いつでもどこでも借り入れ可能!ネットキャッシングのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネットキャッシング

普通キャッシングをするときには、キャッシングのカードやカードローンのカードを持ってATMに行き、ATMでお金を引き出してキャッシング(借り入れ)をします。

一方のネットキャッシングは振込キャッシングと呼ばれることもあり、自分がすでに持っている銀行口座に入金してもらうことでお金を借りることができます。

ネットキャッシングは「口座引落しがあるのに残高が足りない!」というときに、引落し口座に直接お金を振り込んでもらえるので便利です。

この記事ではネットキャッシングができるおすすめのカードローンや、ネットキャッシングのメリット、そして利用する時の注意点などについてまとめました。

ネットキャッシングを賢く利用して、急な出費などのピンチを乗り越えていきましょう。

1.ネットキャッシング対応の銀行カードローン2選

ネットキャッシング対応のおすすめ銀行カードローンを2つご紹介します。

なお、銀行カードローンの場合、その銀行の普通口座にしか振り込みの対応をしていないところがあります。

ご紹介する三井住友銀行カードローンはインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を契約している必要があり、みずほ銀行カードローンは口座を持っている必要がありますので、もし持っていない場合で急いでいる時には、消費者金融のカードローンを利用するようにしてください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン詳細

▼三井住友銀行カードローンの詳細を確認したいなら
三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

2.ネットキャッシング対応の消費者金融カードローン2選

ネットキャッシング対応のおすすめ消費者金融カードローンを2つご紹介します。

こちらは「この銀行じゃないと振り込みできない」といったことはありません。ただ、プロミスだと三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座、モビットは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると、振り込みまでがスピーディに進みます。

急ぎの場合はお持ちの銀行口座に合わせて申し込みをするようにしてください。

プロミス

モビット

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.ネットキャッシングの3つのメリット

ネットキャッシングには、申し込みが簡単・スピーディー、いつでも、どこでも借り入れ可能という大きなメリットがあります。シミュレーションやお試し診断などが公式サイトに用意されている会社もあり、申し込みや利用時の参考になります。

メリット1 申し込みが簡単・スピーディー

ネットキャッシングは、パソコンやスマホ、携帯などからインターネットで簡単に申し込めるので便利です。平日の昼間ならネットキャッシングの申し込み手続きをすればすぐにお金が振り込まれます。

ただし、平日の夕方・夜間や土日祝日にカードローンに申し込んだ場合は、翌営業日にならないとお金が振り込まれないケースがほとんどなので注意しましょう。

新しくカードローンの申し込みをして、当日中にネットキャッシングを受けたい場合は、審査にかかる時間も考えて申し込む必要があります。平日の早い時間に申し込みをするのがベストです。

メリット2 いつでもどこでも借り入れ可能

基本的に審査さえ通っていれば、パソコンやスマホ、携帯などから24時間いつでもネットキャッシングの申し込み手続きが可能です。

インターネット環境があれば、会社でも自宅でも、外出先や旅行先からでも、どこでもネットキャッシングの申し込み手続きができます。自分の銀行口座に振込をしてもらったあとは、銀行のキャッシュカードで自由にお金を引き出せます。

メリット3 シミュレーションがすぐにできる

消費者金融会社や銀行などによっては、公式サイトに返済金額・返済期間のシミュレーションが用意されています。借り入れ前でも借り入れ後でも、いつでもシミュレーションができますので、返済計画を立てるときに便利です。

4.ネットキャッシングを利用する時の2つの注意点

注意点は大きく2つあります。借り入れが手軽すぎることと、個人情報の流出の可能性があることです。安全にネットキャッシングを利用するために注意しましょう。

注意点1 借り入れが手軽すぎる

キャッシングは借り入れです。ネットキャッシングが銀行振り込み感覚で簡単にできてしまうために、つい借り過ぎてしまうことが起こりがちです。

借入金が銀行口座の残高に足されるために、借金という意識がうすく、気が大きくなってお金を使ってしまう人もいます。あくまでもネットキャッシングの利用は計画的に行いましょう。

注意点2 個人情報の流出

インターネットを使う以上、個人情報やパスワードの流出などのセキュリティ問題には十分気をつけるべきです。

特に、インターネットカフェや公衆Wi-Fiスポットを使って、顧客専用サイトへのログインパスワードや、個人情報の入力をする時には情報流出のリスクがあります。

スマホや携帯のキャリア接続、そして自宅のインターネット環境以外では、ネットキャッシングの利用をできるだけしないようにしましょう。

5.ネットキャッシングの基礎知識

そもそもネットキャッシングをご存じない方もいらっしゃると思いますので、ネットキャッシングについて、知っておきたい基礎知識を3つお話ししておきます。

基礎知識1 ネットキャッシングの仕組み

ネットキャッシングは銀行振り込みのシステムを利用するため、平日の昼間ならネットキャッシングの申し込み手続きをすればすぐにお金が振り込まれます。消費者金融会社や銀行などによって、即時・当日振り込みのための締め切り時間が違うため注意しましょう。

なお、平日の夕方・夜間や土日祝日に申し込んだ場合は、翌営業日にならないとお金が振り込まれないケースがほとんどです。

基礎知識2 手続きのやり方

ネットキャッシングは、カードローンの審査にさえ通っていれば、パソコンやスマホ、携帯などから24時間いつでも手続きが可能です。

有線接続やWi-Fi接続といったインターネット環境があれば、会社でも自宅でも、外出先や旅行先からでも、どこでもネットキャッシングの申し込み手続きができます。

基礎知識3 ネットキャッシングの流れ

すでにキャッシングやカードローンを申し込んでいる場合は、顧客専用サイトにアクセスし、振り込み手続きをすればOKです。

これから新しくキャッシングやカードローンを申し込む場合は、まずはカードローンに申し込みをする必要があります。審査に通ったら、ネットキャッシングの利用ができるようになります。

6.まとめ

ネットキャッシングは借り方や返済方法に注意をすれば、ピンチのときに役に立つキャッシング方法です。自分が利用する会社のキャッシングやカードローンのサービスをよく調べ、賢くネットキャッシングを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket