アコム

京葉銀行フリーローンファストの返済方法まとめ|賢く借りる全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
京葉銀行カードローン フリーローンファスト 返済

京葉銀行フリーローンファストは、カードローンとは違って借入枠という考え方はないため、増額しない限り追加の借入もありませんし、借りた後はひたすら返済していくだけです。

そのため、返済方法が自分のスタイルに合っているかどうか、きちんと確認することが非常に大切です。

京葉銀行フリーローンファストの返済についてまとめましたので、申し込みをする前にしっかりと確認しておきましょう。

1.京葉銀行フリーローンファスト返済方法

京葉銀行フリーローンファストはフリーローンであるため、カードローンのように豊富な返済手段が用意されているわけではありませんし、借入・返済が自由というわけでもありません。京葉銀行フリーローンファストを利用するためには京葉銀行の普通預金口座が必須ですが、融資金の振込を受けるとともに、毎月口座振替で返済用口座としても利用することになります。

一般的なカードローンは口座振替の他にATMやインターネットバンキング、テレホンバンキング、店頭窓口での返済など豊富な返済方法が用意されていますが、京葉銀行フリーローンファストは口座振替での返済方法に限定されています。

詳しくは次のページも参考にしてみてください。

「京葉銀行フリーローンファストをATM手数料無料で利用する賢い方法」

カードローンが借入、返済がいつでも自由なのに対し、フリーローンは返済額が固定されているため、資金使途が自由というところでは似ていますが、返済面では随分と性格が異なることを抑えておく必要があります。

どちらかというとフリーローンははっきりとした1つの資金使途があって、毎月着実に返済していくイメージが強く、カードローンは不意の出費に備えて融資枠を確保しておき、余裕があるときにまとめて返済もできるといったイメージです。どちらも一長一短がありますので、自分に合っているかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンとは?お金のプロが解説するカードローンの概要と賢い使い方」

2.知って得する京葉銀行フリーローンファストの豆知識

京葉銀行フリーローンファストの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 返済日

京葉銀行フリーローンファストの返済日は毎月1日です。他の返済日を指定することは一切できません。他のカードローンはいくつかの返済日から選択できるものが多いですが、銀行系フリーローンは返済日が固定されるものが多くなっています。

ボーナス返済は6ヶ月で任意の月を指定できるようになっていますが、返済日はやはり指定の月の1日となっていて、こちらも日にちを選ぶことはできません。なお、指定月は「6月と12月」「1月と7月」「3月と8月」のように、必ず6ヶ月間隔をあけるようになっていますので、ボーナス返済を併用する場合は支給日に近い形で指定するようにしましょう。

豆知識2 返済額

京葉銀行フリーローンファストの返済形式は「元利均等毎月返済」と「ボーナス月増額返済」の2つが用意されています。元利均等毎月返済は必須のもので、ボーナス月増額返済は必要に応じて、融資金額の50%までをボーナス月増額返済に割り振ることができるようになっています。返済が必ず口座振替で行われるため、毎月の返済額は1円単位で端数まで計算された金額です。

豆知識3 返済方式

京葉銀行フリーローンファストの採用している元利均等返済方式は、住宅ローンなどでも採用されることの多い返済方式です。

特徴としては、毎月の返済額は一定なので返済計画が立てやすいメリットと、返済初期には支払利息が大きく、借入残高が減りにくいといったデメリットがあげられます。追加借り入れや残高による返済額のスライドもないため、借入時に毎0月の返済金額が完済まで確定します。

返済期間は借入金額100万円以内の場合は5年以内で、100万円超の場合は10年以内の1か月単位で、銀行と相談のうえ決めることができます。

返済期間を短めにすることで支払利息は抑えることができますが、毎月の返済額は大きくなりますので、無理のない返済額になるように返済期間で調整するようにしましょう。ただし、無意味に長い返済期間にすると、支払利息が極端に大きくなってしまいますので注意が必要です。

豆知識4 返済手数料

京葉銀行フリーローンファストの返済方法は、基本的に口座振替で手数料はかかりません。

豆知識5 繰上返済と一括返済

京葉銀行フリーローンファストでは、カードローンのように繰上返済や一括返済を自由に行うことはできません。まず銀行に繰上返済の申し込みをする必要があります。

また、全額繰上返済の場合は無料で行うことができますが、一部繰り上げ返済の場合は所定の手数料がかかってしまいます。具体的には、最終期日の繰上の場合3,240円、返済額の変更の場合5,400円もの手数料がかかりますので、一部繰り上げ返済はおすすめできません。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識」

豆知識6 遅延損害金

毎月1日の返済日に残高不足などの理由で引き落としができなかった場合、延滞となります。延滞には遅延損害金として、年率14%が日割り計算で加算されていきます。

返済が苦しくなってきたら、遠慮せずに京葉銀行に相談しましょう。新しい返済プランを提案してもらえる可能性があります。返済期限を延長したり、月々の返済額を減らすなどの対応も不可能ではありませんので、正直に現在の状況を話すことが大切です。

豆知識7 返済シミュレーション

京葉銀行の公式ホームページには、返済シミュレーションが用意されています。ただし、京葉銀行のシミュレーションでは毎月の返済額の支払利息などの内訳や、返済の総額などを調べることはできません。

京葉銀行フリーローンファストで採用してる元利均等返済は極めて一般的な返済方法の1つなので、他の銀行などで提供している返済シミュレーションで全期間の返済予定表を出力できるものを探し、金利などの条件をあわせて計算してみるのも賢い利用法でしょう。

→ 京葉銀行「各種ローン返済額」シミュレーションへ

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「カードローンの3つの賢い返済方法と返済できない時の対処法」

3.まとめ

京葉銀行フリーローンファストの返済方法は、銀行ローンとしては極めて一般的な返済方法ですが、どちらかというと自由度はかなり少な目です。繰上返済なども利用しにくいので、カードローンとはかなり商品性が異なることを理解した上で利用するようにしないと、あとで後悔することにもなりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket