アコム

神奈川銀行カードローンの審査はこれでバッチリ!申込前に疑問を解消して審査通過率を上げよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
神奈川銀行 カードローン 審査0

神奈川銀行カードローン「マイサポート」は、年7.30%~11.30%という低金利が魅力ですが、一般的に低金利なカードローンほど審査は厳しくなる傾向にあるので、審査難易度は比較的高めと言って良いでしょう。

そのため、マイサポートの審査に通るにはあらかじめ審査のポイントを知り、事前に対策をしておくことが重要です。

今回はマイサポートの審査通過率を上げる方法をご紹介しますので、申込を検討している方はぜひご覧ください。

1.神奈川銀行カードローンの審査通過率を上げる方法

神奈川銀行カードローン「マイサポート」の審査通過率を上げる方法をご紹介します。

方法1 他のカードローンには申し込まない

マイサポートの申込をする際、他のカードローンに同時申込すると、借入額が高額になった場合の貸し倒れリスクを心配されるため審査では不利になります。

さらに、同時申込はいわゆる申込ブラックになってしまう可能性が高く、そうなると最悪半年間はどこからも借入ができなくなってしまいます。カードローンの申込はできるだけ1社に絞り、複数のカードローンへの同時申込は避けましょう。

方法2 他社からの借入件数を減らす

借入件数や借入額が多いほど審査ではマイナス評価となります。また、どちらかと言うと借入金額よりも借入件数を見られる傾向が強いため、すでに他社からの借入が複数ある方は要注意です。

一般的には借入件数が4件以上あると審査に通るのが難しいと言われていますので、少額のローンを1つでも完済してから申し込むのが理想的です。

方法3 不要なクレジットカードは解約する

他社からの借入件数にはクレジットカードのキャッシング枠も含まれます。借入状況はあくまで利用枠で判断されるため、実際には借りていなくてもクレジットカードにキャッシング枠があるだけで借入件数1件としてカウントされます。

クレジットカードを利用していない場合は、カードそのものを解約するかキャッシング枠を外しておいたほうが良いでしょう。

方法4 申し込み内容を正直に申告する

審査を有利に進めるために年収や他社からの借入額などを多少ごまかしたくなるのも分かりますが、例え嘘をついても大抵の場合は信用情報や提出書類でバレます。申込情報は必ず正直に申告しましょう。

仮に嘘をついた場合、それが原因で信用を失い審査落ちの可能性が極めて高くなるので嘘は絶対に禁物です。また、単純に記入ミスをしてしまうこともあるので、申込情報に間違いがないか最後に必ず確認しましょう。

方法5 支払いを延滞しない

クレジットカードの支払いや分割で購入した携帯電話本体の料金など、月々の支払いを延滞すると信用情報に延滞履歴が登録されます。信用情報に問題があると審査に通ることはできませんので、カードローンの申込時にはその時点で支払いの延滞がないかよく確認しておきましょう。

方法6 借入希望額は必要最低限にする

実際の借入限度額はあくまで審査結果次第なので、申込の段階で借入希望額を多めに申告したところで必ずしも希望が通るわけではありません。希望額が多いと返済能力を不安視される可能性が高いので、ひとまず必要最低限の金額で申し込むのがおすすめです。

2.神奈川銀行カードローンの審査

神奈川銀行カードローン「マイサポート」の審査から融資までの流れをまとめました。

①審査

申込をするとまずは保証会社での審査があり、その後に銀行側の審査という流れになるので、審査結果が出るまでには1週間ほどかかります。一般的に審査では個人信用情報や申込書の内容に加え職場への在籍確認が入る場合が多いですが、神奈川銀行の場合、銀行からの在籍確認はありません。

ただし、保証会社側の審査で在籍確認が行われる可能性は高いでしょう。

在籍確認はおそらく多くの方がネックに感じる部分だとは思いますが、電話の目的はあくまで在籍していることを確かめるだけなので、契約内容や申込内容についてあれこれ聞かれることはなく、必ずしも本人が対応する必要もありません。

もしも本人以外が電話に出た場合は、「○○はただいま席を外しております」といった回答があればそれで確認OKとなります。

②契約

審査に通過した場合は店頭での契約手続きが必要です。契約時には健康保険証や運転免許証などの本人確認書類の他、口座開設をする場合は印鑑も忘れずに持っていきましょう。

③借入開始

契約から1週間ほどでローンカードが簡易書留で自宅に郵送されます。カードを受け取れば後はATMからいつでも借入可能です。申込から借入までには大体2週間ほどかかるので、資金が必要なタイミングに合わせて余裕を持って申込みましょう。

3.神奈川銀行カードローンの審査に落ちた時の対処法

神奈川銀行カードローンの審査に落ちた時の対処法を3つご紹介します。

対処1 審査のポイントを確認する

申込前に審査のポイントを知ってできる限りの対策をしておけば、その分審査通過率を上げることができます。同時申込の危険性、他社からの借入状況の重要性などをよく理解し、できるだけ審査通過率を上げましょう。

▼詳しいカードローン審査なら
キャッシング審査に落ちた時の対処法とカードローン審査通過率を徹底解説

対処2 (株)かんそうしんの保証会社を避ける

神奈川銀行カードローン「マイサポート」は申込時に保証人を立てる必要がない代わりに、(株)かんそうしんの保証を受けられることが条件です。

神奈川銀行カードローン「マイサポート」の審査に落ちてしまって他のカードローンに申し込む場合、保証会社が同じだと再び審査落ちする可能性が高いため、保証会社が(株)かんそうしん以外のカードローンを選びましょう。

神奈川銀行カードローン「マイサポート」の後に申し込むのであれば、次の消費者金融か銀行カードローンの中から選ぶことをおすすめします。

カードローン 保証会社
みずほ銀行カードローン オリコ
新生銀行カードローン レイク 株式会社新生フィナンシャル
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
アイフル アイフル
アコム アコム
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス
モビット モビット

対処3 自分の信用情報を確認する

信用情報に延滞や強制解約などの事故情報があると、審査に通ることはまずありません。信用情報は審査落ちの最も大きな要因と言われているので、審査に落ちた場合は一度自分の信用情報を確認してみたほうがいいかもしれません。

手続きには500円~1000円の手数料がかかりますが、以下の信用情報機関に情報開示請求をすることで確認ができます。

株式会社 日本情報信用機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

一般社団法人 全国銀行協会(KSC)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

4.まとめ

マイサポートはかなり低金利ですし、年収180万円以上という申込基準が設けられていることから、審査は比較的厳しいと考えて良さそうです。これからマイサポートに申込む場合は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただき、少しでも審査通過率を上げましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket