アコム

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの賢い返済方法|損せず返済する全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ジャパンネット銀行 カードローン 返済0

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは限度額の範囲内で繰り返し借入できますが、返済方法は一般的なカードローンと少し違いがあります。

今回はジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方法と注意点をご紹介します。事前にポイントを理解して賢く返済していきましょう。

1.ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方法

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方法は、ジャパンネット銀行普通預金口座からの自動引き落としです。手数料はかかりません。返済日は自分の好きな日にちを自由に設定できるので、給料日後に設定しておくと無理のない返済計画を立てられます。

もちろん、毎月の約定返済の他に繰り上げ返済にも対応しています。繰り上げ返済をする場合はジャパンネット銀行のサイトにログインし、希望の返済額を入力すればその後自動的に口座から引き落とされる仕組みです。

いずれにしても返済方法は口座引落しのみなので、残高不足にならないよう返済日前に口座残高を確認するようにしましょう。

2.ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済2つの注意点

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済の注意点をまとめました。

注意1 返済日が土日祝でも当日が返済日になる

返済方法が口座引き落としの場合、返済日が土日祝日に重なると翌営業日の支払いになることが多いですが、ジャパンネット銀行は例え返済日が休日でもその当日が返済日になります。

注意2 支払いを延滞するとカードが利用停止になる

毎月の約定返済日に口座引落しができなかった場合、支払いの延滞となり一時的に借入ができなくなります。基本的に入金が確認できればまた借入できる状態に戻りますが、長期延滞や延滞の頻度によっては数ヵ月間借入を制限されるケースもあります。

また、延滞情報は信用情報にも登録されるため、今後のローン審査に大きな影響を与えてしまいます。延滞しないよう返済日前に必ず口座残高を確認しておきましょう。

3.知って得するジャパンネット銀行ネットキャッシング返済の豆知識

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済時に知っておきたい豆知識をご紹介します。

豆知識1 ネットキャッシングの返済方式

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方式には「残高スライド元利定額方式」が採用されています。残高スライドとは実際の借入残高に応じて月々の返済額が変わる仕組みで、借入残高が減れば返済額も減り、借入残高が増えれば返済額も増えます。

月々の返済額が少ないのは返済時の負担を考えるとメリットとも言えますが、その分返済期間が長引き、支払総額が増えるデメリットもあります。

また、ジャパンネット銀行ネットキャッシングには返済額が少ない返済方式(A)と返済額が多い返済方式(B)の2種類があるので、無理なく返済できる範囲を見極め、自分に合った返済方式を選択しましょう。

豆知識2 返済は月々3,000円から

月々の返済額は約定返済日前日の借入残高に応じて変動しますが、返済方式AとBどちらを選ぶかで金額が異なります。詳しくは次の表をご覧ください。

ジャパンネット銀行 カードローン2

ジャパンネット銀行 カードローン3

参照:ジャパンネット銀行ネットキャッシング

豆知識3 繰り上げ返済しても約定返済には充てられない

繰り上げ返済はあくまで臨時返済扱いになります。いくら多めに繰り上げ返済をしても必ず毎月の約定返済が必要です。まずは毎月の返済をしっかりと行い、無理のない範囲で繰り上げ返済を活用していきましょう。

4.まとめ

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは約定返済も繰り上げ返済も口座引落しなので特にややこしい点はありませんが、繰り上げ返済はネットから事前の手続きが必要です。また、銀行休業日でも返済日が後ろにズレ込むことはないので、必ず返済日までに口座にお金を用意しておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket