アコム

ライフカードでキャッシングする方法を徹底解説!支払利息を減らして損せずお得にお金を借りよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードでキャッシングする男性

急な冠婚葬祭や引っ越しなどでどうしてもお金が必要になることってありますよね。

給料日前なのに返済に追われてしまい、生活費が足りなくなってしまった方もいるでしょう。

そんな時、ライフカードを持っているならライフカードを使ったキャッシングで24時間お金を借りることが可能です。

この記事では、ライフカードでキャッシングするやり方や支払利息を抑えるコツなどをまとめました。

ライフカードでキャッシングする具体的な手順もご紹介していますので、ピンチな時でも対応できるようにぜひ確認してみてください。

1.ライフカードでキャッシングする具体的な2つのやり方

ライフカードでキャッシングする具体的なやり方をご紹介します。

やり方1 ATMから借りる

キャッシング枠付きのライフカードを持っている時は、国内14万台以上の銀行・信用金庫・郵便局・コンビニ・スーパーなどに設置してあるATMから1万円単位でお金を借りることができます。

キャッシングする時のATM手数料は1万円以下なら100円+税、1万円以上なら200円+税です。

ライフカードを使って提携ATMからキャッシングする手順は簡単で、キャッシュカードでお金を引き出すのとほぼ同じ操作でお金を借りられます。

<ATMからキャッシングする操作方法>

  1. ATMの画面から「お引出し」か「クレジットカード」を選択
  2. ライフカードをATMに挿入
  3. 暗証番号4ケタを入力
  4. 借入希望額を1万円単位で入力
  5. カード、利用明細書、現金を取り出す

なお、キャッシングの返済は口座引き落としか銀行振込になり、提携ATMからはできないので注意しましょう。

やり方2 振込キャッシングで借りる

ライフカードは振込キャッシングも利用可能です。振込キャッシングは「ネットキャッシング」や「テレフォンキャッシング」で手続きができます。

[ネットキャッシング]

ネットキャッシングを利用する時は会員専用WEBサービス「LIFE-Web Desk」の登録(無料)が必要ですが、キャッシング利用額1万円以上から1円単位の希望額で24時間申込が可能で、振込手数料も無料です。

なお、平日0:00~10:00までに申込をすると当日16:00までにカード引き落とし銀行口座にお金が入金されます。

平日10:00以降、土日祝日、金融機関の休業日に申込をした場合は翌営業日に振込となるので、どうしても当日中にお金を借りたい時は提携ATMを利用すると良いでしょう。

<ネットキャッシングする手順>

  1. 「LIFE-Web Desk」にログイン
  2. 利用カードを選択
  3. 借入希望額を入力
  4. 支払方法(一括払い・リボ払い)を選択
  5. 暗証番号を入力
  6. 内容を確認し、「申込み」を選択したら完了

[テレフォンキャッシング]

テレフォンキャッシングで振込手続きをする時は、ライフカードインフォメーションセンターに電話をします。

ライフカードインフォメーションセンター
045-914-7003

ネットキャッシングと同様にキャッシング利用額1万円以上から1円単位の希望額で申込が可能です。

インフォメーションセンターは土日祝日含め8:00~23:00まで対応していて、平日11:00までに手続きをすれば当日中にカード引き落とし銀行口座にお金が振り込まれます。

平日11:00以降や土日祝日に手続きをした場合は翌日以降の振込になります。

手続き完了時間振込タイミング
平日8:00〜11:00 当日中
平日11:00以降、
土日祝日
翌営業日

<電話でキャッシングする手順>

  1. ライフカードインフォメーションセンターに電話
  2. はじめに「*」を2回押す
  3. 「21+#」を入力
  4. ライフカード番号と「#」を入力
  5. 暗証番号と「#」を入力
  6. 音声ガイダンスに従って申込み完了

2.ライフカードキャッシングのメリット

ライフカードキャッシングのメリットは海外でキャッシングができることです。

ライフカードは「VISA」「MasterCard」「JCB」のマークが付いた海外の100万台以上の提携ATMから現地通貨を借りられます。

海外ATMでキャッシングをする場合はATM手数料が1万円以下は100円+(税)、1万円以上は200円+(税)がかかります。

国内や海外旅行先の空港や駅などにある両替所で現地通貨を変えると両替手数料が高いことがあるので、ライフカードの海外キャッシングの方がお得に現地通貨を手にすることができます。

例えば10万円分を国内や海外の両替所で両替する場合、為替レートの変動などによって異なりますが、両替手数料は2,000円〜5,500円ほどかかります。

それに対し、海外キャッシングの場合は支払利息と海外ATM手数料を含めても1,695円程度で済みます。

10万円×金利年18.0%÷365日×30日=1,479円(支払利息)+海外ATM手数料200+(税)=1,695円

あらかじめ現地通貨に両替する必要もないですし、海外で現金が無くなってしまった場合などでも対応できます。

海外でキャッシングを利用したい時は、事前にキャッシング枠を確認しておくと良いでしょう。

海外でキャッシングした場合の返済方法は一括払いになりますが、後からでもリボルビング払いに変更可能です。

ただし、ライフカードの支払い設定が「リボルビング払い専用」になっている場合があるため、その際は一括払いへの変更はできないので、海外キャッシングする前に会員専用ページで確認しておくと良いでしょう。

<海外ATMからキャッシングする手順>

  1. ライフカードをATMに挿入
  2. 「ENTER YOUR PIN*THEN PRESS ENTER」と画面が出たら4ケタの暗証番号を入力し、ENTERを押す
  3. 「SELECT TYPE OF TRANSACTION」が表示されたら「CASH WITHDRAWAL(引出し)」を選択
  4. 「SELECT ACCOUNT」になったら「CREDIT CARD(クレジットカード)」を選択
  5. 借入金額を入力後、ENTERキーを押す。キャッシングしたい金額がない場合は「PLEASE ENTER AN AMOUNT」を選択して借入金額を入力し、ENTERキーを押す
  6. 「PLEASE TAKE CASH」の表示になれば、現金を引き出す

3.ライフカードキャッシング2つのデメリット

ライフカードキャッシングのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 無利息期間がない

ライフカードには無利息サービスがないためキャッシングを利用した場合は必ず利息がかかります。

無利息サービスとは「30日間無利息」のように無利息期間中は一切利息がかからないサービスのことです。

仮に30万円を借りた場合、無利息サービスがあるカードローンとライフカードではどのくらい支払利息に差が出るのかを比較してみました。

30日間無利息は無利息サービスがあるカードローンの金利年18.0%、無利息期間なしはライフカードキャッシングの年18.0%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数=利息」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円4,438円
60日4,438円8,876円
90日8,876円13,315円
120日13,315円17,753円
150日17,753円22,191円
180日22,191円26,630円

無利息期間中の利息は1円もかからないため、同じ金利でも無利息サービスがあるカードローンの方が4,438円も支払利息を抑えることができます。

キャッシングするならライフカードを利用するよりも無利息サービスがあるカードローンの方が断然お得です。

例えば「10分後に5万円必要」のようにすごく急いでいる時はライフカードのキャッシングで対応した方が良いですが、無利息期間があるカードローンは最短60分で借りることができるので、1時間ほど待てる場合はカードローンを検討してみてください。

無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

デメリット2 金利が高い

ライフカードキャッシングのデメリットは金利が高いことです。有名なクレジットカードや消費者金融、銀行カードローンの金利を見てみましょう。

クレジットカード、消費者金融、銀行の金利の比較

ライフカードで100万円未満のお金をキャッシングする場合、金利は年18.0%が適用されるため消費者金融の上限金利とほとんど変わりません。

なお、短期間の利用なら無利息期間があるカードローンの方がお得ですが、借入期間が長くなる場合には低金利の銀行カードローンの方がおすすめです。

ほとんどの銀行カードローンには無利息期間はありませんが、金利が低い分、利息も抑えられます。

長期間の目安は180日(6ヶ月)以上の借入です。

例として30万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である年14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

180日以上のキャッシングなら無利息期間があるカードローンより銀行カードローンの方がお得になることがわかります。

180日以上の借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

4.キャッシングの支払利息を抑える2つのコツ

支払利息を抑えるコツをご紹介します。

コツ1 できるだけ翌月一括払いで返済する

ライフカードでキャッシングする時はできるだけ翌月一括払いで返済しましょう。

翌月一括払いは「前月末までの利用額」+「利用した日の翌日から返済日までの日数分の利息額」を翌月27日、または翌々月3日に返済する方法です。(金融機関によって返済日は異なる)

キャッシング利用額をまとめて返済できるので、支払利息も少なくすることができます。

[例 返済日が翌月27日の場合]

3月25日に5万円を金利年18.0%でキャッシングしたら、4月27日に「5万円+813円(33日間の利息額)=50,813円」を返済することになります。(利息の計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

5万円を借りた時の支払利息は813円と少額ですが、できるだけ利息を抑えるなら翌月一括払いで返済することをおすすめします。

なお、一括払いに選択した後でも返済日のおよそ一週間前から「あとからリボ払い」に変更も可能です。

<一括払いからリボ払いに変更する手順>

  1. LIFE-WEB-DESKにログイン
  2. 「あとからリボ払いはこちら」を選択
  3. 「当月支払い分を明細別にリボ変更する」か「翌月以降支払い分を明細別にリボ変更する」のいずれかを選択
  4. リボ払いに変更したい明細項目にチェックを入れる
  5. 変更する項目を確認して、「リボ払い変更」を選択すると完了

リボルビング払いはキャッシング利用額や件数にかかわらず、毎月の返済額がほぼ一定になる返済方法で、毎月の返済額は前月末の元金残高で変動します。元金残高に対する返済額は次の通りです。

元金残高返済額
1円〜20万円1万円
20万円以上〜40万円2万円
40万円以上〜60万円3万円
60万円以上〜80万円4万円
80万円以上〜100万円5万円
100万円以上〜120万円6万円
120万円以上〜140万円7万円

例えば30万円を金利年18.0%でキャッシングした場合、返済回数は30回、利息総額は60,384円で総返済額は360,384円になります。

元金残高が20万円以上の返済額は20,000円、20万円以下になると月々10,000円の返済をしていきます。

ライフカードで30万円キャッシングした時の返済シミュレーション

ライフカードで30万円キャッシングした時の返済シミュレーション2* ライフカードキャッシング返済シミュレーションで計算

30万円を翌月一括払いとリボルビング払いにした時の利息の差を比べてみましょう。

ライフカードで30万円キャッシングした時で一括払いの返済シミュレーション

30万円を借りた時の翌月一回払いの支払利息は4,438円でしたが、リボルビング払いの場合は60,384円も余分に利息がかかってしまいます。

利息を抑えるためにも、できるだけ翌月一括払いでの返済をおすすめします。

コツ2 繰り上げ返済を上手に活用する

支払利息は日割り計算なので返済期間が長くなるにつれて増えていきます。

できるだけ利息を減らすためにも全額や一部の繰り上げ返済をしていきましょう。

翌月一括払いの場合でもキャッシングした金額と日数により利息がかかるため、返済日より早めに繰り上げ返済をすれば支払利息は抑えることができます。

リボルビング払いの場合、元金によって変動しますが毎月の返済を一定額にできるので支払いは楽になります。

しかし、その分返済期間は長くなるので利息もどんどん増えていきます。

ライフカードで20万円を金利年18.0%で借りた時の元金に対する返済額は10,000円ですが、仮に返済額を1,000円ずつ増やしていった場合、利息総額と返済回数はどう変わっていくのか見てみましょう。

ライフカードの利息総額と支払総額、返済回数* 残高スライド元利定額方式の返済シミュレーションで計算

毎月10,000円返済していく場合の利息総額は39,554円ですが、11,000円の時は35,290円と、1,000円変わるだけでも利息を4,264円も減らすことができます。

毎月15,000円に場合の支払総額は24,807円で毎月10,000円の時と比べると14,747円も利息を抑えられます。返済回数も9回少なくなります。

元金に対する返済額のみ返済していれば利用上は問題ありませんが、毎月の支払額を増やして返済回数を減らしていけば、余分な支払利息を大きく節約することができます。

できるだけ利息を減らすためにもお金に余裕がある時には積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。

繰り上げ返済をするにはライフカードの電話窓口でキャッシング・リボルビング払い額変更の手続きが必要になります。

一部の入金する場合は事前に振込予定日と入金希望額の内容を電話窓口オペレーターに連絡すれば入金受付手続きができます。

キャッシング・リボルビング支払額の変更窓口
045-914-7003

5.ライフカードを利用する時の注意点

ライフカードの利用可能枠には「カード総利用枠」「内ショッピング利用可能枠」「内キャッシング利用可能枠」があります。

内ショッピング利用可能枠と内キャッシング利用可能枠の利用合計がカード総利用枠を超えない範囲で利用することができます。

例えば「カード総利用枠」が100万円、「内ショッピング利用可能枠」も100万円、「内キャッシング利用可能枠」は50万円のライフカードを持っているとします。

カード総利用枠100万円
内ショッピング利用可能枠100万円
内キャッシング利用可能枠50万円

内ショッピング利用可能枠を全く利用していない場合、内キャッシング利用可能枠の50万円までキャッシングすることができます。

すでに内ショッピング利用可能枠で60万円を利用している場合は、カード総利用枠は100万円までなのでキャッシングで利用できるのは40万円が限度枠です。

100万円(カード総利用枠)-60万円(内ショッピング利用可能枠)=40万円(内キャッシング利用可能枠)

仮にこのカードで30万円キャッシングした場合には、ショッピングで利用できる金額は70万円になります。

100万円(カード総利用枠)-30万円(内キャッシング利用可能枠)=70万円(内ショッピング利用可能枠)

このように内ショッピング利用可能枠と内キャッシング利用可能枠ごとに利用できる金額が決まっていて、なおかつその合計がカード総利用枠を超えない範囲なら利用できるということです。

内ショッピング利用可能枠の100万円と内キャッシング利用可能枠の50万円の合計150万円まで利用できるわけではないので気をつけましょう。

なお、利用可能枠は基本的にショッピング枠よりもキャッシング枠の方が低めに設定されています。

6.ライフカードのキャッシング枠の増額方法

キャッシング枠を増額したい場合は会員ページや郵送、電話から増額申請の手続きができます。

増額申請をすると審査があるため、1週間ほどで審査結果が郵送物で送られてきます。

増額申請には収入証明書類が必要になることもあるので、2ヶ月分の給与明細や源泉徴収票などの書類をあらかじめ用意しておくと安心です。

キャッシング枠の増額する方法は次の通りです。

<会員ページで増額申請する場合>

  1. 会員ページ「LIFE-Web Desk」にログイン
  2. 「カードご利用可能枠増額の申込み」を選択
  3. 借入希望額を選択
  4. 申込内容の確認後、申込

<郵送で増額申請する場合>

郵便で増額申請する場合はライフカードの公式サイトから「申込書」と「送付用封筒」をプリントアウトして、必要事項の記入後ライフカード会社へ送れば審査が行われます。

こちらからダウンロードができます。(http://www.lifecard.co.jp/info/douiy.html

もし、プリントアウトができない場合は公式サイトの「ご利用可能枠増額申込」から資料請求の申込をすると自宅に増額申込書が届くので、必要事項の記入後返送すれば大丈夫です。

<電話で増額申請する場合>

電話で利用可能枠増額の申込をする場合はインフォメーションセンターに電話をします。受付時間は9:30〜17:30で日曜と1/1〜1/3は休業日になります。

インフォメーションセンター
045-914-7003

7.知って得するライフカードの豆知識

ライフカードでショッピングした場合の基本ポイントは利用額1,000円につき1.0ポイントが付きます。

ライフカードには次のようなLIFEサンクスプレゼントがあり、

  • 入会後1年間はポイント5倍
  • 誕生月は基本ポイント3倍
  • 年間50万円以上のショッピング枠を利用した場合300ポイント

さらに1年間の利用金額に応じてポイントが貯まるステージ制プログラムもあります。

ライフカードのステージ制プログラム

また「L-Mall」(ライフカードが運営している会員限定のショッピングモール)のネットショップや旅行予約をすると最大25倍のポイントも付きます。

人気ネットショップは約500店以上もあり、中でもよく利用されているのは次のショップです。

  • 楽天
  • ヤフオク
  • じゃらん
  • I.S
  • 高島屋オンラインストア
  • 大丸松坂屋オンラインショッピング

ライフカードのポイントは最長5年間無くなることがないので多くのポイントが貯められるクレジットカードと言えるでしょう。

なお、ライフカードでポイントが付くのはショッピング枠を利用した時だけです。

キャッシングではポイントが付かないため、ポイントを貯めることが目的の場合はショッピング枠を利用しましょう。

8.キャッシング枠付きのライフカードを作りたい時の申込手順

キャッシング枠付きのライフカードを作りたい時の申込手順をご紹介します。

ケース1 初めてライフカードを作る場合

ライフカードにはたくさんの種類があります。キャッシングができるライフカードの主な種類と利用可能枠、金利を見ていきましょう。

ライフカードの主な種類と利用可能枠、金利

ライフカードと学生専用ライフカードの年会費は無料ですが、ライフカードゴールドは10,000円、トッピングカードは1,250円、その他のカードは初年度0円で2年目から1,250円の年会費がかかります。

最も利用しやすいのは年会費がずっと無料なライフカードですが、自分の目的別でライフカードを選ぶと良いでしょう。

例えば満18歳以上25歳以下の大学生や専門学生なら「学生専用ライフカード」をおすすめします。

最高1億円の旅行損害保険を付けたい時や全国主要空港のラウンジが無料で利用したい場合は「ライフカードゴールド」を利用しましょう。

電子マネーや保険などのサービスを自由にトッピングしたい時はトッピングカードが良いでしょう。

<初めてライフカードに申し込む時の手順>

  1. ネットから申し込む
    申込者の必要な情報を入力します。
  2. 引き落とし口座の設定
    オンライン申込画面の「インターネットから手続き」を選択し、引き落とし口座の金融機関の設定をします。支払口座の入力が完了後、受付完了メールが届きます。
  3. 審査
    審査結果がメールで届きます。
  4. カード発行
    無事に審査に通れば、自宅に簡易書留郵便でカードが届きます。
  5. 会員専用WEBサービス「LIFE-Web Desk」の登録
    ライフカードが届く前後にLIFE-Web DeskのログインIDがメールで届くので、パソコンやスマホからLIFE-Web Deskの登録をします。

ケース2 追加でキャッシング枠を付けたい場合

すでにライフカードを持っている場合は追加でキャッシング枠を付けることができます。この際にも審査が行われるため、約1週間程度で審査結果がメールで届きます。

追加でキャッシング枠を付ける時は「ネット」「郵送」「電話」から申し込む事ができます。

<ネットから申し込む>

  1. 会員専用WEBサービス「LIFE-Web Desk」にログイン
  2. 「カードご利用可能枠の増額申込み」を選択
  3. 借入希望額を入力
  4. 増額内容の確認後、申込み

<郵便から申し込む>

  1. ライフカードの公式ページの「ご利用可能枠増申込み」を選択
  2. 「申込書をプリントアウトする」を選
  3. お届け用紙と返信用封筒をダウンロードしたらプリントアウト
  4. 必要事項を記入後、ライフカード会社に送る

なお、プリントアウトできない場合は公式ページの「ご利用可能枠増申込み」から資料請求をする必要があります。

お届け用紙と返信用封筒のダウンロードはこちら
http://www.lifecard.co.jp/info/download.html

<電話から申し込む>

電話でカードご利用可能枠の増額申込みをする場合はライフカードインフォメーションセンターにかければ申し込む事ができます。受付時間は9:30〜17:30で日曜日と1/1〜1/3は休業日になります。

ライフカードインフォメーションセンター

045-914-7003

9.クレカよりもお得なカードローン

キャッシングでお金を借りるならクレジットカードよりもカードローンの方がお得です。クレジットカードはショッピング枠の利用がメインなのに対し、カードローンはお金の借入がメインだからです。

無利息期間があるカードローンを利用すれば利息0円で借りることもできますし、申込をしたその日の内にお金を借りることも十分可能です。

おすすめのカードローンをご紹介しますので、お得に借りたい方はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

10.まとめ

ライフカードには年会費がずっと無料なライフカードや学生専用ライフカードなど種類もたくさんありますし、ポイントも貯めやすいクレジットカードです。自分のライフスタイルに合ったカードを利用しましょう。 

お金を借りるのが目的ならカードローンの方がおすすめですが、急な出費にいつでも対応できるようにするためにも、キャッシング枠が付いているライフカードを持っておいても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket