レイクの賢い返済方法|手数料無料で損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
レイク 返済

レイクでお金を借りるなら、利息の支払い以外の負担はできるだけ無くしたいですよね。

そのためには、手数料無料の方法で返済をするのが1番です。

その点で言えばレイクの返済方法はほとんど手数料無料なので、金銭的な負担はかかりません。

しかし、返済がおっくうにならないように、自分に合った返済方法を選ぶことも大切です。

この記事では、レイクの返済について詳しくまとめました。あなたに合った手数料無料の返済方法を選ぶ参考になればと思います。

1.手数料無料!お得なレイクの返済方法

新生銀行カードローン レイクの返済方法は主に4つありますが、銀行振込以外は全て手数料無料です。

  1. Web返済
  2. 自動引落し
  3. ATM返済(レイクATM・提携ATM)
  4. 銀行振込

最も便利なのはWeb返済です。レイクが対応している金融機関のインターネットバンキングを利用している必要がありますが、スマホやPCから瞬時に返済ができます。銀行やATMに行く必要もありませんし、金融機関の営業時間外でも返済としてすぐに反映されます。

Web返済は都市銀行や地方銀行、第二地方銀行や信用金庫、一部信用組合まで幅広く対応しています。利用したい金融機関に対応しているか事前に確認しておくと良いでしょう。

→ レイクのWeb返済サービス – ご利用可能金融機関一覧へ

次におすすめはATM返済です。コンビニATMも利用できますし、借入も返済も手数料無料です。利便性は高いので困ることは特にありません。返済忘れを無くしたい方は自動引落しをメインに使うと良いですが、次でご紹介するような注意点があります。選ぶならWeb返済かATM返済がおすすめです。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「レイクのATM使いこなし術|手数料無料で借入返済する賢い方法」

2.レイクの返済2つの注意点

新生銀行カードローン レイクに返済する際の注意点を2つご紹介します。

注意点1 自動引落しのみなし期間

自動引落しの返済日は毎月14日か27日から選ぶことができ、指定の返済に代行会社の株式会社アプラスによって引落しされます。引落しデータは代行会社から新生銀行へ遅れて届くため、一旦引落し日に引落されたものとして扱う「引落しみなし期間」が設けられています。

レイクの引落しみなし期間出典 レイク ご返済方法 – 金融機関からの自動引落し

レイクの自動引落しは他のカードローンとは若干異なりますので注意しましょう。なお、返済日が金融機関の定休日と重なった時は、翌営業日が引落し日になります。

注意点2 自動引落しの残高不足

返済方法を自動引落しにしていて、残高不足で返済日に引落しができなかった場合、自動で再引落しは行われません。また、引落しができなかった日から遅延損害金が発生しますので注意しましょう。

3.知って得するレイク返済の豆知識

新生銀行カードローン レイクの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 レイクの返済方式

レイクの返済方式は、残高スライドリボルビング方式です。希望の場合には元利定額リボルビング方式を選ぶことができますが、郵送契約に限定されています。そのため、通常は残高スライドリボルビング方式になります。

残高スライドリボルビング方式は、他社カードローンでも広く用いられている一般的な返済方式で、利用残高に応じて毎月の最低返済額が変わっていきます。例えば、借入残高が10万円までは3,000円、20万円までは5,000円といったように、利用残高が大きくなるほど最低返済額も自動的に増える方式です。

豆知識2 返済シミュレーション

カードローンの返済額や期間がどの程度になるのか、事前に把握しておくことは大変重要です。レイクには返済シミュレーションがあります。借入希望額から月々の返済額を計算したり、毎月の返済可能額から借入できる金額を計算することもできますので、申込前に確認しておきましょう。

→ レイクの返済シミュレーションへ

豆知識3 遅延損害金

返済日に遅れてしまった場合、遅れた日数分の遅延損害金(年率20%)が加算されます。新規借入もできなくなりますので注意しましょう。

なお、レイクでは返済が遅れてしまいそうな場合、返済日の3日以上前であれば、会員ページから返済予定日を変更することで、ある程度対応することができます。(*取引状況によっては取り扱いできない場合もあり)

それでも対応が難しい場合は、遅延する前にレイクに電話をして相談しましょう。事情を話せば、毎月の返済額を減額してもらうなど、対応してもらうことも可能です。何はともあれ困ったら電話すると覚えておくと良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの3つの賢い返済方法と返済できない時の対処法」

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.まとめ

レイクの返済はWeb返済かATM返済がおすすめです。繰上げ返済も上手く利用し、計画的に返済して行きましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket