アコム

国民健康保険証だとカードローン審査で不利になる?保険証のみで借入をする時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
国民健康保険証で借りられるのか疑問を持つ女性

カードローンに申し込む際、国民健康保険だと審査で不利になるという話を聞いたことがある方も多いかもしれません。

確かに国民健康保険の場合は社会保険に比べ属性の面で評価が低いというのは事実です。

しかし、国民健康保険でもカードローン審査に通ることはできるのでそこまで心配する必要はありません。むしろそれ以上に重要なポイントがあります。

今回は国民健康保険証で借入をする時の注意点や保険証の種類によって評価が変わる理由などをご紹介します。

1.カードローン審査での国民健康保険証の評価

健康保険には大きく分けて次の4種類があります。

保険証の種類加入対象者
共済組合保険主に公務員とその家族
社会保険会社員とその家族
船員保険船員とその家族
国民健康保険主に自営業、パートアルバイトの方など

この中で審査時に最も評価が高くなるのは公務員などが加入する共済組合保険で、次に会社員が加入する社会保険、国民健康保険は信用度の面では一番低い部類に入ります。

審査では基本的にスコアリングと呼ばれる方法で申込者の属性に点数を振っていきますが、他の保険証に比べて国民健康保険証の場合はその点数が最も低くなります。

国民健康保険の評価が低いというのは事実ですが、国民健康保険でもカードローンでお金を借りることはできるので安心して大丈夫です。

保険証の種類は数ある属性の中の一つに過ぎず、それ自体審査にそこまで大きな影響を与えるわけではありません。

それよりも年収や他社からの借入状況、信用情報といった返済能力に関係する部分の方がはるかに重要です。たとえ公務員や会社員でもここに問題があれば審査に通ることはできません。

2.社会保険証から読み取れる情報

国民健康保険よりも社会保険の評価が高いのは、保険証から次のような情報を読み取ることができるためです。

①勤務先

社会保険の場合は保険者の欄に勤務先の会社名が記載されているため、保険証が在籍確認の代わりになる場合もあり、特に名の通った大企業なら雇用状態や収入の安定性という意味でも信用を得やすくなります。

②勤続年数

保険証には取得年月日が記載されているため、ここを見ればその会社での勤続年数が分かります。

カードローンの申込情報には勤続年数を記入する箇所がありますが、申込書と保険証の勤続年数が違うと嘘をついていることがバレてしまうので注意しましょう。

3.国民健康保険証だけで申し込めるカードローン

国民健康保険証だけで申し込める主なカードローンはモビットやみずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどがあります。

2016年10月に改正された「犯罪収益移転防止法」などの影響で本人確認がより厳しくなり、保険証のみでは借入ができないケースが増えました。

その他は「健康保険証+もう1点」必要ですが、公共料金の領収書や住民票などで大丈夫なのでさほど手間はかからないでしょう。

カードローン健康保険証以外の必要書類
レイク自動契約機で契約する場合は必要
アコム必要
プロミス必要
モビットなし
みずほ銀行なし
三菱東京UFJ銀行なし

4.国民健康保険証でカードローンに申し込む時の注意点

カードローンでお金を借りる際、借入金額が多い場合は保険証の他に収入証明書類の提出が必要です。消費者金融の場合、収入証明書の提出が必要になるのは次の3つのケースです。

  1. 契約時の利用額が50万円を超える場合
  2. 今回契約時の利用限度額と他の貸金業者(消費者金融や信販会社)からの借入額の合計が100万円を超える場合
  3. 審査の結果提出を求められた場合

銀行カードローンは銀行によって基準は違いますが、消費者金融と同じ基準の銀行が多いです。

なお、収入証明書は次のいずれかが必要になります。用意しやすいのは給与明細か源泉徴収票です。

<収入証明書の種類>

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

5.国民健康保険証で借りれるカードローンランキング

国民健康保険証で借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

国民健康保険証でもカードローン審査に通ることは十分可能ですし、保険証のみで申込ができるカードローンもあります。

公共料金の領収書や住民票などを用意できる場合は申し込めるカードローンの選択肢も増えるので、まずはそれぞれのカードローンの必要書類を確認し、自分の状況に合ったものを選択すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket