マンション売却の賢い相場の調べ方と高く売る7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
マンション

マンションを売却するとき、なるべく高値で売りたいものです。

マンションなどの不動産は、どんな方法で売却するのかによって、価格がかなりちがってきます。

同じマンションでも、売り方によっては数百万円、中には1千万円以上の差が出ることもあります。

一体どのようにすれば、マンションを最高額で売ることができるのでしょうか。

そこでこの記事では、マンション売却の賢い相場の調べ方や高く売却するポイントなどについてまとめました。安く売りたくない方はぜひこの方法を参考にしてみてください。

1.マンション売却の賢い相場の調べ方と流れ

マンションを賢く売却するためには、相場を知ることが重要です。安く売りたくない方は次の3つのステップで相場を調べてみてください。

マンション売却相場

ステップ1 周辺地域の価格相場を調べる

まずはマンション周辺のおよその取引価格を調べましょう。国土交通省の土地総合情報システムというサイトや、レインズの不動産取引情報サイトを利用して、大体の価格感を把握します。

これらのサイトには日本全国の不動産の取引事例が掲載されているので、売りたいマンション周辺の不動産価格相場を調べることができます。

土地総合情報システム

土地総合情報システム

>> 土地総合情報システムへ

REINS

REINS

>> REINSへ

ステップ2 マンションの査定をする

周辺地域の価格感が把握できたら、次はマンションの査定をします。マンションの査定は、複数の不動産業者の査定額を比較することができる、不動産比較サイトを利用するのがおすすめです。

無料で売りたいマンションの最高額がすぐにわかりますし、簡単な情報を入力するだけなので、手間も時間もかかりません。

不動産比較サイトはたくさんの種類がありますが、提携している不動産会社の数が多いサイトを利用すると、物件に適した良い会社を見つけやすいのでおすすめです。

ちなみに、査定をしたからといって「必ず売らないといけない」ということはありません。納得が行かなかったら売る必要はありませんので、マンションの売却を検討するために利用しましょう。

→ 60秒でできる不動産無料査定の解説へ

ステップ3 比較検討する

周辺地域の価格相場やマンションの査定額がわかったら、それぞれを照らし合わせ、マンションを売るべきかどうかや、相場よりも高く売れるのかどうか。満足の価格で売ることができるのかどうかなどを比較検討します。

2.マンションを高く売却する7つのポイント

マンションをなるべく高く売却するためにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。マンションを高く売却するための7個のポイントをご紹介します。

マンション売却

ポイント1 事前に相場を調べる

マンションを高く売却するためには、マンションの正しい相場を把握しておくことが何より重要です。事前にマンションの相場を把握しておかないと、査定額が得なのか損なのか、相場通りなのかがわからないからです。

安く売ってしまったことに気がつかず、後で大損していることに気がついた、といった方もたくさんいますので、損せず高く売るために、土地総合情報システムやレインズを使って必ず相場を調べるようにしましょう。

ポイント2 不動産比較サイトを利用する

マンションをできるだけ高く売りたいとき、複数の不動産会社に査定を依頼して、高い査定額を出してくれる会社を探すことがポイントです。いざ売却するとき、査定額は高ければ高いだけ、マンションを高額で売却することができるからです。そのために不動産比較サイトを利用します。

不動産比較サイトを利用すると、複数の不動産会社の査定を比較することができますので、自分のマンションの最高売却額がはっきりとわかります。不動産比較サイトは無料で利用できますし、スマホやパソコンから60秒くらいで申し込みができるので時間もかかりません。

面倒だからとマンションの査定をおこたってしまうと、マンションの売却に失敗してしまう可能性が極めて高くなります。損せず最高額で売ることができるように不動産比較サイトを必ず利用しましょう。

→ 60秒でできる不動産無料査定の解説へ

ポイント3 優良な不動産会社を選ぶ

マンションを安心して売ることができるように、良い不動産会社を選ぶことも大切です。これは単に査定額が高いというだけでなく、顧客へのサービスが充実しているかどうか、心配事が発生した場合にきちんと相談に乗ってくれるかなども見るようにしてください。

ちなみに不動産比較サイトは、優良な不動産会社のみを集めています。不動産比較サイトを利用し、その中から特に信頼できる会社を選びましょう。

ポイント4 良い印象を持ってもらう

マンションを高値で売却するためには、内覧に来た人に良い印象を持ってもらうことも大切です。マンションの売り出しを始めると、購入希望者が現れて部屋の内覧をします。印象がよければ具体的に商談に入りますし、気に入らなければ内覧だけで終わってしまいます。

良い印象を持ってもらうことができたら、その後の交渉である程度値が張って予算オーバーしても、購入希望者は費用を払ってマンションを購入しようとします。それほどではないと感じたら、予算より高額な場合にはすぐにあきらめてしまうでしょう。

このように、単に不動産会社を選ぶだけでなく、購入希望者に気に入ってもらうこともとても重要です。

ポイント5 アピールポイントを用意する

どのようなマンションにも良い点があります。たとえば次のような点です。

  • 部屋が広くて荷物がたくさんおける部屋
  • 設備がとても充実している部屋
  • 陽当たりが良くて気持ち良い部屋
  • バルコニーが広くて開放的なマンション
  • 広い中庭やエントランス

このような点を実際に内覧に来た人に対し、自分から積極的に伝えるようにすると、希望額で売却できる可能性がグンと高くなります。アピールポイントは用意するようにしましょう。

ポイント6 部屋をきれいに保つ

部屋をきれいにしておくと、内覧に来た購入希望者に良い印象を持ってもらうことができます。たとえば次のようなことに気をつけましょう。

  • 部屋をきれいに掃除する
  • 整理整頓する
  • 荷物やゴミが散らかっていないようにする
  • バルコニーも掃除しておく
  • トイレやお風呂などの水廻りも掃除をしてピカピカにしておく
  • 換気をして臭気を取り払っておく

マンションの部屋をきれいに保って内覧にのぞむと、マンションが高く売れる可能性が大きく高まります。

ポイント7 内覧に同席をする

購入希望者の募集などは、基本的に不動産会社に任せていますが、実際に購入希望者が内覧に来た場合には、売り主自身も同席することができます。このときの売り主の対応が、購入希望者に与える影響はかなり大きくなります。

内覧に来た場合に売り主が同席をしないで不動産会社に任せてしまう人がいますが、このようなことをするとやはり印象は良くないです。できればその場に同席して、自分でもマンションのアピールポイントを説明しましょう。

そして、購入希望者が何か疑問を持っている場合には、なるべく誠実にわかる範囲で答え、親切に対応するようにしてみてください。

売り主自身の印象が良ければ、購入希望者の購入意欲が飛躍的に高まることがあります。たとえば2つのマンションで迷っている場合などにも、売り主の印象が良い方が選ばることは多くあります。

マンションを高値で売却したいのであれば、なるべく内覧の場に同席をして、誠実、そして親切に対応をして、購入希望者に良い印象を持ってもらうようにしましょう。

3.不動産比較サイトを使う6つのメリット

マンションを売却する場合には、その相場を調べるために不動産比較サイトを利用することが重要だと説明しました。では、不動産比較サイトを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

天秤

メリット1 最高額がわかる

同じマンションでも不動産業者によって、査定額に数百万円以上の価格差が発生することは普通にあります。これは不動産会社によって、マンションが得意、一軒家が得意など、得意としている物件が違うからです。

不動産比較サイトを利用せず、1社だけに査定依頼をした場合、その1社の査定結果が不当に低い価格でも気がつくことができません。もしそのまま、その会社に依頼をして売却してしまうと、相場より低い価格でマンションを売却することになり、大損をしてしまいます。

不動産比較サイトを利用すれば、複数の不動産会社から査定結果を得ることができますので、このような不利益になる恐れはありません。最も高く売ることができる最高額を知ることができます。

メリット2 机上査定ができる

不動産比較サイトの中には、イエウールのように「机上査定」と「訪問査定」を選ぶことができるものがあります。

机上査定とは不動産の面積やエリア、構造などの情報から、訪問なしで査定をしてもらう方法で、訪問査定とは実際にマンションに訪れてもらい、査定をしてもらう方法です。

訪問査定の場合、来てもらう日程を調整して不動産会社を招かないといけないので手間がかかります。1社だけなら良いですが、これが4社、5社のように来てもらう時には、それこそ査定の準備や対応だけで疲れてしまいます。この点、机上査定を利用すれば、手間も時間もかかりません。

→ イエウールの解説へ

メリット3 マンション売却が得意な不動産会社を選べる

マンションを高く売りたい時は、そのマンションがあるエリアの取り扱いがあり、マンション売却に力を入れている会社に依頼する必要があります。

全国各地に不動産会社はたくさんあります。全国に支店があり、日本中の不動産に幅広く対応している会社もあれば、地元に密着して丁寧な対応を売りにしている地域密着型の中小の会社もあります。

近くの不動産会社を適当に選んで査定依頼をしてしまった場合、その不動産会社がそもそもそのエリアに対応しているかもわかりませんし、マンションの売却が不得意であることもあります。そのことを知らず、不適切な会社に仲介を依頼してしまうと、損をしてしまいます。

不動産比較サイトを利用すると、そのマンションの取り扱いに向いている不動産会社を選ぶことができます。

メリット4 しつこい営業がない

不動産比較サイトは優良な不動産会社のみを集めているため、しつこい営業が来ることはありません。「どうなりましたか?」「売却しませんか?」のように、メールや電話がしつこく来ることはないため、安心して利用ができます。

メリット5 無料で利用できる

不動産比較サイトの利用は一切無料です。仮に査定の依頼をして、査定額に納得いかず、売却をしなかったとしても、お金がかかることはありません。すべて無料で利用ができますので安心です。

→ 60秒でできる不動産無料査定の解説へ

メリット6 対応の良い不動産会社を選べる

不動産比較サイトを利用する場合、複数の不動産会社から査定報告があります。気になる会社には連絡を取って、詳細を確認したり、疑問をぶつけてみることもあります。

このとき、不動産会社によって対応は異なります。すぐに連絡をしてくれる会社もあれば、そうでない会社もあります。メール連絡が主な会社もあれば、電話連絡が主な会社もあります。対応が親切で、丁寧に質問に答えてくれる会社もあれば、そうではなくぞんざいな会社もあるでしょう。

不動産比較サイトを利用すると、いくつかの不動産会社とコンタクトを取るので、それぞれの対応を比較することができます。査定額だけでなく、気持ちよく取引ができる会社を選ぶことが可能です。

4.不動産比較サイトを使うデメリット

不動産比較サイトの利用に大きなデメリットはありませんが、唯一あるとすれば、不動産会社から少なからず連絡が来ることです。

デメリット

不動産比較サイトを利用する場合、複数の不動産業者に査定を依頼することになりますので、査定結果についてなど、少なからず不動産会社から連絡がきます。しつこい営業はありませんが、その連絡を面倒に思う方もいるかもしれません。

しかし、マンション売却には、不動産会社と連絡を取ることは必須です。マンションを失敗せず高く売るために、不動産会社とのコミュニケーションはしっかり取るようにしましょう。

5.その他のマンション売却方法

マンションを売却する際には、不動産比較サイトを利用する以外にもいくつか方法があります。その方法を4つご紹介します。

マンション売却方法

方法1 近くの不動産会社に仲介を依頼する

マンションを売却する際、不動産比較サイトを利用しない場合には、自分で不動産屋を探すことになります。自宅近くの不動産屋に行って査定依頼を出す方法がありますが、この場合、通常その1社にしか査定依頼をしないので、その査定結果が適正な内容かどうかは判断しにくいです。

相場より不当に低い価格をつけられていても気がつくことは難しいので、不動産比較サイトを利用したほうが賢い選択と言えます。

方法2 知り合いの不動産屋に仲介を依頼する

知り合いの不動産屋に仲介依頼をする方法がありますが、「頼りない」と感じて途中で不動産屋を変えたいと思っても、知り合いに気を使ってしまい、なかなか言い出すことができなかった人は多くいます。結局、その不動産屋に最後まで依頼することになってしまい、納得のいかない結果となっても受け入れざるを得なくなってしまいます。

マンションの売却は人生の中でも大きな出来事です。知り合いに頼むよりも、不動産比較サイトを利用したほうが良いでしょう。

方法3 不動産会社に買い取ってもらう

マンションを売却する方法には、マンションを不動産会社に買い取ってもらう方法があります。

不動産会社の中には、マンションの買い主を見つけて売却の仲介をするだけではなく、不動産会社自体がマンションを買い取ってくれるサービスをしているところはたくさんあります。このような不動産会社は、買い取ったマンションを自分でリフォームするなどして再販売します。

マンションを直接不動産会社に買い取ってもらうと、すぐにマンションを現金化できるメリットがあります。買い主を探して価格交渉などをする必要がないからです。

面倒な内覧に応じる必要もありませんし、リフォームも不動産会社が負担するので、売却前のリフォーム費用をかける必要もありません。また、不動産会社に直接買い取ってもらった場合には、仲介手数料が無料になる場合もあります。

ただし、不動産会社にマンションを買い取ってもらう場合、買い取り価格は市場価格よりも相当安くなりますので注意が必要です。具体的には、実勢価格の7割~8割程度の価格でしか買い取ってもらうことができません。

すぐに現金化できる反面、マンションをなるべく高額で売ることはできませんので、少しでも高く売りたい時は買い取りサービスの利用はおすすめできません。

方法4 自分で買い主を見つける

通常、不動産を売却する場合には不動産会社に仲介を依頼しますが、自分で良い買い主を見つけることができるのであれば、仲介を介さずに直接売却することが可能です。この場合には不動産会社の仲介手数料もかかりませんし、相手方との交渉内容次第で高値で売ることも可能です。

しかし、自分でマンションの購入希望者を見つけるのはかなり困難です。通常は買い主の方も不動産会社に仲介を依頼しますし、マンションを購入する場合には不動産会社の広告などをチェックしますので、個人が自分で購入希望者を募っても、なかなか購入の希望が寄せられることはありません。

そのため、自分で買い主を見つける場合には、知り合いなどに売却するケースに限られてきます。しかしこの場合、後日トラブルになる可能性が高いです。

不動産仲介業者が入っていれば、マンションの状態をきちんと確認した上で契約書を交わし、後々問題が起こりにくいように措置をしてくれますが、当事者同士で契約した場合には、これらのトラブル予防の措置を充分に行うことができません。

後日、買い主から思ってもみなかったような苦情が寄せられて、修繕費用や賠償金を要求されるリスクなどもあります。よほどの事情がない限り、当事者同士でマンションを売買する方法は避けた方が良いでしょう。

6.まとめ

マンションを高値で売却するためには、相場を調べることが何より重要です。マンションのある近隣の不動産の取引情報などをチェックし、大体のマンションの相場を把握した上で、不動産比較サイトを利用して査定額を調べましょう。

不動産比較サイトを利用する以外にもマンションを売却する方法はいくつかありますが、そのどれもデメリットが多く、おすすめできません。

不動産比較サイトを使ってマンションの相場を賢く調べ、できるだけ高値でマンションを売却しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事