京成カードは京成線・新京成線・北総線で最強!京成カードのメリット・デメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードで支払いをしている女性
  • PASMOを使いたい(オートチャージ機能付き)
  • 普段から京成線、新京成線、北総線を利用している
  • 京成グループ提携店を利用している
  • 京成グループポイントを貯めている

などの方は京成カードを使うことでお得になります。

京成カードは「京成電鉄+オリコカード」、もしくは「京成電鉄+三菱UFJニコス」が提携して発行しているクレジットカードで3種類あります。

交通系ICカード「PASMO」と連動しているため、京成線・新京成線・北総線を利用することが多い方に向いています。

この記事では、京成カードの大きな特長やメリット・デメリットをまとめました。

京成グループを利用している方なら作っておいても損はないので、自分に合った京成カードを作ってみましょう。

もくじ

1.京成線・新京成線・北総線で最強の京成カード

京成線・新京成線・北総線で最強の京成カードをご紹介します。

京成カードには「京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールド・京成カード(MUFG)」の3種類あります。

自分がどの京成カードに向いているのか、それぞれの京成カードを確認してみましょう。

<京成カード(オリコ)>

京成カード(オリコ)

京成カード(オリコ)は初年度の年会費は無料です。翌年以降の年会費は1,250円+税かかりますが、前年度に1度でもカード利用している場合は翌年も無料になります。

  • 余分なお金をかけたくない
  • 高額な国内外損害保険を受けたい
  • 提携先オリコのネットショッピングが利用したい

このような方は、京成カード(オリコ)を選ぶと良いでしょう。主なサービス内容は次の通りです。

  • 国際ブランド:Mastercard
  • 電子マネーは「オートチャージ機能付きPASMO」が利用可能
  • ポイント還元率は0.5%~1.5%
  • 新規入会すると最大4,000円相当のウェルカムキャンペーンプレゼント
  • 最高1,000万円の国内旅行損害保険付帯(利用付帯)
  • 最高2,000万円の国外旅行損害保険付帯(自動付帯)
  • ポイント有効期限は利用月から1年間

<京成カード(MUFG)>

京成カード(MUFG)

京成カード(MUFG)の年会費は500円+税かかりますが、京成カードの中では唯一家族カードが発行可能です。(年会費・発行手数料無料)

京成カード(MUFG)は三菱UFJニコスが発行元で、ショッピング保険が付帯しているクレジットカードです。

  • 年会費が多少かかってもいいから家族カードも発行したい
  • ショッピング保険を付帯させたい
  • ポイントの有効期限が長い方がいい

このような方は京成カード(MUFG)を選ぶことをおすすめします。京成カード(MUFG)のサービス内容は次の通りです。

  • 国際ブランド:VISA
  • 電子マネーは「オートチャージ機能付きPASMO」が利用可能
  • ポイント還元率は0.3%~1.0%
  • 最高2,000万円の国外旅行損害保険付帯(利用付帯)
  • 最大100万円のショッピング保険付帯
  • ポイント有効期限は入会月から2年後の15日まで
  • ETCカードの年会費は無料、発行手数料1,000円+税

<京成カード(オリコ)ゴールド>

京成カード(オリコ)ゴールド

京成カード(オリコ)ゴールドの年会費は初年度無料ですが、翌年以降10,000円+税かかってしまいます。

  • 空港ラウンジサービスを利用したい
  • 京成グループポイントの還元率が高い方がいい
  • 海外サポートを受けたい
  • ロードサービスを受けたい

このような方は京成カード(オリコ)ゴールドを利用してみましょう。主なサービス内容は次の通りです。

  • 国際ブランド:Mastercard
  • 電子マネーは「オートチャージ機能付きPASMO」が利用可能
  • ポイント還元率は0.5%~1.5%
  • 新規入会すると最大4,000円相当のウェルカムキャンペーンプレゼント
  • 入会後3ヶ月間はポイント2倍
  • 最高1,000万円の国内旅行損害保険付帯(利用付帯)
  • 最高2,000万円の国外旅行損害保険付帯(自動付帯)
  • ポイント有効期限は利用月から1年間
  • ETCカードの年会費は無料

2.京成カードの優れている4大特長

京成カードの優れている特長をご紹介します。

特長1 PASMOのオートチャージでどんどんポイントが貯まる

京成カードはオートチャージ機能付きのPASMOを同時に申込可能で、PASMOにオートチャージすると200円=1京成グループポイントが貯まります。

PASMOを利用する目的の場合はPASMOも同時に申し込むようにしましょう。

京成カードとオートチャージ付きのPASMO(出典:京成カード公式サイト

京成カードと同時にPASMOを申し込んだ場合、デポジット(預り金)として500円がかかり、最初の利用明細に記載されますが、発券機でPASMOにチャージすると戻ってくる仕組みです。

例えば初めて発券機で1,000円分PASMOにチャージした場合、「デポジット500円分+チャージ500円分」となり、申込時のデポジット分はチャージ額として戻ってきます。

なお、京成カードの発行タイミングは約1週間〜2週間程度ですが、オートチャージ機能付きPASMOは発行まで約3週間かかってしまいます。(京成カードとは別送で届く)

すでにPASMOを持っている方で京成カードと連動させたい場合は、カード発行時に同封される「PASMOオートチャージサービス入会申込書」から申し込む必要があります。

特長2 京成カード加盟店ではポイント還元率が最大1.5%も付く

京成カードは通常200円=1京成グループポイントが付きますが、京成カード加盟店でカード利用するとポイント還元率は最大1.5%(200円=3京成グループポイント)貯まります。

京成カード加盟店の目印となるマーク(出典:京成カード加盟店の目印

主な京成グループ加盟店のポイント還元率は次の通りです。

京成グループ加盟店ポイント還元率
商業施設*1(リブレ店舗、
ユアエルム店舗、など)

最大1.5%
(200円=3ポイント)
バスやタクシー1.0%
(200円=2ポイント)
PASMOオートチャージ
鉄道定期券購入
0.5%
(200円=1ポイント)
ゴールドカードは1.0%
(200円=2ポイント)
*1 京成グループ商業施設をクリックするとポイント獲得対象店の公式サイトに移行

特にポイントが貯まりやすい「リブレ・エアエルム」などの商業施設で買物する機会が多い場合は、京成カードを作っておくと良いでしょう。

鉄道定期券を購入した場合でも京成グループポイントは貯まります。

例えば運賃500円の京成線通勤定期券を購入する場合は62,840円で、カード払いにすると314ポイント貯まり、年間では1,256ポイントも貯まります。

現金で支払っていた場合は特典やポイントは付くことはないですが、カード払いにするとポイントが貯まるので、今後も通勤定期券を購入する場合はこれを機に京成カードを利用することをおすすめします。

また、家族カードの利用額に対しても京成グループポイントは合算されるので、家族カード発行可能な京成カード(MUFG)も検討してみてください。(京成カード(オリコ)は家族カード発行不可)

特長3 京成グループの優待特典が受けられる

京成カードを作ると京成カード加盟店で様々な優待特典が受けられます。

主な京成カード加盟店と優待特典は次の通りです。

京成カード加盟店と優待特典

タイムズカーでは入会時の「会員カード発行手数料1,550円」が無料になったり、レンタカー代は25%〜30%オフになるので非常にお得です。

普段利用している、もしくは利用してみたい京成カード加盟店がある方は、京成カードを作ってどんどん優待特典を受けましょう。

特長4 京成カード×毎日新聞の利用で最大2,800ポイントゲットできる

毎日新聞に新規申込をして、京成カード払いにすると京成グループポイント最大2,800ポイントがもらえます。

京成カードと毎日新聞提携サービス(出典:京成カードと毎日新聞提携サービス

最大2,800京成グループポイントをもらうためには、2つの条件をクリアする必要があります。

  • 毎日新聞に新規申込をする方が6ヶ月以上の契約をして、カード払いにすると1,800ポイント
  • 6ヶ月間の契約後、さらに6ヶ月以上の契約延長をすると1,000ポイント

すでに毎日新聞を契約している方が、京成カードで支払った場合は500ポイントがプレゼントされます。

なお、毎日新聞の料金は朝刊・夕刊セットで月々4,037円です。

無理に毎日新聞を契約する必要はありませんが、毎日新聞を利用したい方は多くのポイントをゲットするためにも、京成カードで支払うと良いでしょう。

→毎日新聞を利用して最大2,800ポイントを受け取る方はこちら

3.京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールド5つのメリット

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドのメリットを見ていきましょう。

メリット1 新規入会キャンペーンがある

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドに新規入会すると、最大4,000円相当のウェルカムキャンペーンでオリコポイントをゲットできます。

最大4,000円相当分を受け取るためには、カード会員登録日の翌々月末までに「3万円以上利用していること」と次の「6つの条件」にクリアする必要があります。

  • 京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドを3回以上利用すると1,000ポイント
  • オリコポイントゲートウェイの新規登録で500ポイント
  • 携帯電話料金の支払いを設定すると1,000ポイント
  • 電気代の支払いを設定すると1,000ポイント
  • キャッシング枠を利用すると500ポイント
  • マイ月リボを登録すると500ポイント

ウェルカムキャンペーンで獲得したオリコポイントは、カード会員登録日の翌々月末から5ヶ月後の中旬頃にポイントが付きます。

ただし、入会キャンペーンのオリコポイントは、京成カードで貯まる「京成グループポイント」とは異なるため、ポイントの有効期限には注意が必要です。

オリコポイントの有効期限はポイントが付いた月を含めて6ヶ月後の月末です。

500ポイントから「Amazonギフト券、T-point、nanacoポイント、ANAマイル」などに交換可能なので、期限内にポイントを使い切るようにしましょう。

また、京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドは「オリコモール」でポイントが使えます。(京成カード(MUFG)は利用不可)

メリット2 オリコモールを利用するとポイントの二重取りができる

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドは、カード発行元がOricoカードになるため、オリコポイントが貯まるネットショップ「オリコモール」の利用ができます。

オリコモールは主に「Amazonなどの総合通販・じゃらんなどの旅行&チケットサイト・グルメ&ギフトショップ」があります。

オリコモール(出典:オリコモール)

オリコモールを経由し京成カードで商品を購入すると「京成グループポイント+オリコポイント」が付くので、ポイントの二重取りが可能です。

京成グループポイントのポイント還元率は0.5%ですが、オリコモールで貯まるポイントは最大15%になるメリットがあります。

多くのポイントを貯めたい場合は京成カード(オリコ)、もしくは京成カード(オリコ)ゴールドを作って、オリコモールを利用すると良いでしょう。

メリット3 国内外旅行損害保険が付帯している

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドには高額な国内外旅行損害保険が付帯しています。

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドには高額な国内外旅行損害保険

クレジットカードに付帯の保険には「利用付帯・自動付帯」があり、利用付帯は旅行代金をクレジットカードで支払っている場合に保険が適用される条件があります。

自動付帯はクレジットカードを持っているだけで保険が受けられます。

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドでは、国内旅行損害保険は利用付帯になるため、国内旅行に行く際の旅行代金はカード払いにしましょう。

海外旅行の場合は自動付帯なので利用条件はありませんが、すぐに保険が適用されるように常にカードを持っていると安心です。

メリット4 トラベルサポートが受けられる

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドは、オリコカード会員限定の「オリコ旅行センター」が利用できます。

オリコ旅行センター(出典:オリコ旅行センター

パッケージツアーに申し込むと同伴者も含め3%〜5%オフになったり、時期によっては特別優待で10%オフの特典などもあります。

H.I.SやJTB、ANAスカイホリデーなどの旅行会社がおすすめするツアーが充実していますので、旅行を検討している方は優待価格で旅行を楽しんでみると良いでしょう。

メリット5 ゴールドカードはゴールド会員特典が受けられる

京成カード(オリコ)ゴールドは、京成カード(オリコ)のサービスに加え、「空港ラウンジサービス・海外デスク・ゴールドカードロードサービス」の特典が受けられます。

<空港ラウンジサービス>

空港ラウンジサービスは、国内主要28ヶ所の空港ラウンジ、海外ではホノルル国際空港と仁川国際空港のラウンジが利用できます。

国内空港ラウンジは同伴者1名まで無料で利用可能で、海外空港ラウンジはカード会員のみ無料、同伴者は10ドル程度かかります。

<海外デスク>

海外デスクはおすすめの観光スポットやショッピング情報、オプショナルツアーなどの情報を提供してくれるサービスで、おすすめのエステやマッサージ店などの予約もしてくれます。

<ゴールドカードロードサービス>

ゴールドカードロードサービスは、車の事故や故障時に対応してくれるロードサービスで、10キロまでのレッカー代無料サービス、鍵の閉じ込みなどの無料緊急処置サービス特典があります。

4.京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールド2つのデメリット

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 ポイントが貯まるとショッピングチケットに交換される

京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールドは、貯まった「京成グループポイント」を商品に交換したり、通販サイトなどでポイントを使うことはできません。

貯まったポイントは自動的にショッピングチケットが発行される仕組みです。

500ポイントを超えると500円分のショッピングチケットとして利用でき、500ポイントずつ発行されます。

京成カードのショッピングチケット(出典:京成カードのショッピングチケット

京成グループポイントの有効期限はカード利用月から1年間で、ショッピングチケットとして自動発行されていないポイントは消滅してしまいます。

ポイントを貯めて商品や楽天ポイント、ANAマイルに交換したい場合は、「京成カード(MUFG)」を利用するか、ポイントの貯まりやすいクレジットカードを利用することをおすすめします。

デメリット2 ショッピングチケットの有効期限が短い

ショッピングチケットの有効期限は発行月から6ヶ月間です。京成グループポイントの有効期限と異なるので注意しましょう。

ショッピングチケットの使い道は「PASMOにチャージする」か「京成カード加盟店で利用する」ことができます。

PASMOにチャージする場合は、京成線・北総線・新京成線の定期券発行所に行く必要があり、PASMOとショッピングチケットを係員さんに提示するとチャージしてくれます。

5.京成カード(MUFG)2つのメリット

京成カード(MUFG)のメリットを見ていきましょう。

メリット1 ポイント交換先が豊富

京成カード(MUFG)で貯まった京成グループポイントは、京成カード(オリコ)に比べるとポイント交換先が豊富です。ポイント交換先は次の4つあります。

  • 楽天ポイント
  • ANAマイル
  • 京成百貨店のギフトセレクションコースの商品
  • 京成グループ共通優待券

京成カード(MUFG)で貯まったポイント交換先

楽天ポイントやANAマイルに交換する場合は、楽天会員やANAマイレージクラブに入会する必要があり、ポイント交換申請をすると約2ヶ月間かかります。(入会は無料)

京成グループ共通優待券に交換する場合は交換申請書を郵送、もしくはネットから交換申請をする必要があります。優待券は4〜6週間程度で届きます。

→楽天会員の入会
→ANAマイレージクラブの入会
→京成グループ共通優待券の交換申請書ダウンロード、またはネット申請

メリット2 ショッピング保険が付帯している

京成カード(MUFG)には最大100万円の「ショッピング保険」が付帯しています。

ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が破損や盗難により損害額が発生した場合、カード会社が補償してくれる保険です。

商品購入日から90日間は保険の対象になるため、海外でショッピングする場合も安心です。万が一に備えて保険適用期間中は、レシートや明細を保管しておきましょう。

京成カード(オリコ)にはショッピング保険は付帯していないので、手厚い保険を受けたい場合は京成カード(MUFG)を利用することをおすすめします。

6.京成カード(MUFG)2つのデメリット

京成カード(MUFG)のデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 年会費がかかる

年会費無料の京成カード(オリコ)に対し、京成カード(MUFG)の年会費は500円かかってしまいます。(京成カード(オリコ)ゴールドの年会費は10,000円+税)

余分なお金をかけたくない方は年会費無料の京成カード(オリコ)を利用すると良いでしょう。

ポイント交換が充実しているカードを持ちたい、家族カードも同時に発行したい場合は年会費が格安の京成カード(MUFG)を作ることをおすすめします。

なお、京成カード(MUFG)の「家族カード(年会費無料)」を発行する場合で、「京成カード+PASMO」を利用したい時は、京成カード事務局に電話する必要があります。

京成カードのみ発行する場合は、MUFGカードコールセンターになります。

・京成カード事務局(10:00〜17:30、休日:土日・祝日・年末年始・5月1日)
0570-062-254
・MUFGカードコールセンター(9:00〜17:00、休日:12/30〜1/3)
0570-050535または03-5489-6165

デメリット2 国内旅行損害保険が付帯していない

京成カード(MUFG)は最高2,000円の海外旅行損害保険や年間100万円のショッピング保険が付帯していますが、国内旅行損害保険は付帯していません。

ほとんどのクレジットカードは最高1,000万円程度の国内旅行損害保険が付帯していますので、国内旅行をする機会が多い方は京成カード(オリコ)や他のクレジットカードを利用することをおすすめします。

国内旅行損害保険が不要な場合は京成カード(MUFG)に申し込んでみましょう。

7.京成カードのよくある質問

京成カードのよくある質問をご紹介します。

質問1 学生、パート、アルバイト、主婦でも作れますか?

基本的には「高校生を除く18歳以上で安定収入のある方」や「18歳以上の学生の方」が京成カードの申込条件になるため、学生・パート・アルバイト・主婦の方でも作ることは可能です。

ただし、未成年の方が京成カードに申し込む場合は親の同意が必要になります。

また、年金受給者の方でも十分作れますので利用したい方は申し込んでみましょう。

質問2 PASMOで買物をしてもポイントは付きますか?

「オートチャージサービス機能付PASMO」の電子マネーで買物をしたとしても京成グループポイントは付きません。

PASMO機能でポイントが貯まるのは、オートチャージをした時のみです。

京成カードPASMOのポイント(出典:京成カードPASMOのポイント

8.路線別でおすすめのクレジットカード一覧

京成線・新京成線・北総線以外の鉄道会社を利用する場合で、「PASMO+クレジットカード」を使ってみたい方におすすめのカードをご紹介します。

(クレジットカードをクリックすると公式サイトに移行する)

都内近郊路線クレジットカード
東京メトロ線
JR東日本
東京モノレール
横浜高速線
東京臨海高速鉄道りんかい線
つくばエクスプレス
「ビュー・スイカ」カード
東京急行線TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
京王線京王パスポートPASMOカード VISA
小田急線OPクレジット
西武線SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
京浜急行線京急プレミアポイントシルバー
東武線東京スカイツリー® 東武カードPASMO
横浜市交通局横浜交通hama-eco card
相模鉄線相鉄カード
東京都交通局
(都営地下鉄)
ToKoPo(トコポ)カード
* ToKoPoはクレジットカードではないですが、PASMOと連動していてポイントが貯まりやすい

鉄道会社が提携しているクレジットカードにより、PASMO連動型クレジットカードを利用すると、多くのポイントが貯められたり、路線に合った特典などが受けられます。

普段利用している路線がある場合は、その鉄道会社が提携して発行しているクレジットカードに申し込むと良いでしょう。

9.まとめ

京成カードは「京成カード(オリコ)・京成カード(オリコ)ゴールド・京成カード(MUFG)」の3種類あります。

京成カードは交通系ICカード「PASMO」と連動しているため、京成電鉄・新京成電鉄・北総鉄道などを利用することが多い方に向いています。

PASMOにオートチャージする場合もポイントが貯まり、京成グループ提携店でもポイントが貯まりやすくなっていますので、普段から京成線などを利用している場合はこれを機に京成カードを作ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket