武蔵野銀行カードローンの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
武蔵野銀行 カードローン 返済0

武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」の返済方法は口座引落しですが、繰り上げ返済はATMからいつでも可能です。

今回はむさしのスマートネクストの返済方法と返済時の注意点を詳しくまとめました。少しでも支払総額を減らし賢く借入をしたい方はぜひ参考にしてください。

1.手数料無料!お得な武蔵野銀行カードローンの返済方法

むさしのスマートネクストの返済方法は2つありますが、どちらも全て手数料無料です。

方法1 口座引落しによる返済

むさしのスマートネクストの返済日は毎月7日(休日の場合は翌営業日)、武蔵野銀行普通預金口座からの自動引き落としとなります。武蔵野銀行の普通預金口座をまだお持ちでない方は、審査後の契約手続きのタイミングで同時開設も可能です。

方法2 ATMからの繰り上げ返済

基本的な返済方法は口座引落しですが、繰り上げ返済の場合のみATMからの入金にも対応しています。

なお、繰り上げ返済時に利用できるのは武蔵野銀行、コンビニATM(セブン銀行、ローソン、イーネット)のみとなっていますので注意してください。ATM手数料はいずれも無料ですので、少しでもお得に借入をするためにも積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

2.武蔵野銀行カードローンの返済2つの注意点

むさしのスマートネクスト返済時の注意点をまとめました。

注意1 繰り上げ返済をしても月々の返済には充てられない

むさしのスマートネクストの約定返済方法は口座引き落としのため、ATMから多めに入金したところで月々の返済をしたことにはなりません。繰り上げ返済の金額に関わらず、必ず毎月の約定返済が必要になるので注意してください。

注意2 返済が遅れるとカードが利用停止になる

約定返済日である毎月7日に口座引き落としができなかった場合、延滞扱いとなり一時的にカードの利用を止められてしまいます。また、延滞日数に応じて遅延損害金も発生してしまうので、口座残高を返済日前に必ず確認しておきましょう。

3.知って得する武蔵野銀行カードローン返済の豆知識

むさしのスマートネクストの返済に関する豆知識をご紹介します。

豆知識1 むさしのスマートネクストの返済方式

むさしのスマートネクストの返済方式には、元利定額リボルビング方式が採用されています。元利定額リボルビング方式とは、元金と利息を含めた一定の金額を毎月返済する方法で、たとえば毎月の返済額が1万円なら、1万円の中から元金と利息それぞれに充当される仕組みです。

毎月の返済額が一定のため返済管理がしやすいというメリットはありますが、借入残高の変動に応じて元金と利息の充当額が変わり、それぞれの内訳を把握しづらいのがデメリットと言えます。

豆知識2 返済は月々1万円~

むさしのスマートネクストの月々の返済額は、契約している限度額コースによって変わります。30万円・50万円コースなら月々1万円の返済で済みますが、70万円や100万円コースの場合、返済額は倍の2万円です。

返済負担が大き過ぎると延滞の可能性も高くなるので、無理なく返済できる範囲で契約コースを検討しましょう。

武蔵野銀行 カードローンss1

出典:http://www.musashinobank.co.jp/loan/card/smartnext/

 

4.まとめ

カードローンの返済は大抵月々1万円~2万円程度なので、最低返済額を返済しているだけでは利息の支払いばかりでなかなか元金が減りません。返済期間が長引けば想像以上の利息を支払う結果となるので、繰り上げ返済を活用しながらできるだけ早い完済を目指しましょう。

また、延滞をするとカードの利用を止められるだけでなく信用情報にも傷がつくので、返済日の前に必ず口座残高を確認しておくよう注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket