最も簡単なお金の作り方|今すぐ50万円手にするやり方と4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金に困っている男性

今すぐまとまったお金が必要になった時、一体どうしたら良いのでしょうか。

車やバイク、高価なブランド品などがあれば、それを売ってお金を作ることもできますが、誰もが高価なものを持っているわけではありません。

ですが、そんな時でもすぐにお金を用意する方法はあります。

もしも今あなたが必要としている金額が50万円以内なら、これからご紹介する方法が解決策になるかもしれません。

今回はすぐにお金を作りたい時の方法についてご紹介します。

1.今すぐできる3つのお金の作り方

お金を作る方法はたくさんありますが、今日明日中に必要な場合はその手段も限られてきます。まずはすぐにお金を作りたい時の方法をご紹介します。

方法1 持っている物を売る

最も手っ取り早くお金を作る方法は、持っているものをリサイクルショップやネットオークションで売ることです。マンガ、ゲーム、洋服、家電など、家の中を探してみると意外と売れるものはあるはずです。

ブランド物の洋服やバッグなどを持っている場合は、リサイクルショップよりもブランド品専門の買取業者に出した方が高い値段がつくでしょう。

方法2 単発のアルバイトをする

売れる物がない場合は日払いができる単発のアルバイトをするという方法もあります。

日雇いバイトの職種は様々ですが、キャンペーンやイベント系のアルバイトなら1日で1万円以上稼ぐことも可能ですし、倉庫作業でも夜勤であれば同じくらいの金額がもらえます。

まずは派遣会社に登録し仕事を紹介してもらいましょう。運が良ければ登録したその日にすぐ仕事をもらえる場合もあります。

方法3 カードローンでお金を借りる

ある程度まとまったお金が必要な場合は金融機関からの借り入れを検討してみるのも1つです。例えば銀行や消費者金融のカードローンならはじめての方でも50万円ほどなら借りられるケースも多く、審査が非常に早いので即日融資も可能です。

2.今すぐお金が必要な時にカードローンが選ばれている7つの理由

カードローンは他の一般的なローンと比べ異なる点が多いので、初めて利用する方はいまいちどんなものなのかわからない部分も多いと思います。今すぐお金が必要な方になぜカードローンが選ばれているのか、その理由をお伝えします。

理由1 申込がネットで完結する

カードローンは基本的に来店による申込手続きが必要なく、申込から融資まで全てネットで完結させることができます。

店舗に行く時間がないとしても、出勤前や昼休みにスマホから申込をしておけば、仕事帰りにカードを受け取ってそのまま借入をすることが可能です。

金融機関によっては振込で借入ができるネットキャッシングに対応している場合も多いので、その場合はカードを受け取りに行く必要もありません。

理由2 即日融資が可能

消費者金融なら基本的に即日融資に対応しています。カードローンの審査は早ければ30分ほどで終わるので、申込から借入まで最短1時間あれば完了します。

ただし、すべてのカードローンが即日融資可能なわけではなく、金融機関によっては1週間から2週間程度かかる場合もあります。急ぎの場合は即日融資に対応しているアコムやプロミスなど大手消費者金融を利用しましょう。

理由3 ATMから繰り返し借りられる

住宅ローンやマイカーローンなど一般的なローンの多くは最初に全額を借り入れ、その後は返済をしていくのみになりますが、カードローンは最初に決められた限度額の範囲内で繰り返し借入ができます。

例えば限度額が50万円のカードローンで一旦全額の50万円を借りたとしても、その後に5万円返済すれば、再び5万円分借りることができます。そのため、完済後もいざというときの保険としてカードだけ持っておくという方も多いです。

ちなみに借入残高が0円ならカードを持っていても利息は発生しませんし、年会費もかかりません。

理由4 返済が月々一定額の分割払い

カードローンの返済は基本的にリボ払いなので、いくら使っても毎月の返済額は同じです。

厳密に言うと、借入残高によって段階的に返済額が決まる仕組みとなっており、例えば借入残高が10万円なら月々の返済額は2,000円、借入残高が30万円なら8,000円と言うように借入額によって月々の最低返済額が決められています。

ただし、これはあくまで最低返済額なので、余裕があれば任意で繰り上げ返済をすることも可能です。

繰り上げ返済によって返済期間が短くなれば、その分利息も節約できるというメリットがあるので、カードローンを利用する際は積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

理由5 パート・アルバイトの方でも申し込める

カードローンの申込条件は基本的に「20歳以上で継続安定した収入のある方」となっており、パートやアルバイトの方でも毎月決まった収入があれば申し込むことができます。

理由6 主婦でも申し込める

カードローンは安定収入がある主婦の方も申込ができます。

配偶者の承諾は特に必要ないので、旦那さんに内緒で生活費を借りることもできます。ただし、延滞をすると旦那さんにバレる可能性があるので注意が必要です。

理由7 担保や保証人が不要

金融機関の借入には担保や保証人が必要になる場合もありますが、カードローンはいずれも不要なので家族や知り合いに迷惑をかけることもありません。

3.カードローンの申込前に知っておきたい4つのこと

カードローンは非常に利便性が高い商品ですが、利用にあたっては4つほど注意点があります。カードローンの申込前に知っておきたいポイントをまとめました。

①現在支払いを延滞していると審査に通らない

割賦で購入した携帯電話の利用料やクレジットカードの支払いなど、毎月の支払いを延滞しているとカードローン審査に通る事は非常に難しくなります。

延滞をしているということはすでに返済能力がないということなので、返せる見込みのない人にお金を貸してくれるところはありません。

②延滞をすると信用情報に傷がつく

カードローンに限ったことではありませんが、ローンの返済を延滞してしまうと自分の信用情報に延滞履歴が登録されます。

つまり信用情報に傷がつくということですが、 一度事故情報が登録されると5年から10年その履歴が残る場合もあり、その間他のローンを組めない状態になってしまいます。

数日の延滞なら事故情報として扱われないケースもありますが、何度も延滞を繰り返してしまうと、金融機関独自のブラックリストに載る可能性が高いので注意しましょう。

③消費者金融からの借入は総量規制の対象

消費者金融からの借り入れは「総量規制」の対象となります。総量規制とは貸金業者からの借入額の合計を年収の3分の1までとする規制で、主に消費者金融、信販会社、クレジットカード会社からの借り入れに適用されます。

すでにクレジットカードのキャッシング枠や他の消費者金融からの借り入れがある場合、年収の3分の1という部分に現在の借入額も含まれることになります。

今の時点で借入額が年収の3分の1に達している場合、消費者金融の審査に通ることはできないので注意しましょう。

なお、銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、借りられたとしても消費者金融と同じくらいになると考えて良いです。

④多重債務者になる可能性がある

申込手続きが比較的簡単で、限度額の範囲内で繰り返し借りられるカードローンの性質上、一度カードローンを利用するとその後に多重債務者になるケースが非常に多いです。

カードローンの場合、必要な時にいつでもATMから借入ができるため、自分の預金口座からお金を引き出しているような感覚に陥ることさえあります。利用にあたっては徹底した自己管理が重要になるでしょう。

また、月々の返済額もそれほど大きくないため、限度額がいっぱいになると2社、3社と借入件数を増やし、気づけば多重債務者になっていたというのはよくあるパターンです。

4.今すぐ借りれる五つ星カードローンランキング

今すぐ借りれるカードローンをランキングでご紹介します。特徴やポイントもお伝えしますので、この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

必要な金額や時期によっても取るべき行動は変わってきますが、できることなら借入は最後の手段として考えた方が良いでしょう。

今回ご紹介したようにカードローンの利用にはそれなりにリスクもあるので、「お金がないなら借りればいい」と言う感覚ではすぐに破産してしまいます。

カードローンを利用する場合は毎月の返済額や支払総額をあらかじめシミュレーションし、無理のない返済計画を立てるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket