アコム

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査はこれでバッチリ!申込前に疑問を解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ジャパンネット銀行 カードローン 審査0

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申込を考えている方の中には、審査に通るかどうか不安な方も多いと思います。

審査に通過するためには銀行から「返済能力がある人」と判断される必要がありますが、具体的なポイントを理解している方は意外に少ないかもしれません。

今回はネットキャッシングの審査通過率を上げる方法を5つご紹介します。借入を成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査通過率を高める方法

ネットキャッシングの審査通過率を上げる方法をご紹介します。

方法1 他のキャッシングには申し込まない

同時に複数のカードローンに申し込むと審査で不利になります。借入額が高額になった場合の返済能力を心配されるだけでなく、申込ブラックになる可能性が高いからです。申込ブラックになると申込情報が消えるまでの半年間はどこからも借入できなくなることもあるので、キャッシングの申込はできるだけ1社に絞ることをおすすめします。

方法2 他社からの借入件数を減らす

他社からの借入件数が多いと貸し倒れリスクが高くなるため、審査では大きなマイナス要素となります。特に、審査では借入金額よりも借入件数が重視される傾向が強いため、一般的に借入件数が4社以上あると審査に通るのが難しいと言われています。

審査の印象を良くするためにも、少額のローンを1社でも完済し借入件数を減らしておくのが理想的です。

方法3 不要なクレジットカードは解約する

クレジットカードのキャッシング枠も他社からの借入に含まれます。借入状況はあくまでクレジットカードの利用枠で判断されるため、仮にキャッシング枠が50万円のカードを持っている場合、利用していなくても借入が50万円あるとみなされてしまいます。

審査をできるだけ有利に進めるためにも、利用していない場合はあらかじめクレジットカードのキャッシング枠を外しておくか、クレジットカードそのものを解約しておくのがおすすめです。

方法4 申込内容を正直に申告する

申込には年収や他社借入額など様々な情報を入力しますが、申込情報に嘘があると審査には通りません。嘘をついても大抵の場合は信用情報や提出書類でバレますし、嘘をつくと大きく信用を失うため、審査落ちの直接的な原因にもなってしまいます。決して良い結果にはなりませんので申込情報は必ず正直に申告しましょう。

方法5 支払いを延滞しない

クレジットカードや割賦で購入したスマホ本体の料金など、毎月の支払いを延滞していると審査には通りません。ネットキャッシング申込の段階で延滞があると返済能力がないと判断されるため、審査に通るためにも支払いの延滞はしないようにしましょう。

2.ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査から借入までの流れをまとめました。

①審査

審査では申込内容や信用情報、勤務先への在籍確認などが行われます。

在籍確認の電話は必ずしも本人が対応する必要はなく「〇〇はただいま席を外しております」といった回答があれば特に問題ありません。ただし、銀行の担当者は基本的に銀行名を名乗るので、個人名を名乗って欲しい方は申込時にその旨を伝えておきましょう。

審査結果はメールで届きますが、平日14時までの申込なら当日中、それ以外の時間帯に申し込んだ場合は翌営業日の回答が目安です。

②借入開始

すでに口座をお持ちの方は審査結果のメール到着後すぐに借入ができるようになります。サイトにログインし、借入の申込をしましょう。

ネットキャッシングの申込と同時に口座開設を行った方は、銀行での手続き後1週間ほどでキャッシュカードとトークン(取引専用端末)が自宅に郵送されます。

その後キャッシュカードの初期設定が済んでようやく借入ができる状態になりますが、急ぎの場合は初回に限り自分の指定する口座に借入金を振り込んでもらうこともできます。その場合は審査結果のメールに記載されている番号に連絡し、振込希望である旨を伝えておきましょう。

ただし、振込融資を希望の方は必ず書類送信アプリを使い本人確認書類を提出する必要があるので注意してください。

3.ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査に落ちた時の対処法

ネットキャッシングの審査に落ちた時の対処法を3つご紹介します。

対処1 審査のポイントを確認する

「同時申し込みをしない」「申込情報を正しく申告する」など、審査で重視されるポイントを知ることは審査通過率を上げることに繋がります。他のカードローンに申し込む場合は、その前に審査のポイントをよく確認しておきましょう。

▼カードローン審査を詳しく知りたいなら
キャッシング審査に落ちた時の対処法とカードローン審査通過率を徹底解説

対処2 プロミスの保証会社を避ける

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの保証会社は、消費者金融プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス(株)です。カードローンの実質的な審査は保証会社が行うため、審査に落ちたということは保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)の審査に通らなかったということです。

保証会社が同じだと再び審査落ちする可能性が高いので、他のカードローンに申し込むのであれば、次の消費者金融か銀行カードローンの中から選ぶことをおすすめします。

カードローン 保証会社
みずほ銀行カードローン オリコ
新生銀行カードローン レイク 株式会社新生フィナンシャル
アコム アコム
アイフル アイフル
モビット モビット

対処3 自分の信用情報を確認する

信用情報は審査落ちの最も大きな要因と言われていますので、審査に落ちた場合は一度自分の信用情報を確認してみたほうが良いかもしれません。

信用情報に延滞や強制解約などの事故情報があると審査に通ることはまずありません。仮に信用情報に事故情報が登録されていた場合、5年間はその情報が残るためその間審査に通るのはかなり難しくなるでしょう。

自分の信用情報は以下の信用情報機関に情報開示請求をすることで確認できます。なお、手続きには500円~1,000円の開示手数料がかかります。

株式会社 日本信用情報機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

一般社団法人 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

 

4.まとめ

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査通過率を上げる方法をご紹介しました。審査のポイントを知ることは審査通過率を上げる上で非常に重要です。ぜひ今回の内容を参考にしていただき、借入を成功させていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket