アコム

ゆうちょ銀行カードローン大特集!メリットとデメリットが早わかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゆうちょカードローン0

日本郵政グループの一員であるゆうちょ銀行は、「最も身近で信頼される銀行」をモットーに、地域や年齢問わず多くの方に親しまれています。

年金の受取口座や定期預金口座などとして利用する方が多いゆうちょ銀行ですが、他の銀行と同じようにカードローンサービスも展開しています。

この記事ではゆうちょ銀行のカードローン「したく」の特徴を詳しくご紹介しながら、ゆうちょ銀行カードローンならではのメリットについて分かりやすくまとめました。信頼できる銀行でカードローンを申し込みたいという方は、ぜひ参考にしてください。

1.ゆうちょ銀行カードローン「したく」6つのメリット

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」を利用する上でのメリットについて見ていきましょう。

メリット1 口座開設不要

銀行カードローンの中には普通預金口座の開設が必要な銀行も多いですが、したくの借り入れや返済はATMを使うため、ゆうちょ銀行やスルガ銀行の口座を開設する必要がありません。あらかじめ口座開設が必要な場合はそのぶん時間を取られてしまうので、カードローンのみを契約したい方にとってこれは有り難いポイントです。

メリット2 審査は最短30分

Webや電話からの申し込みなら、原則即日審査が可能です。電話の場合は最短30分で審査結果が分かるため、お急ぎの方は電話申し込みがおすすめです。ただ、審査は即日ですがその日のうちに借りられるわけではないので注意が必要です。

メリット3 300万円まで収入証明書不要

収入証明書の提出基準はカードローンによって違いますが、したくの場合、初回の利用限度額は300万円までとなっており、300万円までであれば収入証明書の提出は不要です。

メリット4 専業主婦でも借りられる

消費者金融などの場合、契約者自身に安定した収入が無いと基本的に契約はできません。しかし、銀行系のカードローンであるしたくは、収入の無い専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば申し込めます。この際、配偶者の勤務先や年収を申告する必要はありますが、勤務先に在籍確認の電話が行くことはありません。

メリット5 高齢でも借りられる

したくの申し込みができるのは、満20歳以上70歳以下の方です。70歳以下であれば年金受給者の方でも申し込めるので、一般的なカードローンに比べ幅広い方が利用できるようになっています。

メリット6 ATM手数料無料

ATMを使ってカードローンを利用する際、気になるのがATMの利用手数料ではないでしょうか。返済は毎月ありますし、借入や返済の度に手数料を取られていては手数料だけでそれなりの金額になってしまいます。

したくなら、全国のゆうちょ銀行のATM手数料が無料(平日7時~18時)なので、繰り上げ返済もしやすくなります。

2.ゆうちょ銀行カードローン「したく」のデメリット

大手消費者金融であれば基本的に即日融資ができますし、近年では銀行系でも即日融資に対応しているカードローンが増えてきました。しかし、したくについては本申込みの手続きやカードの受取りが郵送になるため、申し込んだその日のうちにお金を借りることはできません。急ぎの場合は消費者金融や即日融資対応の銀行カードローンを選びましょう。

3.ゆうちょ銀行カードローン「したく」の特徴

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は、実際はゆうちょ銀行ではなくスルガ銀行が展開している商品です。つまり、ゆうちょ銀行は契約を媒介しているに過ぎません。

しかし、地方銀行であるスルガ銀行のカードローンをゆうちょ銀行が取り扱うことで、地域に関わらず全国的に利用が可能となっています。まずはゆうちょ銀行カードローン「したく」の特徴をまとめました。

ゆうちょカードローン1

4.申し込み条件

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は、「申し込み時の年齢が満20歳以上70歳以下で安定した収入のある方」であればどなたでも申し込めます。パートアルバイトはもちろん、専業主婦や年金受給者でも利用できるのもポイントです。

5.金利

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の実質年率は7.0%~14.9%です。この範囲で何%の金利が適用されるかは、スルガ銀行側が決定するとしています。

銀行系のカードローンの場合、利用限度額によってあらかじめ適用金利が決まっていることが多いですが、したくについては審査結果が出るまで実際の金利は分かりません。ちなみに他の銀行系のカードローン金利については、以下のような水準となっています。

ゆうちょカードローン2

見てのとおり他の銀行の金利と比較すると、したくが特別低金利というわけではありません。むしろ、利用限度額が同じ500万円の三菱東京UFJ銀行のほうが、最低金利は1.8%と群を抜いて低くなっています。

一般的に限度額が高額になるほど金利は下がる傾向にあるため、数十万ではなく数百万という高額の借り入れを検討している場合は、最低金利が低いカードローンのほうがおすすめです。

6.申し込み方法

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の申し込みから融資までの流れは以下のとおりです。

その1 仮申込

Webか電話もしくはゆうちょ銀行の窓口(スルガ銀行ローン取扱店)で申し込み可能です。電話申込の場合は平日9時~19時までの受付時間となっています。

その2 審査結果の連絡

電話または郵送にて審査結果が通知されます。審査には勤務先への在籍確認が必要です。

その3 本申込み

審査結果到着後、自宅もしくは勤務先(申し込み時に選択可)に正式な申込書類が届きます。申込書に必要事項を記入のうえ、必要書類とあわせて返送しましょう。

その4 カード受取り

本審査承認後にカードが郵送され次第利用可能となります。借り入れにあたっては、カード台紙記載の電話番号に事前連絡が必要です。

7.利用方法

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の借り入れと返済は、専用のローンカードを使って全国のゆうちょ銀行や以下の提携ATMから行えます。利用限度額の範囲内であれば、好きな時にいつでも手軽に利用できるので、いざという時にも安心です。

ゆうちょカードローンss

出典:http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/loan/kj_ln_shitaku.html

8.返済日

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の約定返済日は毎月1日ですが、返済可能期間は毎月20日~1日までとなっています。たとえば、毎月2日~19日までの利用分については当月20日~翌月1日、20日~翌月1日までの利用分については翌月20日~翌々月の1日の期間中の返済となります。

9.月々の返済額

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の月々の最低返済額は、利用残高によって決まります。以下が利用残高ごとの最低返済額となっています。

ゆうちょカードローンss2

出典:http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/loan/kj_ln_shitaku.html

30万円以下であれば返済額は1万円以内で済むので月々の負担も少なく、ムリの無い返済計画を立てることができます。また、余裕がある時はATMから繰り上げ返済をすることも可能です。カードローンの利息は日割り計算となるため、1日でも早く返済すればその分利息を減らすことができます。

10.まとめ

ゆうちょ銀行が展開するカードローンという意味では安心感のあるしたくですが、他の銀行カードローンと比べて特別低金利というわけではありません。

また、即日融資のカードローンが多いなか、申し込みから借り入れまでに日数を要する点は大きなデメリットと言えるかもしれません。ただ、ゆうちょ銀行のATMなら平日の日中は手数料無料で利用できるので、契約後のことを考えればお得なカードローンと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket