アコム

インフレとデフレの違いとは?それぞれの【メリット・デメリット・影響】を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
集まったお金

インフレやデフレの言葉は知ってはいるものの、実際どんなことに影響があるのか、どんな現象なのか、よくわからないこともあることでしょう。

インフレやデフレはいつ始まり、いつまで続くかは予測つきませんが、私たちの消費率などによっても今後の生活に関わってきます。

また、どんな政治的政策が行われるのかどうかも把握する必要があります。

急なインフレやデフレは好ましいことではなく、緩やかな経済成長が望ましいでしょう。

この記事では、インフレとデフレの違いなどをまとめました。過去と現在の物価の変化などもご紹介しています。

1.インフレとは?

硬化を集めている男性

インフレ(インフレーション)とは、物価が上昇してお金の価値が下がっている状態のことを言います。

簡単に説明すると、身の回りで売られている商品の値段が上がり続ける現象です。食品、生活用品、衣類、土地などがイメージしやすいです。

例としてタマゴのケースで解説します。近年ではタマゴ1パック200円前後で売られておりますが、インフレが起こり続けた場合は1パック250円前後で売り出されることになります。

インフレが起こった時のたまごの値段

「インフレ=物価上昇」によりモノの価値は数倍に上がりますが、その分経済が回ることによって後に個人に入るお金も増える傾向にあります。

なお、インフレが起こることでお金(円)の価値が下がることから円安になりやすいため、海外輸出している企業は好調になります。

簡単なインフレの流れを見てみましょう。

  1. 物価上昇
  2. 企業やお店の利益が増える
  3. 働いている人の給料が上がる
  4. たくさんお金を使うようになる
  5. 経済にお金が回り経済発展していく

2.インフレの2つのメリット

硬化の上で走っている人々

インフレが起こった時のメリットを見てみましょう。

メリット1 景気が良くなる

インフレのメリットは、益々経済が発展していくことです。

経済発展すると商品が売れたり、ビルなどの建設物が建つため会社は人員が必要になります。つまり、就職率が上がったり、給料が上がることが見込めます。

メリット2 外国人観光客が増える

「お金の価値が下がる=円安」になりやすいため、外国人観光客が増える傾向にあります。

例えば「1ドル=100円」の米ドルの場合、円安になることで「1ドル=120円」になったとします。

外国の方は同じ1ドルでも120円分としてお金を使えるため、日本に旅行したい方が増加し、観光地はお客さんがモノを買ってくれるメリットがあります。

3.インフレの3つのデメリット

金利の石を引っ張る方と押す方

インフレが起こった時のデメリットを見てみましょう。

デメリット1 消費バランスが崩れる

お金の価値が下がりモノの価値が上がるため、値段が上がる前にたくさんモノを購入しようと考えます。

大勢の方が多く購入してしまうと生産が追いつかず、値段を上げて販売することになります。

どんどん値段を上げることでお金に余裕のない方はモノを買うことに躊躇してしまう可能性が出てきます。

デメリット2 外貨通貨の換金額が下がる

お金の価値が下がってしまうため(円安になりやすい)外国の方にとっては良いですが、海外旅行費が高くなったり、海外の現地で買い物では高くつくことがあります。

例えば「1ドル=100円」の為替レートの場合で、海外旅行費が10万円とします。

インフレが起こり「1ドル=120円(円安)」になってしまうと海外旅行費は12万円になり、2万円も多くなってしまいます。

デメリット3 将来設計が立てづらい

家や車などの購入のために貯蓄をしている場合は、将来設計が立てづらくなってしまいます。

例えば3,500万円のマイホーム購入のために年間300万円貯めていたとします。

購入まで「11年6か月」かかるわけですが、インフレが起こったことで土地代が上昇し4,500万円になってしまうと、「15年」の月日が必要です。さらに3年6か月も先延ばしになってしまいます。

また、長期間のローンで購入する場合は金利も上がる可能性が高いため、結果的に損をしてしまうことがあります。

4.デフレとは?

扉に吸い取られているお金

デフレ(デフレーション)とは、物価が下がりお金の価値が上がる状態のことを言います。簡単に説明すると、「インフレは好景気・デフレは不景気」の時に起こる現象です。

例としてインフレと同様にタマゴのケースで解説します。

近年ではタマゴ1パック200円前後で売られておりますが、デフレが起こった場合はモノの価値が下がるため、1パック150円前後で売り出されることになります。

デフレが起こった時のたまごの値段

なお、「消費者がモノを買わなくなる→企業の利益が下がる→値段を下げる→給料が下がる→消費者がモノを買わなくなる」のように悪循環に経済が回ることをデフレスパイラルと言います。

価格競争によりモノやサービスの値段が下がることは、消費者にとってメリットのあることに思えますが、経済でお金が回っていないと自分が使えるお金も増えることがないと考えて良いです。

簡単なデフレの流れを見てみましょう。

  1. 物価が下がる
  2. 企業やお店の利益が減る
  3. 働いている人の給料が減る
  4. お金を使なくなる
  5. 経済にお金が回わらなくなり、経済低迷していく

5.デフレの2つのメリット

お金がかかる道を走っている男性

デフレが起こった時のメリットを見てみましょう。

メリット1 モノの価値が低くなる

デフレの良い点は、安い金額で商品が買えることです。お金の価値が上がるため、今まで1,000円で買えていた商品が800円など安く買うことができます。

消費者にはお得感がありますが、200円分の利益をカバーするために企業側は給料の減少や人員コスト削減などで対応してしまうため、実際にはメリットと言えないかもしれません。

メリット2 海外通貨で得をする

デフレが起きると「円高」になる可能性が高く、海外通貨の換金で得することがあります。

例えば1万円分を換金する場合、「1ドル=100円」の為替レートの時は100ドル、円高で「1ドル=80円」になった時は125ドルです。25ドルも多く換金できることになります。

現地ではお得に買い物ができることでしょう。

また、輸入品や外貨通貨を安く購入できるため、輸入業の企業や外貨積立をする方にとってはメリットと言えます。

6.デフレの2つのデメリット

傘でかぶさっている金貨

デフレが起きた時はどのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリット1 給料の減少と雇用

モノの価値が下がっていたとしても、消費者が使えるお金も減ってしまっては商品が売れず、企業利益も下がってしまいます。

企業は給料を下げたり、コストの削減、人件費の削減などの処置をせざるをえないでしょう。就職難になる可能性も出てきます。

デメリット2 貧富格差が広がる

デフレはお金の価値が上がるため、初めからお金を持っていた人はお金を持っているだけでその価値が上がっていきます。

逆にお金を持っていない人は、価値の上がったお金を手に入れることが難しくなってしまいます。

デフレが起こることで貧富の差がどんどん大きくなることでしょう。

7.インフレとデフレのまとめ

インフレとデフレの現象とメリット・デメリットをまとめてみました。

<インフレとデフレの現象>

インフレ
(インフレーション)
デフレ
(デフレーション)
・物価上昇
・お金の価値が下がる
・所得が増える可能性が高い
・人員導入が増える可能性が高い
・物価下落
・お金の価値が上がる
・所得が減る可能性が高い
・人員削減がある可能性が高い

<インフレとデフレのメリット・デメリット>

 メリットデメリット
インフレ・景気が良くなる
・外国人観光客が増える
・消費バランスが崩れる
・外貨通貨の換金額が下がる
・将来設計が立てづらい
デフレ・モノの価値が低い
・海外通貨で得をする
・給料の減少
・雇用削減
・貧富格差が広がる

8.過去と今の物価の変化

立っている硬貨の前にいる男性

平成元年と平成30年の物価はどれほど変化があったのか、調べてみました。まずは次の表を見てみましょう。

 平成元年平成30年物価上昇額
大卒の平均初任給160,900円206,700円45,800円
東京大学授業料
(年額)
30万円535,800円235,800円
タバコ約200円約430円約230円
郵便はがき30円52円22円
ランドセル28,000円42,400円14,400円

(参考:厚労省調査東洋経済新報社

全て物価が上昇したわけではなく、お米やバナナなどの食品関係は変動ナシ、もしくは価格が下がっている商品もあります。

また、今後は景気回復と経済成長を目標とし、デフレ脱却の経済政策の一つ「物価上昇率2%」の数値がアベノミクスで揚げられました。

つまり、毎年物価が1.02倍になっていくと考える必要があります。

例えば100万円で購入できた車が10年後には122万円で取引される計算になります。

ただし、同じ100万円でもタンス預金の場合は現金価値になるため、10年後は100万円のままと考えておきましょう。

(出典:三井住友アセットマネジメント

消費者から考えると「物価上昇しないで欲しい」と思いますが、経済も上がることになるため給料も上がり、消費率も上がることでしょう。

ただし、日本がさらに経済発展をしていくかどうかは誰も分かることはないため、実際物価を意図的に上げたとしても個人の生活の豊かさが上がるとは限らないでしょう。

9.まとめ

インフレとデフレの意味と現象を解説しました。お金の価値とモノの価値のバランスが上手くとれないと消費者や企業にとっても厳しい世の中だとわかります。

今後は消費税が上がる政策がありますが、個人の消費が停滞することなくお金を使い、お金が手元にある状態を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket