アコム

審査なしで即日お金を借りる方法って?!審査落ちしてしまう人が選ぶべき借入先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
審査なしで借りれる金融を探している女性

「審査なしで即日お金を借りたい」と思っている方には、それぞれさまざまな事情があると思いますが、実際のところ銀行も消費者金融も審査なしでお金を貸すことはありません。

ですが、銀行や大手消費者金融の審査に通らない方でも、安全にお金を借りる方法はあります。

今回は審査なしで即日お金を借りたい時の対処法についてご紹介します。

1.審査なしで即日お金を借りる唯一の方法

金融機関の審査を受けずにお金を借りる唯一の方法は、持っているクレジットカードのキャッシング枠を使う方法のみです。

もしもお持ちのカードにキャッシング枠がない場合はキャッシングの申込時に必ず審査があるため、審査を受けずに新たに借入をすることはできません。もちろん、銀行や消費者金融などのカードローンについても同じです。

2.審査なしでお金を借りるのは危険

仮に審査なしでお金を貸してくれるところがあるとしたら、それは非常に危険です。たとえば、個人掲示板や闇金などの違法業者なら、審査らしい審査がなくお金を借りることができるかもしれません。

ですが、闇金は言うまでもなく違法業者なので法外な利息を請求され今よりも生活が苦しくなるのは言うまでもありませんし、個人掲示板は身分証や通帳を悪用されたり、犯罪に巻き込まれるケースも決して少なくありません。

審査なしでお金を借りるということは、非常に危険な行為であると認識しましょう。

3.審査が不安なら中小消費者金融から借りる

銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、比較的審査に通りやすい中小消費者金融から借りるという方法があります。

ですが、中小消費者金融からの借入も総量規制の対象なので、すでに貸金業者からの借入額が年収の3分の1に達している場合は残念ながらそれ以上借りることはできません。

もし、総量規制の部分に問題がなくアルバイトでも毎月収入を得ている方は、中小消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか。

4.中小消費者金融の特徴

中小消費者金融からの借入には何かと不安を感じる方も多いと思いますが、きちんと認可を受けた業者なら基本的には問題ありません。ここでは中小消費者金融の主な特徴をまとめました。

特徴1 金利が高い

大手消費者金融の上限金利は年18.0%の場合が多いですが、中小消費者金融の金利は年19.0%~20.0%と比較的高い傾向にあります。

年20.0%までの金利であれば法律上はギリギリ問題ありませんが、利用する際は利息がどのくらいかかるのかをあらかじめシミュレーションしておいたほうが良いでしょう。

特徴2 限度額が少ない

中小消費者金融であっても300万~500万円程度を限度額としている会社もありますが、会社によっては10万円~50万円ほどの場合もあります。

中小消費者金融を利用する方の多くは大手で契約を断られている場合が多く、あまり属性や信用情報が良くないというのが、限度額が少額になる理由の一つとして挙げられます。

特徴3 ブラックでも貸してくれる場合がある

過去に金融事故を起こしブラックの状態になっていると、大手消費者金融ではまず審査に通ることはありません。ですが、中小消費者金融の場合、現在の状況次第では融資をしてくれるケースもあります。

もちろんブラックの人全員が借りられるわけではなく、融資額もそれほど多くはないと思いますが、現状返済能力があればお金を借りられる可能性はあります。

中小消費者金融の審査は担当者の判断による部分が大きく、審査基準が一律で決まっている大手に比べると、審査はわりと柔軟と言っていいでしょう。

特徴4 利用時の手間がかかる

大手消費者金融の特徴と言えば、来店不要で契約でき、借入や返済もコンビニのATMから手軽にできることですが、中小消費者金融はそこまで利便性は良くありません。

申込には店舗へ出向かなければならないケースが多く、お金を借りる際も振り込みや店舗での手渡しとなることが多いです。

中小消費者金融の中でも比較的名の通った会社であれば、大手同様に使えるケースもありますが、全体的に見ると大手との差はまだまだあるようです。

特徴5 闇金との区別がつきづらい

アコムやプロミスなどの大手消費者金融は頻繁にテレビCMが流れているため、おそらく消費者金融を利用したことが無い人でも名前くらいは知っているはずです。

また、消費者金融について正しい知識をお持ちの方なら、大手消費者金融が安全な賃金業者であることもおそらくご存じでしょう。

しかし中小消費者金融の場合は、すべてが安全な業者とは限りません。なかには闇金のような違法業者も存在するため、安全かどうかの見極めは大手に比べ非常に難しくなります。

特徴6 担保や保証人が必要な場合がある

大手で借りる場合は、担保や保証人は基本的に不要です。しかし、中小消費者金融については、まれに担保や保証人が必要になるケースもあるので注意してください。

5.中小消費者金融からお金を借りる時の注意点

大手ではなく中小消費者金融を選ぶ場合は、闇金につかまらないよう慎重に業者選びをする必要があります。ここでは、安全な中小消費者金融を選ぶうえで最低限確認しておきたいポイントをまとめました。

注意1 賃金業者登録番号を確認する

安全な消費者金融とは、国や都道府県からきちんと認可を受けた業者のことです。賃金業者として正式に登録がされている場合、それぞれに「賃金業登録番号」が割り当てられます。

賃金業登録番号は、会社のHPやチラシなどに必ず記載しなければならないので、大手の消費者金融のHPを見ると「登録番号:第○○号」のような記載が必ずあります。

ですので、まずは申し込みをする賃金業者の登録番号を確認し、その番号が正しいものかどうか、金融庁のHPで確認してみてください。

金融庁 登録賃金業者情報検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

注意2 金利を確認する

お金を借りる際の金利は利息制限法という法律でその上限が決められています。安全な業者であればこれ以上の金利が設定されることはないので、金利の部分でも違法業者かどうかを判断できます。

金利は借入元本に応じてそれぞれ以下のような基準となっています。

利息制限法で決められた上限金利

注意3 住所と電話番号を確認する

先ほどご紹介した「賃金業登録番号」を受ける際には、固定電話の番号が必ず必要になります。そのため、会社の連絡先が携帯電話の番号であった場合、それは登録を受けていない違法業者と判断して良いでしょう。

また違法業者の場合は特定の住所に店舗を構えていないことも多いので、固定電話の番号と合わせて住所も確認するようにしてください。

6.まとめ

ブラックや多重債務などで審査に通ることができない方にとって、審査がないというのは非常に魅力的だと思います。

ですが、仮にそういったところからお金を借りたとしても、あなたの生活が良くなることは決してありません。

もしもどうにもならない借金問題で苦しんでいるなら、債務整理など法的な解決策を検討してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket