アコム

個人事業主が運転資金を借りるならどこ?最適な方法で融資を受けて資金不足を解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
期限までにお金を借りられた個人事業主

「個人事業主の運転資金はどこで借りられる?」

事業拡大のための設備投資や従業員の給料を支払う運転資金など、まとまったお金が必要になることってありますよね。

新たに個人事業主として開業するための資金が必要な方もいるでしょう。

この記事では、個人事業主が運転資金を借りられる方法や審査で重要視されるポイントをまとめました。資金不足を解消し、事業発展のために最適な融資を受けましょう。

1.個人事業主が運転資金を借りる4つの方法

個人事業主が運転資金を借りる方法は4つあります。

方法1 日本政策金融公庫から融資を受ける

個人事業主の方は公的機関である日本政策金融公庫から融資を受けることができます。開業したばかりの事業者の方も利用できるのでおすすめです。

日本政策金融公庫の融資制度は様々ありますが、個人事業主の方が利用できるのは主に次の4つです。年1.0%〜2.5%と低金利で運転資金を借りることができます。

  1. 普通貸付
  2. 新創業融資制度
  3. 新規開業資金
  4. 女性、若者/シニア起業家支援資金

日本政策金融公庫の普通貸付

日本政策金融公庫の新創業融資制度

日本政策金融公庫の新規開業資金と女性、若者/シニア起業家支援資金

出典: https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/

日本政策金融公庫から融資を受けるまでの期間はおよそ1~2ヶ月です。今すぐ融資を受けたい方には向いていませんが、他の方法に比べて低金利で借りることができます。

どの融資制度が自分に適しているのかなどわからないことがあれば商工会議所や商工会に相談することもできます。疑問がある方は申込前に相談しておくと良いでしょう。

<日本政策金融公庫の融資制度で必要な書類>

  • 借入申込書
  • 直近2期分の確定申告書
  • 納税証明書
  • 事業計画書
  • 最新の試算表
  • 設備資金ならその見積もり書

<融資までの流れ>

①インターネットか支店窓口から申し込む
日本政策金融公庫の融資制度はネット申込もできますし、最寄りの支店に行って窓口からでもOKです。

②借入申込書の提出をする
借入申込書は公式サイトからダウンロードできます。支店窓口での申込はその場で書類を受け取り窓口へ提出します。

借入申込書と事業計画書のダウンロード先はこちらhttps://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

③面談
申込が終わると申込時に提出した書類を元に、事業内容について担当者と面談をします。

この際「直近2期分の確定申告書」と「事業計画書」を提出します。仮に忘れてしまっても後日郵送で対応してくれます。

④契約
審査に通ったら契約をします。

⑤利用開始
契約手続きが完了したら、融資実行日に口座振込されます。

方法2 信用金庫・地方銀行・メガバンクから融資を受ける

個人事業主の方は信用金庫や地方銀行、メガバンクからも融資を受けられます。融資実行までは約1ヶ月程度で、金利は年2.0%前後と低金利です。

信用金庫や地方銀行は地域に密着していて個人事業主の方の借入に積極的な傾向があるため、メガバンクよりも優先して検討することをおすすめします。

ただし、赤字で確定申告をしている方はどの金融機関の審査も厳しくなると考えましょう。

<信用金庫・地方銀行・メガバンクの融資で必要な書類>

  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーなど)
  • 直近2期分の確定申告書
  • 住民票
  • 資金使途確認資料(見積り書など)
  • 事業計画書
  • 所得証明書
  • 印鑑証明書
  • 課税申告書
  • 決算書(2期分)

<融資までの流れ>

①店頭窓口で相談する
まずは店頭窓口に行って融資の相談をします。確定申告書や事業計画書、決算書などを持っていくとスムーズに話が進みます。

忙しい場合はネットや電話で面談する日時を予約してから行きましょう。

②保証会社との提携手続きをする
保証付き融資の場合は信用金庫や銀行が委託する保証会社と提携手続きをして、融資の申込をします。

③保証審査
委託している保証会社の審査が行われます。

④申込書の提出をする
保証審査が終わると保証決定通知書と申込書が届くので、信用金庫または銀行に持っていくか郵送します。

⑤審査結果の連絡
信用金庫または銀行の担当者から審査結果の連絡があります。審査が通れば店頭で契約する日時を予約します。

⑥店頭窓口で契約
正式な契約を店頭で行います。

⑦借入開始
契約完了後、融資実行日にお金が振り込まれます。

方法3 ビジネスローンで借りる

個人事業主の方もビジネスローンを利用できます。

ほとんどのビジネスローンは申込から融資まで来店不要ですし、融資スピードも最長1週間以内と日本政策金融公庫や銀行融資に比べて圧倒的に早いです。

即日融資に対応しているビジネスローンもあるので、条件が揃っていれば当日中に借入ができます。

主なビジネスローンは次の通りです。

個人事業主が利用できるビジネスローン*1 Oricoに引き落とし口座を登録している方は可

申込条件はビジネスローンによって異なりますが、業歴1年、もしくは2年以上の方が対象です。業歴が浅い方は日本政策金融公庫の融資制度を検討してみてください。

ビジネスローンは繰り返し利用も可能なので、いざという時のために持っておいても良いでしょう。

<ビジネスローンの申込に必要な書類>

  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーなど)
  • 確定申告書(直近2年分がない場合は印鑑証明書)
  • 経営状況申告書

<融資までの流れ>

①ネット申込
まずはネットから申込をします。

②申込内容の確認
申込内容を確認するために電話かメールで連絡がきます。その後にWEB上で必要書類をアップロードします。

③審査
メールか電話で審査結果の連絡が入ります。

④契約
ネット上で契約手続きをします。

⑤借入開始
振込融資の手続きを行い、預金口座に入金されたら利用開始です。

ローンカードが手元に届いたら、そのカードを使ってコンビニなどの提携ATMからの借入もできるようになります。

方法4 消費者金融カードローンで借りる

消費者金融カードローンなら生活資金ではなく、事業資金でお金を借りることができます。

SMBCモビット以外なら30日間無利息のサービスがあり、利息を減らせるので短期間の借入ならお得に利用可能です。

上限金利は年18.0%程度と日本政策金融公庫や銀行融資に比べて高いため、運転資金での借入はあまりおすすめできません。しかし、即日融資に対応しているので急ぎの方は検討してみるのも良いでしょう。

個人事業主の方が利用できる消費者カードローンは次の通りです。

消費者金融融資限度額金利年無利息期間
アコム最大800万円3.0~18.0%30日間
アイフル最大800万円3.0~18.0%30日間
プロミス最大500万円4.5~17.8%30日間
SMBCモビット最大800万円3.0~18.0%なし
ノーローン最大300万円4.9~18.0%7日間

<消費者金融カードローンの申込に必要な書類>

カードローンで必要になる書類

<融資までの流れ>

①申込をする
申込方法は様々ですが、スマホやPCからのネット申込は最も簡単に行えます。申込情報を入力後、審査になります。

②審査結果
審査が終わると電話かメールで審査結果の連絡がきます。

③契約手続き
無事に審査が通れば契約手続きを行います。

④利用開始
契約手続き完了後、利用ができます。

2.個人事業主だからこそ審査で重要視される4つのポイント

個人事業主が審査で見られるポイントを見て行きましょう。

ポイント1 支払いの滞納や延滞

  • クレジットカード
  • ローン
  • 税金
  • 家賃、光熱費などの固定費
  • スマホ本体の分割払い

などの支払いを滞納や延滞してしまうと、融資の審査に通る可能性は極めて低くなります。

例えばクレジットカードやローン(スマホ本体の分割払いも含む)の場合、支払いを滞納すると滞納の記録が信用情報機関に登録されます。

融資の審査では信用情報機関の情報を照会するため、滞納していることはすぐにバレてしまいます。

運転資金の融資を受けるためにも支払いの滞納や延滞はしないように注意しましょう。

なお、日本政策金融公庫や銀行などは税金の支払いを特に重視します。納税証明書の提出が必要なところも多いため、日頃からしっかりと納めていつでも発行できる状況にしておくことが大切です。

ポイント2 事業内容

個人事業主が運転資金を借りるために決算書や確定申告書を求められるのは、事業内容を長期的に見る必要があるからです。

例えば売上が多くて事業1年目は黒字だったが、2年目は設備導入により経費が重なって赤字だった場合、2年目は一時的に資金が苦しくなったと判断できます。

このような場合、設備投資をしたから赤字になっているだけなので、融資する正当な理由があると判断されます。

運転資金がなぜ必要なのか見極めるためにも、個人事業主の審査では決算書や確定申告書が重要になります。

ポイント3 事業計画書の内容

事業計画書は融資の審査で非常に重要です。運転資金を借りた後、しっかりと返済できることを上手く説明できれば、融資担当者に高い信用を与えることができるからです。

  • 資料をていねいに作成している
  • 今後の見通しがある
  • 事業内容がはっきりしていて理解できる

上記のような説得力のある事業計画書を提出できれば、仮に実績があまりなくても融資を受けられる可能性は高くなります。事業計画書はわかりやすく、そして具体的に作成するようにしましょう。

ポイント4 事業主の能力や人柄

消費者金融やビジネスローン以外は店頭に行き面談をする必要があります。審査は書類のみで行われるものではなく、担当者は次のようなことも見ています。

  • 事業計画がうまくいくようなスキル、経歴がある
  • 事業計画をきちんと守れる、返済できる
  • 面談の態度は良いか
  • 嘘をついていない

特に日本政策金融公庫の審査は面談を重視しています。新規開業資金などの審査は日本政策金融公庫で行うからです。

融資実行まで期間が長くなるにつれて本当に融資されるのか不安になる気持ちもわかりますが、面談や電話などの対応が悪かったりすると審査にも影響が出る可能性があります。

言葉使いや態度には十分に注意しましょう。

3.個人事業主が運転資金を借りる時の4つの注意点

個人事業主が運転資金の融資を受けるために注意したいことは4つあります。

注意1 自分の状況に合った融資を選ぶ

個人事業主の方は様々な融資を受けられます。申込条件や融資限度額、融資実行までの期間などから、自分に適した融資を選びましょう。

  • 確定申告書が2期分用意できないなら1期分だけで大丈夫なローン
  • すぐに運転資金を借りたいなら即日融資に対応しているローン
  • 忙しくて店頭まで行けないならネット申込ができるローン
  • 長期的に借りるなら低金利で融資期間が長いローン
  • 営業エリア内の信用金庫や地方銀行の融資

返済や対応が遅れたりしなければ信用度も上がるため、再度融資を受ける際は審査で有利になる可能性が高くなります。

注意2 資金用途は明確にする

融資を受ける場合、資金用途は必ず聞かれます。使い道が明確な資金なら借りられる可能性も高くなりますが、単純にお金が必要になったという理由だけでは融資を受けるのは難しくなります。

需要の拡大により設備投資などといった前向きな資金用途を提示すれば融資を受けられる可能性も上がるので、資金用途は明確にしておきましょう。

注意3 開業直後

まだ開業して間もない方は柔軟な対応をしてくれる日本政策金融公庫から融資を受けることをおすすめします。

銀行やビジネスローンなどの提出書類は2期分の確定申告書が必要になることがほとんどで、申込条件も業歴1年、2年以上のところが多いです。

これから開業する方や開業して数ヶ月の方は、開業専用の「新規開業資金」や「新創業融資制度」を検討してみてください。

注意4 総量規制

総量規制とは貸付限度額を年収の3分の1までとする法律で、主に消費者金融や信販会社などが対象になります。

消費者金融カードローンを利用する時は借りられても自分の年収の3分の1までと覚えておきましょう。

なお、ビジネスローンも総量規制の対象ですが、次の要件を満たすことができれば自分の年収の3分の1以上を借りることも可能です。

  • 確定申告書や事業計画書などの書類を提出
  • 審査で年収の3分の1を超えていても返済能力があると判断

4.即日融資に対応しているカードローンランキング

即日融資に対応している消費者金融のカードローンをご紹介します。今日中にカードローンを利用したい方はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

レイクALSA

レイクALSAには「借入額5万円まで180日間無利息」「契約額1万~200万円まで60日間無利息(*1)」の選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」方に特に選ばれています。

*1 新生フィナンシャルで初めて契約した方のみが対象。期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方、30日間無利息、180日間無利息との併用は不可

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクALSAでお得に借りる方法はこちら
レイクALSAのメリット・デメリットを徹底解説|最短即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

運転資金の融資を受けるなら融資実行まで遅いですが、最も低金利な日本政策金融公庫の融資制度をおすすめします。

今すぐに借入したい方は即日融資に対応しているビジネスローンか消費者カードローンを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket