銀行マイカーローンは30万円もお得!ディーラーでローンを組んだら大損する話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
マイカーローン0

車を購入する際、どの車にするかは誰しも悩むポイントですが、マイカーローンについてはディーラーからすすめられるまま、あまり深く考えずに決めてしまう方も多いのではないでしょうか。

他のローンと比較せずに、ディーラーがすすめるローンを選ぶのは決しておすすめできません。

マイカーローンの借入額は数百万円と高額になる場合が多く、返済期間も5年や10年と中長期的な返済となるため、選ぶローンによっては利息に数十万円以上の差が出ます。

今回は低金利でお得な銀行マイカーローンをより優遇金利で利用する方法や、メリット・デメリットなどをご紹介します。お得なマイカーローンをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.30万円も得する銀行マイカーローン

一般的にディーラーローンは銀行のマイカーローンに比べて金利が高く設定されており、購入する車によっては5.0%~6.0%ほどの違いが出ることもあります。ディーラーと銀行でそれぞれマイカーローンを組んだ場合、支払う利息がどのくらい違うのか比較してみましょう。

新車購入時のディーラーローンの金利相場は5.0%~8.0%程度となっていますので、ここでは8.0%として計算してみます。

<シミュレーション条件>

  • ディーラー金利8.0%
  • 銀行金利2.475%(三菱東京UFJ銀行 2016年12月時点)
  • 車の購入価格200万円
  • 返済期間5年
  • ボーナス払いなし

2,128,361円

200万円の車を5年間のローンで購入した場合、支払う利息額にはなんと約30万円もの差が生まれます。ローン選びを間違えると大損してしまいますので、マイカーローンはよく吟味して慎重に選ぶべきです。

少しでもお得なマイカーローンを選ぶためにも、ディーラーローンだけでなく銀行ローンも検討することを強くおすすめします。

2.銀行マイカーローンを優遇金利で利用する方法

銀行のマイカーローンはディーラーに比べて低金利ですが、同じ銀行の住宅ローンやカードローンを利用していると、金利がさらに優遇される場合が多いです。

たとえば住信SBIネット銀行の場合、基準金利は1.975%~3.875%(2016年12月時点)となっていますが、住信SBIネット銀行のカードローンを利用していると、そこからさらに「-0.5%」、住宅ローンの利用で「-1.0%」金利が優遇されます。

銀行ローンならではの優遇サービスもあるので、マイカーローンを検討する際は、まずは自分が普段から利用している銀行のローンをチェックしてみてください。

3.銀行マイカーローン8つのメリット

銀行のマイカーローンには、金利以外にも大きなメリットがあります。

メリット1 車が決まる前でも仮審査ができる

銀行のマイカーローンなら、購入する車が決まる前でも仮審査が可能です。仮審査をしておくことでディーラーローンとの比較がしやすくなり、結果的にお得なローンを選ぶことができます。

メリット2 中古車でも金利が一定

銀行ローンなら新車か中古車かに関わらず金利は一定です。ディーラーの場合、優遇金利が適用となるのは一部車種に限定されるため、中古車を購入する場合は金利が割高になる傾向があります。

メリット3 車検や免許の取得費用にも使える

銀行のマイカーローンは用途が幅広く、車やバイクの購入費用はもちろんのこと、運転免許の取得費用、車検費用などとしても利用可能です。

メリット4 他のローンからの借り換えにも使える

すでに他のマイカーローンを利用している場合でも、より低金利な銀行ローンに借り換えることができます。高い金利のローンに申込みをして後悔している方は、銀行への借り換えを検討してみると良いでしょう。

メリット5 繰り上げ返済手数料が無料

ディーラーローンの場合、繰り上げ返済には回数制限があったり、返済手数料がかかるものもあります。それに対して銀行の場合、繰り上げ返済に回数制限は無く、手数料もかからない銀行がほとんどです。

メリット6 保証料がかからない

ディーラーでローンを組む場合、金利の他に保証会社への保証料が別途必要になるケースがあります。銀行の場合は基本的に保証料を支払う必要はありませんので、その分お得に借りられます。

メリット7 車を自分名義で所有できる

ディーラーローンの場合、ユーザー側の購入時や売却時の手続きを簡略化するために、車の所有者はディーラーになっています。所有者がディーラーになっていることで困ることはありませんが、どうしても自分名義で車を所有したい場合には、銀行のマイカーローンで購入すると良いです。

車検証、所有者はなぜディーラーになっている?
所有者が販売店の場合のユーザーメリットは購入時、売却時の手続きの簡略が第一に挙げられます。

メリット8 ネットや郵送で簡単に手続きできる

マイカーローンの申込は、ネット銀行はもちろん、都市銀行などでもネットや郵送で完結できるものが多いため、申込や契約手続きのためにわざわざ店舗に出向く必要はありません。

4.銀行マイカーローン2つのデメリット

一方で、銀行のマイカーローンには次のようなデメリットもあります。

デメリット1 審査が厳しい

ディーラーの審査に比べ、銀行ローンの審査は厳しい傾向にあります。低金利というのも理由の1つですが、ディーラーの場合は車を担保にして審査を受けるのに対し、銀行は車を担保にせず、無担保での審査になることが大きな理由です。

また、ディーラーの場合はローンを組めないと車を購入してもらえない可能性があるため、担当者がローン会社とある程度交渉をすることもあるようです。

デメリット2 審査に時間がかかる

銀行のマイカーローンは申込から融資実行までに1~2週間程度かかります。銀行の場合は提出書類も多いため、ディーラーに比べて書類の精査や審査に時間がかかってしまいます。銀行ローンに申込む際は、できるだけ早めに手続きをしましょう。

5.固定金利・変動金利の簡単な選び方

マイカーローンによっては、金利タイプを固定金利と変動金利から選べる場合があります。変動金利の方が比較的金利は低く設定されているため、一見数字だけを見ると変動金利を選びたくなるかもしれません。

しかし、変動金利には金利市場の動向によって今後金利が上がってしまうリスクもあります。特に、5年や10年という長期間のローンを組む場合、それほど先の金利を予測するのは専門家でも難しいでしょう。

どちらがお得とは一概には言えませんが、2~3年なら変動金利、それ以上なら固定金利というように、返済期間を目安にするのも1つの方法です。

6.まとめ

ディーラーローンも審査の通りやすさや申込手続きが簡単というメリットはあるものの、支払う利息が数十万円以上違うとなると、やはり少しでも金利が低いマイカーローンを選びたいと思うのが普通です。

銀行の審査に通らなかった場合は仕方ありませんが、まずはメリットの多い銀行のマイカーローンから検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事