アコム

低金利の学生ローン5社を比較|お金を借りる前に知っておきたい学生ローンの基礎知識を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
低金利なローンを探す学生さん

消費者金融の学生版と言える学生ローンは大手よりも低金利で借入ができるため、アルバイトで収入を得ている方でも利用しやすいのが特徴です。

実際に学生ローンで借りるなら少しでも低金利な金融会社を選びたいですよね。今回は学生ローンの特徴と、特に低金利でおすすめの金融会社をご紹介します。

借入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

1.低金利でおすすめの学生ローン5社比較

学生ローンの中でも特に低金利でおすすめなのは次の5社です。5社ともに融資限度額は最高50万円までとなっています。

どの金融会社も振込融資に対応しているので来店の必要はなく、即日融資も可能です。いずれも国の登録を受けた安全な金融会社なので、安心して申し込むことができます。

おすすめ学生ローン5社

なお、学生ローンを利用できるのは主に大学生、短大生、専門学生ですが、実際は社会人でも利用できる金融会社も多いです。

金融会社によっては20歳以上の方しか申し込めないところもあるので、ホームページなどであらかじめ申込条件を確認しておきましょう。

学生ローンに申込時に必要な書類は次の通りです。

  • 運転免許証や保険証などの本人確認書類
  • 学生証
  • キャッシュカード(振込による借入を希望する場合)

2.学生ローン3つの特徴

学生ローンの主な特徴をまとめました。

特徴1 大手消費者金融よりも低金利

学生ローンはアコムやプロミスといった大手消費者金融に比べて若干金利が低めに設定されています。大手の場合、上限金利ほとんど年18.0%なので、1.0%でも低い金利で借りられるのは嬉しい限りです。

消費者金融金利年利用限度額
アコム3.0%~18.0%1~800万円
プロミス4.5%~17.8%1~500万円
アイフル4.5%~18.0%500万円
モビット3.0%~18.0%1~800万円

特徴2 借入と返済方法

学生ローンの借入と返済方法は一般的に店頭での手渡しもしくは銀行振込です。大手消費者金融のようにコンビニなどのATMを利用できる金融会社は少ないので、正直それほど利便性は高くありません。

特徴3 親や学校にバレずに借りられる

お金を借りることが親や学校にバレてしまわないか不安な方も多いと思いますが、学生ローンの契約に親や学校の同意は不要なので、借入の事実を周りに知られることはまずありません。

ただし、契約書類など自宅に届く郵送物を見られてしまい、家族にバレてしまう可能性はあります。契約書類は送る際に業者名を伏せてくれる場合もあるので、心配な方はそういった対応をしてもらうと良いでしょう。

3.学生ローンで借りれる限度額の目安

学生ローンは消費者金融の一種なので、学生ローンでの借入は総量規制の対象になります。

総量規制とは「貸金業者からの借入額の合計を年収の3分の1まで」とする規制で、主に消費者金融や信販会社からの借入に適用されます。そのため、すでに貸金業者から年収の3分の1相当の借入がある場合、それ以上借りることはできません。

仮に10万円を借りたい場合は年収30万円以上、30万円借りるなら90万円以上の年収が必要ということになります。

学生ローンで借りられるのは年収の3分の1までと覚えておきましょう。

4.学生がお金を借りる時の2つの注意点

学生がキャッシングをする際は次の点に十分注意してください。

注意1 延滞をしない

借入をする際には事前に無理のない返済計画を立て、延滞をしないよう注意しましょう。

延滞をすると信用情報に延滞履歴が登録され、今後ローンなどが組めない状況に陥る場合があります。社会人になってからの生活を守るためにも、毎月の返済はしっかりと行いましょう。

また、延滞をすると自宅に督促状が送られてきたり電話がかかってくる場合もあるので、家族に内緒にしている方はその点も十分注意が必要です。

注意2 借入額は必要最低限にする

場合によっては当初の希望額よりも融資限度額が高額になるケースもあります。しかし、借りられるだけ借りてしまうと、当然返済時の負担は大きくなります。

返済実績を積むと追加融資を持ちかけられることもありますが、学生ローンやカードローンの金利は決して低いとは言えませんので、無理なく返済できるよう、借入額はあくまで必要最低限に止めておきましょう。

5.学生ローンよりも便利な五つ星カードローン

学生ローンよりも便利な五つ星カードローンをご紹介します。利便性が高いカードローンを利用したい時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

学生ローンは大手消費者金融に比べると金利や審査の面でメリットはあるものの、使い勝手の良さという意味では一般的なカードローンに劣ってしまいます。

未成年の学生はともかく、20歳以上の方は大手消費者金融からの借入もあわせて検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket