金利0円でお金を借りる!無利息期間を最大限活用して利息を減らす賢い借り方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金の計算をしている女性

「金利0円で借りれるカードローンってある?」

金利0円でキャッシングするなら無利息期間があるカードローンがお得です。無利息サービスを利用すればその期間中の利息は0円なので、

  • 給料日には返済できる
  • もう少しでボーナスが入る
  • ほんの数日間だけ乗り越えたい
  • 借入希望額が1万円〜数万円のように少ない

このような返済の見通しがある方は、それまでのつなぎとして利用すれば損せず借入ができます。

この記事では、無利息期間があるカードローンや、無利息期間を最大限活用して負担を減らす方法をまとめました。

余分な利息を支払うことなくお得にカードローンを利用していきましょう。

1.金利0円の無利息期間があるカードローン

無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

2.金利0円のカードローンがお得な人、損する人

カードローンには消費者金融と銀行のものがあり、銀行カードローンの方が金利が低く設定されています。大手消費者金融と銀行カードローンの金利は次の通りです。

消費者金融の金利は年3.0%〜18.0%ですが、銀行カードローンは年1.8%〜14.6%となっています。

カードローン金利年
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
みずほ銀行2.0%~14.0%
イオン銀行3.0%~13.8%

金利だけ見ると銀行カードローンの方が支払利息を減らせそうですが、実際には消費者金融の方がお得なケースもあります。これには無利息期間が関係しています。

多くの大手消費者金融には「30日間無利息」の無利息サービスがありますが、ほとんどの銀行カードローンにはありません。

そのため、短期間だけの利用を計画しているなら無利息期間がある消費者金融の方がお得です。

短期間の目安は150日(5ヶ月)以内の借入です。

例として10万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

30日間を超える場合であっても150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方が支払利息を減らせることがわかります。

無利息期間中に全額返済すれば利息は1円もかかりませんし、それ以外でも無利息期間分の利息を減らすことができます。

なお、180日以上の長期借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを利用しましょう。

3.金利0円でキャッシングする時の3つの注意点

金利0円でキャッシングする時の注意点を確認してみましょう。

注意1 無利息サービス開始日

無利息サービスの開始日は次のようにカードローン会社によって異なります。

カードローン
開始時期
プロミス初回借入日の翌日
アコム契約日の翌日
アイフル契約日の翌日

プロミスは初回借入日の翌日から30日間無利息ですが、

<プロミスの場合>

プロミスの無利息期間開始日(出典:https://cyber.promise.co.jp/APE00129.html

プロミス以外は契約日の翌日から無利息期間がスタートします。

<アコム・アイフルの場合>

アイフルの無利息期間

(出典:https://www.aiful.co.jp/page.jsp?id=5129

無駄な利息を支払わないためにも開始時期はしっかりと覚えておきましょう。

注意2 利息が発生するタイミング

利息は無利息期間が終わった翌日から日割りで発生します。例えば、無利息サービスのあるカードローンを2ヶ月間利用した場合は、1ヶ月分の利息を支払う必要があります。

利息を1円も払いたくない方は無利息期間中に完済するように返済計画を立てると良いでしょう。

注意3 無利息サービスが利用できる回数

大手カードローンの場合、無利息サービスが利用できるのは初めての方のみです。2回目以降は利用できないので注意しましょう。

なお、ノーローンのように何度でも無利息期間を利用できるカードローンも中にはありますが、こういったカードローンはその分金利が高めに設定されていることが多いです。

4.無利息期間を最大限活用して負担を減らす2つのポイント

カードローンを選ぶ時は無利息期間以外に次のポイントを見て決めるようにしましょう。

そうすると利息以外の負担も減らすことができ、もっとお得に借入ができるようになります。

ポイント1 提携ATM手数料

ローンカードを使ってコンビニなどの提携ATMから借入や返済をする場合、ATM手数料がかかるカードローンがあります。

無利息期間がある主なカードローンのATM手数料は次の通りです。

カードローン提携ATM手数料
アコム・アコムATMは無料
・コンビニ提携ATMは有料
1万円以下100円+税
1万円超200円+税
アイフル・アイフルATMは無料
・コンビニ提携ATMは有料
1万円以下100円+税
1万円超200円+税
プロミス・プロミスATMと三井住友銀行ATMは無料
・コンビニ提携ATMは有料
1万円以下100円+税
1万円超200円+税

全てコンビニなどの提携ATMを利用すると手数料がかかります。ローンカードを使っての借入や返済がメインの方はATM手数料がかからないカードローンの方が良いでしょう。

ポイント2 振込手数料

借りたお金を銀行振込で返済する場合、振込手数料がかかるカードローンがあります。

無利息期間がある主なカードローンの振込手数料は次の通りです。(利用金融機関により振込手数料は異なる)

カードローン振込手数料
プロミス無料
アコム銀行のATM、銀行の窓口の場合は振込手数料がかかる
アイフル手数料がかかる

アイフルでは銀行振込で返済する場合、利用している金融機関の振込手数料がかかります。アコムは銀行ATMや銀行の窓口からの振込は手数料がかかります。

プロミスは振込手数料が一切かからないので、銀行振込での返済がメインの方はプロミスを選ぶようにしましょう。

5.金利から利息を計算する方法

金利から利息を出す方法は簡単です。「借入金額×金利÷365日×借入日数=利息」の計算式で出すことができます。

例として一般的に多い10万円、30万円、50万円を3ヶ月間借りた時の利息を計算してみました。

金利は消費者金融に多い年18.0%、無利息期間を活用している場合で比較していますので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

借入額10万円30万円50万円
30日0円0円0円
60日1,479円4,438円7,397円
90日2,958円8,876円14,794円
120日4,438円13,315円22,191円
150日5,917円17,753円29,589円
180日7,397円22,191円36,986円

6.無利息期間があるカードローンランキング

無利息期間があるカードローンランキングをご紹介します。支払利息を抑えたい方はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

1番目におすすめは消費者金融アコムです。返済日を「35日ごと」に設定することで30日間の無利息期間を利用できます。

ただ、返済日を35日ごとにすると通常の毎月指定日返済に比べて返済サイクルが遅くなるため、その分多くの利息を支払うことになる可能性があります。

借入金額が少ない場合にはまだ良いですが、高額融資を受けたい時は35日ごとに設定することで損することもあるので注意しましょう。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

2番におすすめなのはアイフルです。

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

無利息サービスで3番目におすすめは消費者金融プロミスです。プロミスの無利息期間は初回借入日の翌日から30日間なので、無利息期間をフルに活用できます。

条件もプロミスへEメールアドレスを登録して明細をWEB明細に設定するだけなので簡単です。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

金利0円の無利息サービスは短期利用や少額融資を受けたい方におすすめです。

ATM手数料や振込手数料がかからないカードローンを選べばもっと負担を減らすことができるので、賢く無利息サービスを利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket