【保存版】安全に借りれる中堅消費者金融と選ぶ時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
中堅消費者金融0

大手消費者金融なら安心してお金を借りることができますが、金融ブラックで大手では借りられない、もしくは申し込みはしたものの、審査に落ちてしまったという方もいらっしゃると思います。

それでも何とかお金を借りる方法がないかと考えた時、まず思いつくのが中堅消費者金融の存在ではないでしょうか。ですが、中堅消費者金融の場合、大々的に宣伝をしていないために情報が少なく、安全な業者を見極めるのは非常に難しいと言えます。

そこで今回は、安全な中堅消費者金融の情報と、違法業者との見極め方について具体的にご紹介します。中堅消費者金融での借入を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1.安全な中堅消費者金融か判断する1つの基準

大手消費者金融と違い、中堅消費者金融からお金を借りる場合は、その安全性についてとにかく念入りに確認する必要があります。その理由についてご存じの方も多いとは思いますが、ご想像のとおり闇金のような違法業者が隠れていることがあるからです。

世間では「中堅消費者金融=闇金」というイメージを持たれることもありますが、これは大きな間違いです。たとえ大手ではなくても、きちんと登録を受けた業者であれば、それは法律に則った安全な金融機関です。

問題は数ある中堅消費者金融の中から、どのようにして安全な業者を探すかということになりますが、ここで役立つのが「賃金業登録番号」です。賃金業登録番号とは、財務局や各都道府県から、賃金業者として正式な登録を受けた業者に割り当てられる番号で、会社のHPや広告など、宣伝媒体には必ず登録番号を記載しなければなりません。

つまり広告などに正しい登録番号の記載がある場合、それは安全な業者であると判断することができます。

2.中堅消費者金融を選ぶ際の3つの注意点

安全な中堅消費者金融を見極めるには、賃金業登録番号を確認することとお伝えしてきましたが、それとあわせて確認しておきたいポイントがいくつかあるのでご紹介します。

注意1 登録番号は正しいか

賃金業登録番号については、消費者金融のHPや広告を見るだけでなく、本当にその番号が正しいものかどうか必ず確認してください。確認方法する際は金融庁のHP上にある、「賃金業者検索ページ」を利用しましょう。

金融庁 登録賃金業者情報検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

注意2 金利は20.0%以下か

消費者金融の貸付金利は、上限20.0%までと法律で決められています。これは業者の規模に関わらず、すべての消費者金融に当てはまります。

また、支払いを延滞してしまった場合に発生する遅延損害金の金利についても、20.0%を超えることはありませんので、これ以上の金利を設定している業者からは、絶対にお金を借りないようにしましょう。利息制限法で定められた利用限度額ごとの上限金利については、以下のとおりです。

お金貸して1

注意3 連絡先が携帯電話の番号ではないか

正式に賃金業の届出をする際には、連絡先に必ず固定電話の番号が必要です。闇金などの違法業者の場合、取締りのリスクを恐れ特定の場所に店舗を構えていないことが多いので、連絡先が携帯電話の番号になっている場合があります。申し込みをする消費者金融の広告などに、固定電話番号と住所が記載されているかも、最低限確認しておきましょう。

3.正式な登録を受けた中堅消費者金融

正式な登録を受けた中堅消費者金融をいくつかご紹介します。安全な業者を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

その1 株式会社セントラル

  • 金利4.80%~18.00%
  • 限度額100万円
  • 振込キャッシングなら来店不要
  • 即日融資可能
  • レディースキャッシングあり

セントラルは愛媛県に本店を置く消費者金融ですが、全国で利用することができます。申し込み方法はネットまたは自動契約機からの2種類で、いずれの場合も審査に通れば即日融資が可能です。借り入れや返済には、セントラルATMまたは店舗が利用でき、自動契約機の営業時間は21時、ATMについては24時まで土日祝日に関わらず利用可能となっています。

その2 フクホー株式会社

  • 金利7.30%~20.00%
  • 初回の借り入れは50万円まで
  • 全国どこでも来店不要
  • 即日融資可能
  • レディースキャッシングあり

フクホーは創業45年と、それなりに歴史のある大阪の消費者金融です。申込はネットから24時間可能ですが、ネットや電話で申し込む場合は、審査後に郵送での契約手続きとなります。店舗での申込なら契約手続き完了後、その場で融資をしてもらえますので、お急ぎの方は店舗での申し込みを検討しましょう。

その3 いつも(株式会社K・ライズホールディングス)

  • 金利7.0~18.0%
  • 限度額50万円
  • 全国どこでも来店不要
  • 即日融資可能

ネットから24時間申し込み可能。借り入れや返済は店舗やATMのほか、振込キャッシングにも対応しています。振込キャッシングについては、24時間365日いつでも最短1分で完結するなど、大手消費者金融にも劣らないサービスが魅力です。

その4 有限会社プラン

  • 金利15.00%~20.00%
  • 限度額50万円
  • 全国どこでも来店不要
  • 即日融資可能

申込はネットから24時間可能です。審査後に来店できる場合は、その日のうちに借入ができますが、来店が難しい場合は郵送での契約手続きとなるため、借り入れまでには数日かかります。10万円までの借り入れであれば毎月の返済額は2,000円と、比較的返済時の負担は少なく済みそうです。

その5 ライフティ株式会社

  • 金利8.00%~18.00%
  • 限度額500万円
  • 全国どこでも来店不要

申込はケイタイやスマホから24時間いつでも可能です。利用限度額は1,000~500万円までと幅広く、借り入れや返済時には全国のセブン銀行ATMが使えるのもポイントです。月々の最低返済額は5,000円からとなっており、返済についてはネットバンキングの利用も可能です。

4.中堅消費者金融の審査の現実

中堅消費者金融の審査が大手に比べて柔軟とはいえ、当然ですが誰でも審査に通るわけではありません。中小消費者金融の審査でも職場への在籍確認や、信用情報については大手同様しっかりと調べられますし、現時点で支払いの延滞がある場合はいくら中小消費者金融といえど、融資をしてくれる業者は無いでしょう。

ただ、中小消費者金融の場合、数千円からと少額単位での借り入れができる業者もあるので、申し込み時点で返済能力があると判断されれば、少額でも借り入れができる可能性はあります。

5.できる限り大手消費者金融を選ぶのが1番

今回は大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合を前提に、中小消費者金融をいくつかご紹介しましたが、金利や安全性の面では、やはり大手の消費者金融にはかないません。大手に絞れば闇金につかまる心配もありませんし、無利息期間などを利用すればかなりお得に借りられます。

大手に既に断られてしまった場合はともかく、初めて消費者金融を利用する方については、まずは「プロミス」や「アコム」など、大手の消費者金融への申し込みをおすすめします。

プロミス

プロミスまるばつ表

 

アコム

アコムチェックリスト

 

6.まとめ

今回は安全な中堅消費者金融の見極め方についてご紹介しました。大手以外はすべて危険な業者という認識は間違いですが、中堅消費者金融から借りる場合、違法業者との見極めという意味ではかなりのリスクを背負うことになります。もしも闇金から借りてしまった場合は本当に取り返しのつかない事態になりかねないので、必ず申し込む前に念入りな情報収集を行いましょう。

また、中堅の場合は比較的金利が高いため、しっかりと返済計画を立て、どのくらい利息がかかるのかも事前に把握しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事