最速!みずほ銀行カードローンでいち早く即日融資を受ける全手順

カードローンに申し込む女性

みずほ銀行カードローンはエグゼクティブプランの金利が3.0%~7.0%と、他の銀行カードローンよりも突出した低金利カードローンです。

利用限度額も1,000万円と、まとまったお金を借りることができる優れたカードローンですが、デメリットがないわけではありません。

この記事では、みずほ銀行カードローンがどのような方に向いているのかや借入するメリット・デメリット、最も早く融資を受ける手順などをまとめました。客観的にみずほ銀行カードローンを他社と比較していますので、みずほ銀行カードローンに申し込みをする前にぜひ確認してみてください。

1.みずほ銀行カードローンのサービス詳細

まずはみずほ銀行カードローンのスペックを確認しましょう。無利息期間がないこと、そして土日祝日は審査を行なっていないので即日融資を受けられないのが欠点と言えます。

みずほ銀行カードローン表

みずほチェックリスト*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能

2.みずほ銀行カードローンで借り入れするメリット・デメリットまとめ

急いで借り入れをしたいという方のために、みずほ銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見れば、あなたにみずほ銀行カードローンがピッタリかどうか丸わかりです。

みずほ・メリットデメリット

3.みずほ銀行カードローンの9個のメリット

みずほ銀行カードローンのメリットは主に9個あります。

メリット1 最短即日利用可能!24時間受付

みずほ銀行口座を持っていれば、最短即日利用ができます。急ぎの方や忙しい方にもオススメです。(平日の午前中に申し込みをする必要あり。状況によっては利用開始が翌日以降になる場合もあり。)受付自体は24時間できます。

メリット2 最大利用限度額が1,000万円

みずほ銀行カードローンの限度額は最大で1,000万円です。まとまったお金を借り入れしたいときにも重宝しますし、みずほ銀行なので安心して借り入れすることができます。

メリット3 低金利で借り入れ可能

みずほ銀行カードローンの金利プランは次の2つあり、審査でどちらの金利が適用されるかが決まります。

みずほ・プラン

一般的にはコンフォートプランの方が適用されることが多いですが、それでも上限金利は14.0%です。プロミスやモビットなどの消費者金融の上限金利は大体18.0%となりますので、それに比べて低金利での利用ができます。

メリット4 専業主婦でも旦那に内緒で借入できる

自分の収入が全く無い専業主婦の方でも、配偶者(旦那さん)に安定した収入があれば、30万円まで借り入れが可能です。旦那さんの収入証明書や同意書も必要なく、旦那さんの勤務先への連絡や旦那さんへの電話連絡もないため、バレることなく内緒で利用ができます。

このときのポイントは2つです。次のことに気をつければ、カードローンの返済の延滞をしない限り、バレる心配がありません。

  • みずほ銀行に自分の口座を作る
  • キャッシュカード兼用型を使う

詳しくは「旦那に内緒|専業主婦がみずほ銀行カードローンで即日借りる方法」でご紹介していますので、こちらも確認してみてください。

メリット5 キャッシュカードですぐ利用できる

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のキャッシュカードで利用ができます。ローン専用カードを作ることもできますが、すぐに利用したい場合や、誰にもバレずに利用したい場合は、キャッシュカードで利用するのがおすすめです。

メリット6 郵送物が届かないようにできる

「WEB完結申込」で申し込みをすれば郵送物はありません。家族に秘密で借り入れをしたい時は、インターネットから「WEB完結申込」で申し込みをしましょう。なお、インターネットからの申し込み以外は、申込書類やカードの送付があります。

メリット7 原則提出書類なしでの申込もできる

希望限度額が200万円以内の場合、みずほダイレクトを利用している、もしくは手元に通帳を用意できるのであれば、原則、書類提出はありません。手間をかけずに申し込みをすることができます。

メリット8 ATM時間外手数料や振込手数料が無料

カードローンの利用でみずほ銀行ATM時間外手数料や振込手数料(みずほ銀行本支店宛)が無料になります。コンビニATM時間外手数料や振込手数料も月4回まで無料になりますので、お得に利用することができます。

メリット9 収入証明書が不要

みずほ銀行カードローンは、利用限度額200万円までは収入証明書の提出は不要です。プロミスなどの消費者金融の場合、50万円を超える借り入れの場合は必要になりますので、200万円までの借り入れをしたいときには、みずほ銀行カードローンを選ぶと余計な手間がかかりません。

4.みずほ銀行カードローンの4つのデメリット

みずほ銀行カードローンのデメリットは4つあります。

デメリット1 みずほ銀行口座が必要

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行口座がなければ利用することができません。みずほ銀行口座がない場合、急ぎで利用した時は、窓口に行って口座開設することをおすすめします。インターネットで開設もできますが、開設が完了するまでに1週間〜2週間かかってしまうため、非常に時間がかかります。

なお、口座開設に行く時は、免許証などの本人確認書類と印鑑を忘れずに持って行きましょう。

デメリット2 WEB完結申込以外は融資スピードが遅い

WEB完結申込は最短即日借入可能ですが、他の申込方法の場合、借り入れが可能になるまで1~2週間かかります。急ぎの時はWEB完結申込で申し込みをしましょう。

みずほ・申込方法別表

デメリット3 勤務先への電話連絡がある場合もある

みずほ銀行カードローンに申し込みをすると、申込内容の確認のために、あなたの勤め先に電話がかかってくる場合があります。その際、銀行名もしくは個人名でかかってきます。

銀行名でかかってきたとしても、みずほ銀行にはカードローン以外に保険や住宅ローン、クレジットカードなど様々なサービスがありますので、カードローンに申し込みをしたことが同僚や会社にバレることはありません。もし何か聞かれたとしても、クレジットカードに申し込みをしたと伝えればよいでしょう。

ちなみに、専業主婦の場合は旦那さんの勤務先や旦那さんに電話連絡が行くことはありません。

デメリット4 無利息期間はない

みずほ銀行カードローンには無利息期間はありません。すぐに返済ができる場合には、新生銀行カードローン レイクなど無利息期間があるカードローンを利用した方がよいでしょう。

5.最速|みずほ銀行カードローンで即日融資を受ける手順まとめ

みずほ銀行カードローンで今日中に借りたいという方のために、即日融資を受ける条件・確認点、全手順をまとめましたのでご紹介します。今からご紹介する手順が最も早い方法になります。

ただし、みずほ銀行カードローンは、審査が「最短即日審査結果を回答」となるため、審査によっては即日中に利用ができない可能性もあります。

①即日融資を受けたい時の3つのチェック項目

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるために、次の3つの条件をクリアできるかどうかをまずは確認しましょう。クリアできる場合には、即日融資を受けることは十分可能です。

チェック1 午前中に申し込む

みずほ銀行カードローンの審査時間は申し込み方法によって異なります。最短即日で審査が終わるのはインターネットのみで、さらに午前中に申し込みをしておく必要があります。申し込みの時間帯が午後の場合には、審査回答は翌営業日になるので注意しましょう。

みずほ申込方法別の審査時間

チェック2 みずほ銀行の口座を持っている

インターネットからのみずほ銀行カードローンの申し込み方法は、みずほ銀行口座を持っている人用と、持っていない人用の2つがあります。

みずほ銀行口座を持っていれば最短即日利用が可能です。持っていない場合には審査は最短即日回答ですが、即日での利用はできません。通帳とキャッシュカードを受け取るまでに約1〜2週間かかるからです。即日融資を受けたい場合には、みずほ銀行の口座をあらかじめ持っている必要があります。

なお、普通預金口座を開設しなくても、カードローン口座を開設することで利用することもできますが、開設までには約3〜4週間かかりますのでおすすめできません。

チェック3 平日であること

みずほ銀行カードローンへの申し込みは土日祝日でも24時間できますが、審査は休日には行っていません。休日に申し込みをした時には、審査結果が出るのは翌営業日になります。

そのため、即日融資を受けたい時には、申し込みをする日が平日であることが条件になります。土日祝日に即日融資を受けたい時には、プロミスやモビットなどを選ぶようにしてください。

②いち早く即日融資を受ける全手順

申込完了所要時間

手順1 申し込みをする

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けたい場合には、最短即日利用ができるインターネットのWEB完結申込で申し込みをしてください。申込画面は非常にわかりやすいため、スマホやパソコンの入力が苦手な方でも、10分もあれば十分申し込みが完了します。

みずほ銀行カードローンのWEB完結

必要書類を事前に準備!
申し込みに必要な書類は、次の3つになります。

①本人であることを確認できる書類のコピー
以下のいずれか1通必要。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

*本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限る。外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類の提出が必要。

 

②年収を確認できる資料のコピー(希望の利用限度額が200万円を超える場合に必要)
以下のいずれか1通必要。希望の利用限度額が200万円以下の場合は不要。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書(*1)
  • 納税証明書(その1・その2)(*2)

*個人事業主、会社経営者の方は(*1)または(*2)のいずれかに限ります。

③印鑑
みずほ銀行の普通預金口座の印鑑を用意してください。

手順2 審査結果を待つ

申込が完了したら、みずほ銀行からの審査結果メールを待ちます。

手順3 契約&利用開始

審査に通っていたら、手持ちのキャッシュカードから借り入れができます。

6.みずほ銀行カードローンの借入条件

みずほ・利用条件

7.まとめ

低金利で最大1,000万円まで借りることができるみずほ銀行カードローン。みずほ銀行口座を持っていれば、最短即日利用もできますし、専業主婦の方でも旦那さんに内緒で30万円まで借り入れできるのは嬉しいポイントです。

無利息期間はありませんが、中長期で借り入れをするのであれば、金利が高い消費者金融を利用するよりも、みずほ銀行カードローンを利用した方が、賢い借り入れができるでしょう。