アコム

審査が甘いカードローンは要注意!審査通過率を上げて即日融資を受けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンの審査に通った男性

「審査に通りやすいカードローンを知りたい…」

どうしてもお金を借りたいがために審査が甘いカードローンを探す人は多いですが、基本的に審査が甘いカードローンはありません。あるとしても闇金である可能性が高いです。

いち早くカードローンを利用したいのであれば、審査が甘いカードローンを探すのではなく、審査通過率を上げて安全なカードローンを利用するのが1番です。

この記事では、カードローン審査通過率を上げるコツや失敗しないカードローンの選び方をまとめました。審査通過率を上げるコツを理解してから、おすすめのカードローンに申込をしてみてください。

1.こんな審査が甘いカードローンは要注意

  • 誰でも融資可能
  • 審査なし
  • 無職OK
  • ブラック、破産者OK など

審査が甘いことをチラつかせ、言葉巧みに勧誘をしてくる消費者金融を利用するのは大変危険です。闇金から借りたら最後、法外な金利の利息を請求されて借金まみれになってしまいます。

闇金以外の消費者金融系や銀行系カードローンで、誰にでも融資をしてくれるカードローンはありません。このように勧誘をしている消費者金融を利用するのは絶対にやめましょう。

2.カードローン審査通過率を上げる6つのコツ

カードローン審査通過率を上げるコツを6つご紹介します。審査通過率の上げ方は間違った情報が多いためぜひ参考にしてみてください。

コツ1 借入件数を減らす

借入件数は少なければ少ないほどカードローン審査では有利になります。すでに複数の消費者金融や銀行カードローンから借入をしている場合には、完済できるカードローンは完済してしまいましょう。

コツ2 キャッシング枠付きのクレジットカードを解約する

クレジットカードのキャッシング枠も借入件数にカウントされます。

たとえ利用していなくてもキャッシング枠が付いているだけで借入件数に含まれますので、利用していないクレジットカードは解約しておきましょう。なお、キャッシング枠が付いていないクレジットカードは解約する必要はありません。

コツ3 借入総額を減らす

借入総額も少ない方がカードローン審査では有利になります。減らせるようであればカードローンに申し込む前に減らしておきましょう。

なお、借入総額よりも借入件数の方が審査では重視されます。借入件数を減らす方を優先しましょう。

コツ4 利用限度額を必要最小限にする

カードローン審査は利用限度額が高いほど厳しくなります。審査に通すためにも必要最小限の利用限度額で申し込むようにしましょう。

コツ5 複数申込をしない

カードローンに申し込むと信用情報機関に申込情報が記録されます。この申込情報が1ヶ月以内に3つ以上ある場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

申込情報が1ヶ月以内に3つ以上あるということは、お金に困っていることが明らかだからです。この状態を「申込ブラック」と言います。

「審査に通すコツは3〜4社のカードローンに一気に申し込むことだ」といった情報を見かけることがありますが、これは全くの間違いです。

審査に通したいのであれば、申込をする消費者金融を2社までに絞るのがコツです。すでに3つ以上の消費者金融や銀行カードローンに申し込んでいる場合には、申込情報が消える6ヵ月後を待ってから申し込むことをおすすめします。

コツ6 審査内容を理解する

カードローンの審査内容をもっと詳しく知ることにより、審査通過率を上げることができます。

なかなか審査に通らない場合には、カードローン会社の審査内容を理解し、審査対策をしてから申し込むようにしましょう。

3.できるだけ支払利息を減らすカードローンの賢い借り方

カードローンには消費者金融と銀行カードローンがあり、銀行カードローンの方が金利が低く設定されていますが、実際には消費者金融を利用した方がお得なケースもあります。

まずは大手消費者金融と銀行カードローンの金利を見てみましょう。

消費者金融と銀行カードローン金利比較

消費者金融の金利は年3.0%〜18.0%なのに対し、銀行カードローンは年1.8%〜14.6%となっています。

金利だけ見ると銀行カードローンを利用した方が支払利息を減らせると勘違いしそうですが、ほとんどの銀行カードローンには無利息サービスがないため、短期間だけお金を借りるなら30日の無利息期間がある消費者金融の方が実はお得です。

短期間の目安は150日(5ヶ月)以内の借入です。

例として30万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方がお得であることがわかります。

無利息期間中に全額返済すれば利息は1円もかかりませんし、それ以外でも無利息期間分の利息を減らすことができます。

180日以上の借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。短期の借入ならこの中から選びましょう。

カードローン無利息期間
アコム初めてなら30日間無利息
プロミス初めてなら30日間無利息
アイフル初めてなら30日間無利息

4.即日融資対応|失敗しない五つ星カードローン

失敗しないカードローンをおすすめ順にご紹介します。土日祝日含め全て即日融資に対応しています。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

審査が甘いカードローンにだまされ、今よりもお金に困ってしまう状態になってしまっては元も子もありません。カードローンを利用したい場合には審査が甘いカードローンを探すのではなく、審査通過率を上げるコツを理解して安全なカードローンに申し込むのが1番です。利用するなら大手消費者金融や銀行カードローンを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket