みずほ銀行カードローンの申し込みに必要な全知識|審査の傾向や注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
みずほ銀行カードローン 申し込みと審査0

「ハイスペックなカードローンを探している」「みずほ銀行カードローンって、どんなカードローンなのかな?」と、カードローンでお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でもトップクラスのスペックを誇る商品です。また、金利コースが2つあるため、「どうしたら低金利コースの審査が通るだろう?」という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

ここでは、「みずほ銀行カードローンってどんな商品?」「申し込み手順と審査の流れ」など、気になるポイントを分かりやすく解説します。

1.みずほ銀行カードローンってどんな商品?

「みずほ銀行カードローンを申し込みたいけれど、いまいち商品がよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。みずほ銀行カードローンは、メガバンクの一角であるみずほ銀行が直接取り扱う銀行カードローンです。商品詳細は下記のとおりです。

みずほ銀行カードローン 申し込みと審査1

みずほ銀行カードローンを利用する際の重要な注意点は、

  • 金利コースが2つある
  • 口座開設が必須

この2つです。これは、みずほ銀行カードローンを利用するうえで非常に重要なポイントです。それぞれ詳しく解説していきましょう。

2.みずほ銀行カードローン2つの金利コース

みずほ銀行カードローンには、エグゼクティブプランとコンフォートプランという2つの金利コースがあり、どちらのコースが適用されるかで金利が大きく異なります。

①金利の決まり方

エグゼクティブプランの金利は3.0%~7.0%、コンフォートプランの金利は3.5%~14.0%となっていることからも分かるように、取引条件に明らかな差があります。利用者からすると、「エグゼクティブプランを利用したい!」と考えるも当然ですが、注意しなければならないポイントがあります。

それは、金利コースを任意で選択することができないことです。みずほ銀行カードローンでは、利用者を審査した結果、どちらの金利コースを適用するかを銀行側が決定します。したがって、「エグゼクティブプランがいい」と思って申し込んだとしても、審査の結果、コンフォートプランが適用される場合もあるということです。

②金利以外の違い

エグゼクティブプランとコンフォートプランには、金利以外にもう一つ大きな違いがあります。それは、「限度額」です。限度額の上限はどちらも1,000万円ですが、下限が大きく異なります。エグゼクティブプランの限度額の下限は200万円です。対して、コンフォートプランは10万円です。つまり、限度額下限の差に大きな開きがあることにより、金利差がより浮き彫りになっているのです。

③エグゼクティブプランになる人、ならない人

ここで気になるのは、「どのような人がエグゼクティブプランになるの?」ということでしょう。エグゼクティブプランを適用されるのはどのような人かを簡単に言うと、「限度額200万円以上を適用しても返済できる能力を持っている人」です。詳しい基準はみずほ銀行が独自に設定していますので、ハッキリ言い切るのは難しいのですが、仮定として、銀行以外の消費者金融などを対象とする「貸金業法」の基準に照らして考えてみましょう。

貸金業法では、「利用者年収の3分の1以下」を貸付限度としています。これをみずほ銀行カードローンに当てはめて考えると、200万円の3倍、つまり最低600万円前後の年収の方と予想することができます。銀行は貸金業法の対象ではないため、あくまで仮定の話となりますが、銀行側としても過剰な貸付は高いリスクを伴います。ですから、エグゼクティブプランを利用するには「年収600万円」であることを一つの基準と捉えておくといいでしょう。

このような理由から、みずほ銀行カードローンを利用する際はコンフォートプランが適用される可能性を考慮し、金利だけでなくその他のスペックも把握しておく必要があります。

3.要確認!みずほ銀行の口座開設が必須

みずほ銀行カードローンは、利用条件として銀行口座の開設が必須となっています。このポイントは、すでにみずほ銀行の口座を開設している方にとってはさほど重要ではありませんが、初めての取引がカードローンという方にとっては非常に重要なポイントだといえます。なぜ重要なポイントになるかというと、カードローンの発行時間よりも口座開設に要する時間のほうが長いからです。

スピーディーな手続きをウリにしている商品であれば、即日でローンカードが発行可能です。しかし、銀行口座を開設するとなると、1週間以上要するケースがほとんどです。みずほ銀行カードローンの場合も同様で、口座開設に1週間、カードローンの送付までに1~2週間の合計2~3週間を要します。

つまり、分かりやすく言えば、口座をお持ちではない方が融資を受けられるまでには、少なくとも2週間以上を要するということです。融資までの時間を確保できるかどうか、必ず確認しておきましょう。

4.申し込み手順と審査の流れ

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は、

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 本人に収入がなく配偶者に継続安定した収入のある方でも利用可能

※ただし、限度額は30万円以下となる

となっています。したがって、アルバイト・パート、専業主婦の方でも問題なく申し込みすることができます。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は、

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

の4通りとなっていますが、みずほ銀行は営業時間面での制約が特に多いため、最もスムーズかつ便利に申し込みできるのは「インターネット」でしょう。

インターネットを利用し、みずほ銀行カードローンを申し込みする場合の手順と審査の流れは下記のとおりです。

<みずほ銀行カードローンの申し込み手順と審査の流れ>

  1. インターネットを利用し、みずほ銀行カードローンの公式ホームページにアクセスする
  2. 「みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ」「みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ」どちらか選択する(※みずほダイレクトを利用中の方、または通帳を手元に用意できる方は書類の提出が原則不要)
  3. 同意事項に同意し、「次へすすむ」ボタンをクリック
  4. 必要事項を全て入力し、間違いがないか再度確認する
  5. 間違いがないことを確認後、申し込みを確定させる
  6. 審査の実施
  7. 審査結果の回答
  8. 口座をお持ちでない方は本人確認書類、収入証明書類を提出(※希望限度額が200万円以下の方は収入証明書類不要)
  9. 口座をお持ちの方は手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が追加される。口座をお持ちでない方は申し込みから1週間後に通帳、さらに1~2週間後にキャッシュカード兼ローンカードが本人限定受取郵便で郵送される
  10. みずほ銀行ATM、もしくは提携ATMで現金を引き出す

本人確認書類として有効な書類は、運転免許証、パスポートなどがあります。ただし、現住所が記載されていない場合は本人確認書類として認められませんので、必ず事前に確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほチェックリスト*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能

 

5.まとめ

みずほ銀行カードローンは、カードローンの中でも非常にハイスペックな商品だといえます。しかし、その分利用者に求められる条件や、融資までの時間に制約があるのも事実です。しっかりと商品のポイントを把握し、ご自身にピッタリのカードローンを選択するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事