを徹底ガイド!注意点と賢い選び方」

比較2 即日融資で選ぶ

とにかく急ぎでお金を借りたい場合は消費者金融がおすすめです。銀行カードローンの中にも即日融資に対応しているものはありますが、スピードで言えば消費者金融の方がスピーディーです。即日融資対応の消費者金融カードローンと銀行カードローンをいくつかご紹介します。

ネット ローン0

即日融資対応以外の条件も含め、この中からメリットが多いものを選ぶと良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「即日融資が受けられるカードローン6つと即日融資の手順まとめ」

比較3 専業主婦の方が選ぶ

専業主婦の方は銀行カードローンであれば借入ができます。配偶者に安定した収入があればOKで、ご主人の同意やご主人の勤務先への電話連絡はありません。ご主人に内緒で借りたい方でも安心して申し込めます。

なお、ご本人に安定した収入が無い専業主婦の方は総量規制という法律の関係上、消費者金融カードローンには申し込むことができません。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「FPが解説!主婦がご主人に秘密でカードローンを利用する極意」

比較4 審査の厳しさで選ぶ

カードローン審査は、消費者金融よりも銀行カードローンの方が厳しくなっています。銀行カードローンは低金利な上に、銀行と保証会社の2段階審査となるため、消費者金融に比べると若干ハードルが高くなります。その点、消費者金融は金利が高い分審査が柔軟な傾向にあります。

ただし、審査結果は実際に申し込んでみないと分からない部分なので、あくまで参考程度に捉えておきましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「一番借りやすい消費者金融はどこ?審査通過率を徹底比較」

比較5 借入方法で選ぶ

カードローンの主な借入方法は「ATM」と「銀行振込」の2種類ですが、銀行振込による借入を希望する場合は消費者金融がおすすめです。大手消費者金融は基本的にどの金融会社も振込キャッシングに対応していますので、申込から融資まで全てネットで完結することも可能です。

銀行カードローンでも振込キャッシングできるものもありますが、その場合は同じ銀行の普通預金口座を持っていることが条件となります。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「【徹底解説】カードローンで即日振込可能なカードローンはこれだ!」

比較6 総量規制対象外から選ぶ

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者からの借入額の合計を「年収の3分の1まで」とする規制です。そのため、消費者金融で借りる場合は年収による制限が加わることになり、たとえば年収300万円の人なら最大で借りられる金額は100万円となります。

また、この借入額には他社からの借入額も含まれるため、すでに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の合計が年収の3分の1を超えている場合、それ以上の借入はできません。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、年収によって借入額が制限されることはありません。総量規制の関係で消費者金融からの借入が難しい場合は、銀行カードローンを選びましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「後悔しない銀行キャッシング大特集|FPおすすめの銀行カードローン」

比較7 無利息期間で選ぶ

短期間の借入なら無利息期間がある消費者金融がおすすめです。無利息期間中の借入なら利息は1円もかからないので、消費者金融の最大のデメリットである高金利という点をカバーできます。無利息期間がある大手消費者金融をまとめましたので参考にしてみてください。

5社の無利息期間

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの無利息期間使いこなし術|賢く利用して利息をゼロに!」

2.カードローンを選ぶ時の鉄則

カードローンを取り扱っている金融会社はたくさんありますが、人気が高いのは銀行と消費者金融のカードローンです。この2つではそれぞれ特徴が違うため、希望条件に合わせてどちらのカードローンを選ぶかがまずはポイントとなります。

消費者金融はあまり良くない印象を持たれる方も多いと思いますが、貸金業法の改正で金利が見直されたことにより、安全な金融機関というイメージが定着しつつあります。実際に消費者金融ならではのメリットも多いので、単なるイメージではなく、それぞれのメリットやデメリットを比較した上で、よりお得なカードローンを選ぶことが大切です。

3.銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行のカードローンのメリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>

  • 低金利(約3.0%~15.0%)
  • 限度額が大きい(500万~1,000万円程度)
  • 手数料無料の提携ATMが多い
  • 総量規制の対象外

<デメリット>

  • 即日融資のものが少ない
  • 審査が厳しい
  • 銀行の口座開設が必要な場合がある
  • 借入方法が限られている

4.消費者金融のメリットとデメリット

一方、消費者金融には次のようなメリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • 基本的に即日融資が可能
  • 審査が銀行カードローンに比べて厳しくない
  • 無利息期間があるものが多い
  • 借入方法が充実している
  • 申込から借入までネットで完結するものが多い

<デメリット>

  • 金利が高い(約3.0%~18.0%)
  • 銀行よりも限度額が少ない(500万~800万円程度)
  • 手数料無料の提携ATMが少ない
  • 総量規制の対象

5.まとめ

カードローンは申込から借入まで全てネットで完結できるという手軽さもあり、近年利用する方は増えています。他のローンに比べて自由度の高さも大きな魅力です。

  • 無担保で借りられる
  • 即日融資も可能
  • 限度額の範囲内で繰り返し借りられる
  • 安定継続した収入があればアルバイトの方でも申し込める
  • 専業主婦(夫)でも申し込める

「お金を借りたいけど、銀行のローンは何かと手続きが面倒くさそう」というイメージをお持ちの方は、ぜひカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket