懸賞生活で当選するやり方を徹底解説|当選確率を高める7つのコツで懸賞達人になろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
懸賞が当たった女性

「懸賞って本当に当たるの?」と思われますが、懸賞に応募しないと当選することはありません。

懸賞に当選する人は運だけでなく、当選確率を上げるための工夫をして応募しています。懸賞生活を楽しむためには地道に応募することが重要です。

この記事では、懸賞生活で当選するやり方や当選しやすくなるコツをまとめました。

懸賞に当選した時は計り知れない喜びが待っていますので、諦めずに挑戦し続けてみてください。

1.懸賞生活で当選するやり方

懸賞は応募者が少なければ、当然当選する可能性は高くなります。さらに細かく言うと開催先の懸賞担当者の目に留まるハガキ内容にすることで当選しやすくなります。

応募ハガキにデコレーションやカラーテーピングをすると当選しやすくなるなどの情報が多々ありますが、効果は薄いと言っても良いでしょう。

どんな懸賞のやり方が良いのか、当選率を上げるにはどんなコツがあるのかご紹介します。必ず当選すると信じて応募し続けましょう。

なお、懸賞生活を始めるなら次の応募セットを準備しておくとスキマ時間にいつでも応募できます。(100円均一ショップで揃います)

  • ハガキ
  • 切手
  • ペン(カラーペンもあると◎)
  • セロハンテープ
  • ノリ・スティックノリ
  • ハサミ・カッター
  • 透明袋チャック付き

2.懸賞に当選しやすくする7つのコツ

懸賞に当選しやすくするコツをご紹介します。

コツ1 当選確率を上げるならクローズド懸賞を狙う

懸賞の中には、誰でも応募できる全国展開のオープン懸賞と購入した商品のポイントシールなどから応募できるクローズド懸賞があります。

全国展開の懸賞は、海外旅行や温泉旅行など豪華商品が魅力ですが、誰でも応募できるため応募数もかなり多いです。

当然、当たる確率は低くなるため、「懸賞は当たらない」というイメージが根付いています。

それに比べ、スーパーやドラッグストアなどの懸賞キャンペーンは、地域限定のものが多く応募者数も少ないため、これに応募すれば当選確率は自然と高くなることでしょう。

スーパーなどで開催の懸賞は「対象商品お買い上げの方」などの条件があるため、応募者数はオープン懸賞よりも減ります。

全国展開の懸賞よりもスーパーなどで条件付きの懸賞に応募した方が当たる可能性は高いので、スーパーなどが取り扱っているクローズド懸賞にチャレンジすると良いでしょう。

コツ2 応募キャンペーンが複数回ある懸賞は初回に応募する

応募キャンペーンが長期に渡って開催されている場合、多くの方は「最後に応募しよう!」と考えるため、後になるにつれて応募数が集中します。

例えば応募対象期間が3回ある場合、1回目が4/1〜4/30、2回目が5/1〜5/31、3回目が6/1〜6/30の3か月間に分かれていると多くの方は3回目の6月末日付近で応募する方が多いです。

開催先は、どの応募期間からも候補者を上げるため、もっとも応募数が少ない1回目の期間中に応募した方が当選確率も上がることでしょう。

応募者数が少ない初回や少ない時期を狙い当選確率を上げることがポイントです。

コツ3 複数枚は家族の名前で応募する

懸賞で当たりやすくするためにも、旦那さんや子供の名前を使って複数枚(回)応募してみましょう。

例えば懸賞ハガキ30枚分を応募する場合、10枚は自分の名前、10枚は旦那さんの名前、10枚はお子さんの名前で応募すると良いです。

応募者情報などは顧客リストとしてデータにすることが多く、懸賞は「住所、名前、年齢」などの情報を収集する目的があります。

企業がターゲットにする性別や年齢層などは異なるため、家族の名前を使い複数枚(回)応募すると目的にあった属性の方がヒットすれば当選確率は高まることでしょう。

ただし、インターネット懸賞の場合、会員登録が必要になるので名前を変えても重複応募として扱われてしまうことには注意が必要です。

コツ4 感想やコメント欄は必ず書く

感想欄やコメント欄を書くことは重要で担当者の目に止まることができれば当選確率が高まります。消費者意見もデータ化にして今後の資料作りの参考にするためです。

逆に感想欄やコメント欄に記入がなかったり、「当たりますように!」「どうしても行きたい!」「よろしくお願いします!」など、おねだりをするコメントや褒める内容ははじかれる原因になってしまいます。

応募先は主に企業なので、その商品に役立つ(改良が見込める)コメントを書いた方が当選しやすくなることでしょう。

例えば飲料水の場合、「〇〇会社のジュースは果実が入っていて、口に入れた時に楽しめるけど、このジュースは入っていないから物足りない。味は抜群に美味しいので、口に入れた時に楽しめるとさらに買いたくなります。」など、メーカーが改良できるコメントにすると良いです。

コツ5 得意分野の懸賞キャンペーンに応募する

懸賞キャンペーンの中には、クロスワードやスマイル写真を送信するもの、料理を掲載する懸賞があります。

例えば子供向け料理のコンテスト懸賞の場合、子供がよく食べてくれそうな料理を投稿したり、子供のスマイル写真を応募するものです。応募先がどんな目的で応募者を募っているのか想像して応募すると良いでしょう。

自分が得意とするジャンルがある場合は、コンテスト系の懸賞に応募してみてください。

どうしてもコンテスト系の懸賞は手間がかかってしまうため応募者が少なくなります。

得意分野がある場合は気軽に応募し続けることができるので、当選するチャンスがある得意分野の懸賞キャンペーンがおすすめです。

 

コツ6 無料商品モニターやサンプル品の懸賞に応募する

無料商品モニターやサンプル品は当選者数が多いため当選しやすい懸賞です。

よくあるのが飲料水や化粧品で、新商品の認知度を上げるために当選者数が1万人〜10万人などに増えるため当選確率も上がります。

飲料水に付いているバーコード懸賞も当選者数が多いので、ぜひチャレンジしてみてください。スマホでQRコードを読み取るだけで簡単に応募ができます。

コツ7 アンテナを張っておく

買い物などに行くとよく懸賞対象の商品があります。普段から同じ商品を購入するかと思われますが、同じ商品で値段もそこまで変わらないのであれば、応募対象商品を購入すると良いでしょう。

例えばふりかけの場合、普段購入しているのが永谷園のふりかけとします。ふりかけコーナーに行き、懸賞キャンペーン中の丸美屋のふりかけがあるなら丸美屋を選ぶということです。

スーパーでよく見かけることが多いのは「飲料水、お酒類・調味料・お菓子系・生活用品系」があるので、常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

1,000円以上購入レシート限定で応募できる懸賞などもありますので、日頃からレシートも確認してみてください。

3.懸賞生活の注意点4つ

懸賞生活で注意することをご紹介します。

注意1 連絡先はキレイな字で記入する

連絡先を記入する懸賞に限った話にはなりますが、連絡先の記入欄はキレイな(読める)字で記入しましょう。

読めない字ですと名前や住所が分からないため、はじかれる対象になりますし、万が一当選したとしても間違った住所に送られてしまっては商品が届きません。

また、ネット応募の場合は「誤字・脱字」に注意して住所などを入力しましょう。

注意2 ネット懸賞は信用できる有名サイトだけに絞る

懸賞サイトの懸賞品は豪華なものが多く魅力的ですが、聞いたこともない会社ですと、大抵商品が用意されていないことが多いです。さらに応募時に必要な「個人情報」だけが抜き取られることもあります。

後にメールマガジンや郵送でチラシが届いたり、他の企業に個人情報が流出される可能性も出てきます。

有名なネット懸賞や信用できるYahoo!などのサイトからの懸賞に応募するようにしましょう。

なお、有名でない保険会社の懸賞にも注意が必要です。全ての保険会社が対象ではないですが、応募してしまうとしつこい勧誘があることが多いからです。

懸賞を開催している会社がどんな会社なのか分からない場合は避けるようにしまよう。

注意3 シール型応募などの商品は無理に買わない

懸賞の中にはシールやポイントマークを貯めて応募する商品がありますが、早く貯めたいからと必要以上に商品を購入すると出費につながるのでやめましょう。

確かに2か月間など期間が短い懸賞が多いですが、家計の負担にならない範囲内で懸賞生活を楽しむことがポイントです。

なお、最近では10P貯まったら「確実に商品が獲得できる」懸賞もあります。商品の値段にもよりますが、確実性があるなら1つや2つ多めに購入しても良いでしょう。

注意4 頑張りすぎない

懸賞生活は地道な作業になるため、張り切り過ぎると長く続けることが難しいです。「こんなに応募しているのに当たらない!」と応募することが面倒になってしまう方が多いです。

いずれ当たるという気持ちを持ちつつ、スキマ時間に作業すると良いでしょう。

当選確率を高めるコツを実践して気長に待つと懸賞生活は上手くいきます。

4.懸賞生活の豆知識|懸賞の種類

懸賞の種類は大まかに次の通りです。

  • オープン懸賞
  • クローズド懸賞
  • ローカル懸賞
  • 雑誌懸賞
  • インターネット懸賞
  • タイアップ懸賞

それぞれの懸賞内容を見てみましょう。

<オープン懸賞>

オープン懸賞は誰でも気軽に応募できる懸賞です。応募条件がないので応募者数が多くなるため、当選確率も自然と低くなります。

この応募方法は、ほとんどハガキ応募です。大量に応募するとハガキ代や切手代がかかるため、高額な出費になってしまうことはデメリットと言えます。

オープン懸賞でハガキ代などを抑えたい時は金券ショップで購入することをおすすめします。店にもよりますが、定価より5%〜10%ほど安く購入可能です。

なお、金券ショップで購入する場合はバラ売りではなく、100枚単位などでしか購入できないお店が多いので注意しましょう。

<クローズド懸賞>

クルーズド懸賞は、レシートやマーク、QRコード、シリアルナンバーなどが必要になる懸賞です。

無理に不要な商品を買う必要ないので、普段から購入している生活用品や飲食料品で開催されていないのかアンテナを張っておきましょう。

クローズド懸賞の中にはシールやポイントを集めて応募する「一般懸賞」と商店街などが提携をして、くじ引きなどの「共同懸賞」もあります。

<ローカル懸賞>

ローカル懸賞は、全国展開ではなく一部の地域限定で開催される懸賞です。

特に地域密集型のスーパーやショッピングモールなどで懸賞キャンペーンがあります。応募者数が少ないので当選確率は高くなることでしょう。

イオンなど大型スーパーも開催している懸賞キャンペーンもありますが、その地域に根付いているスーパーの懸賞に応募することをおすすめします。

なお、応募する際は応募条件を確認することが必要です。お住まいが対象地域でない場合は無効扱いにされることがあるので注意が必要です。

<雑誌懸賞>

雑誌懸賞は、週刊誌や月刊誌、情報誌、クロスワード誌などの雑誌で懸賞キャンペーンがあります。普段読んでいる雑誌がある場合は懸賞ページも確認してみてください。

この懸賞は応募者数が少ないので案外狙い目と言えます。

ただし、懸賞キャンペーンのためだけに読まない雑誌を購入するのは無駄使いになってしまうのでやめましょう。

<インターネット懸賞>

インターネット懸賞は、ネットから応募できる懸賞です。アンケートに答えたり、個人情報を入力する必要があります。

インターネット懸賞はハガキを送る必要がなく、スマホやパソコンから簡単に応募できるため応募者数が多いです。

他の懸賞キャンペーンに比べると当選確率は低くなりますが、キャンペーンは随時開催されているので諦めないで応募してみると良いでしょう。

5.おすすめの懸賞サイト5選

安全でおすすめの懸賞サイトを5つご紹介します。

①lucky dip

Lucky Dipは、20年以上も運営し続けている老舗懸賞サイトです。キャンペーン内容が豊富なため、自分が欲しい懸賞品が見つけやすいことでしょう。

1日1回応募可能な懸賞もありますし、選考方法や応募難易度を選んで応募できるため、手軽に当たりやすい懸賞に応募したい人に向いています。

→lucky dipで応募する

②楽天懸賞広場

楽天懸賞広場は楽天トラベルが運営している懸賞サイトで、「無料宿泊券、名産物、お酒、食事券、アメニティグッズ」などの懸賞品が対象です。

新着順や当選確率が高い順などの検索機能が豊富で、楽天のIDがあれば簡単に参加できます。

5つ星のホテルや高級旅館など普段行けなさそうな宿泊施設の無料券などの懸賞品があるので興味がある方、楽天ユーザの方におすすめです。

→楽天懸賞広場で応募する

③チャンスイット

チャンスイットは懸賞キャンペーン応募だけでなく、ポイントサイトとしても使える手軽なサイトです。生活に役立つ賞品や現金、ギフト券、旅行などの懸賞品が豊富なので人気があります。

ポイントサイトがメインになるため、アンケートに答えたり、ゲームをプレイすることでポイントが貯まります。貯まったポイントは現金に換えたり、電子マネーに換えることができます。

懸賞キャンペーンの応募しながら、ポイントも貯めて生活費の足しにしていくと良いでしょう。

→チャンスイットで応募する

④フルーツメール

フルーツメールは「毎日・毎週・毎月」当たる懸賞キャンペーンがあるサイトで、人気がある賞品や家電、商品券、宝くじなどの豪華賞品があります。

フルーツメールもポイントが貯まるサイトで、アンケートに答えたりゲームをプレイするとポイントがどんどん貯まっていきます。

貯まったポイントは現金に交換したり、カタログギフトの商品に交換したりすることが可能です。現金に交換する場合、「25,250P=2,000円程度」に換金できるため、コツコツとポイントを貯めていくとちょっとしたお小遣い稼ぎになります。

→フルーツメールで応募する

⑤サンプル百貨店

サンプル百貨店は、基本的に商品サンプルをお試し費用で購入できるサイトです。

懸賞キャンペーンもありますが飲料系が多く、他の懸賞サイトと比べると豪華賞品が揃っていないことがあります。

しかし、この懸賞サイトは応募者数が少ないため、当選確率は大きくなることでしょう。

→サンプル百貨店で応募する

6.まとめ

懸賞に当選するためには選ばれることが必要になるため、当選確率を高めるコツややり方を実践して懸賞生活を楽しんでみてください。

懸賞生活で注意すべきことも確認して、地道に懸賞で当たるチャンスを増やしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket