会社で仕事をするだけがお金を稼ぐ方法じゃない!最新のお金を作る方法7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を作る方法0

「毎月家計が赤字で貯金を切り崩している」「お小遣いが少なくて欲しいものが買えない」など、生きている限りお金の悩みが尽きることはありません。

これでは働くことへのモチベーションが下がるばかりか、いつもお金のことで頭がいっぱいで、日々の気持ちに余裕がなくなってしまいます。

しかし、お金の悩みの解決策はやはりお金でしかありません。今回は、様々な手段でお金を作る具体的な方法をいくつかご紹介しますので、お金を作りたい方はぜひ実践してみてください。

1.知らなきゃ損!最新のお金を作る方法7選

まずはお金を作る方法を7つご紹介します。

方法1 物を売ってお金を作る

まずは持っている物を売ってお金に換えるのが最も手軽な方法です。特にブランド品や高価な家具なら数万円以上で売れることも多いですし、漫画やゲームなども数が多ければそれなりの金額になるでしょう。

その際近くのリサイクルショップを利用するのも良いですが、「メルカリ」などのフリマアプリや「ヤフオク」などのネットオークションを利用するのもおすすめです。高価なブランド品なら、数時間で5万~10万円以上になる場合もあります。

方法2 単発のアルバイトでお金を作る

1万円程度なら単発のアルバイトを1日すれば十分手にすることが可能です。ただし、日勤の軽作業の場合は8,000円前後が相場なので、 1万円以上の収入を得たい場合は夜勤、もしくはイベント系などがおすすめです。

なお、日雇いのアルバイトをするには基本的に派遣会社への登録が必要なので、必ずしもその日のうちに働けるとは限りません。急ぎの場合は、現地面接が可能なアルバイトを求人サイトで探してみると良いでしょう。

方法3 覆面調査員をする

覆面調査員(ミステリーショッパー)は、飲食店やエステ店などに来店し、サービスの評価をしてお金をもらう仕事です。

例えばエステ店なら、スタッフの接客態度や施術サービス、飲食店ならお店の清掃状況や料理の味や提供時間などを報告するのが仕事です。気になる報酬ですが、エステ店なら1日数時間につき1,000円~2万円程度となっています。

お店を利用する際の費用はあらかじめ支給される場合もありますが、一旦立て替えてき後から支払ってもらうというケースもあるので、まずは覆面調査員の求人をネットで探し、その中から条件に合った案件に応募してみると良いでしょう。

方法4 ポイントサイトでお金を作る

ポイントサイトとは、貯めたポイントを換金できるサイトのことで「ハピタス」や「げん玉」や「モッピー」などが有名です。アンケート回答、ミニゲーム、スマホアプリの無料ダウンロードなど簡単な作業でポイントが貯まるので、スキマ時間でできるお小遣い稼ぎとして主婦の間ではかなり人気です。

ポイント数は案件ごとに違いますが、例えばポイントサイトを通して楽天市場で買い物をすると購入金額の5%分のポイントが貰えたり、クレジットカードの申込や証券会社の口座開設をするだけで2万円分のポイントが貯まるなど、還元率の高い案件もあります。

基本的には日頃利用するサービスをポイントサイトを通して行うだけなので、生活をしているだけでどんどんポイントが貯まっていきます。ただし、無料会員登録などの案件はその後に大量のメルマガが届くことが多いため、気になる方は普段使わないフリーメールアドレスを用意しておいた方が良いかもしれません。

方法5 撮影した写真を販売する

写真を撮るのが趣味という方は、撮った写真をネットで販売する動画素材販売サイトの利用がおすすめです。販売サイトとして最も有名なのは「PIXTA」というサイトですが、写真だけでなく動画や自分で作成したイラストなども販売可能です。

写真はサイズによって1枚540円~5,400円で販売され、そのうちの約20%~60%が自分に還ってくる仕組みです。仮に540円の20%なら108円になりますが、プロのクリエイターレベルになると年間数千万円、一般の方でも一千万円以上売り上げる方もいるようです。

PIXTAで写真やイラストを販売するにはいくつかのステップがあり、これを全てクリアすると実際に写真を販売できるようになります。写真やイラスト作成が趣味の方は持っている素材をアップロードするだけなので、試しに一度利用してみてはいかがでしょうか。

  • 会員登録(無料)
  • 簡単な入門テスト
  • 素材データをアップロード
  • 審査
  • 販売スタート

方法6 クラウドソーシングでお金を作る

近年はネット環境とパソコンさえあれば、自宅で収入を得られるクラウドソーシングが人気です。クラウドソーシングサービスを提供するサイト上には「仕事をしたい人」と「仕事を依頼したい人」の双方が存在し、それぞれが直接的にやり取りをすることで仕事をもらえる仕組みです。

具体的な仕事内容としては、例えば次のようなものがあります。

  • ホームページ作成
  • web上の記事作成(個人ブログ、まとめサイト、転職サイトなど)
  • オンラインショップの商品登録作業
  • テープ起こし
  • イラスト作成
  • アンケートや体験談の投稿

仕事内容によって報酬にはかなり差がありますが、専門的な知識やスキルがない状態から始めても、1ヵ月分の食費や家賃程度なら比較的簡単に稼ぐことができます。

もちろん1日の作業時間や仕事の単価によっても変わってきますが、クラウドソーシングの場合、月に数十万円以上の収入を得ることも決して夢ではありません。

クラウドソーシングサービスを利用するにはまず専用のサイトに会員登録をする必要がありますが、登録料は無料なのでぜひ一度サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

シュフティ
https://www.shufti.jp/

方法7 車を貸してお金を作る

車を持っている方なら「カフォレ」などの個人版カーシェアリングを利用してお金を作るという方法もあります。サービスの基本的な仕組みとしては、まずサイト上で会員登録を行い、実際に貸したい車と貸し出し条件を設定して車をオークションに出品します。その後借り手が落札すると、実際に車を貸出して報酬が貰えるというものです。

毎日車を使っている方はなかなか難しいかもしれませんが、例えば休日しか車を使わない場合は、平日に車を貸出して副収入を得るということも可能です。

2.今すぐまとまったお金を作りたいとき

お金を作る様々な方法をご紹介してきましたが、例えば「今日中に50万円必要」というように、今すぐまとまったお金が必要な場合にはあまり現実的な方法とは言えません。もしあなたが今すぐ数十万円のお金を調達したいなら、銀行や消費者金融のカードローンを検討してみるのがおすすめです。

カードローンなら初めての方でも10万円~50万円ほど借りられる場合も多く、安定継続した収入があればパートやアルバイトの方でも申し込めます。カードローンの場合担保や保証人は不要なので、その分審査も非常に早く、スムーズに行けば申込から1時間程度で借りることができます。

①カードローンでお金を借りた場合の利息

カードローンは借入なので借りた分には当然金利がかかります。消費者金融と銀行カードローンそれぞれの金利をまとめてみました。

不動産担保ローン2

カードローンの金利は決して低いとは言えませんが、借入額が少なく返済期間が長引かなければそれほど危険なものではありません。仮に10万円を1ヵ月間借りた場合、利息がいくらになるのかを計算してみました。

金利14.5%で10万円を1ヵ月間借りた場合
10万円×14.5%÷365日×30日=1,191円

金利18.0%で10万円を1ヵ月間借りた場合
10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円 

金利14.5%で借りた場合にしろ、金利18.0%で借りた場合にしろ、1ヵ月間だけの借入であれば、利息は1,500円もかからないことがわかります。

②無利息期間を活用してお得に借りる

大手消費者金融のカードローンの中には、無利息期間があるものがいくつかあります。無利息期間中に完済できれば利息は1円もかからないので、短期的な借入になる場合は銀行カードローンよりも消費者金融を利用した方が結果的にお得なケースもあります。主に無利息期間があるカードローンは次の通りです。

5社の無利息期間

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「FPが教えるカードローンの無利息サービスを最大限活用する方法」

3.まとめ

今回はお金を作るための様々な方法をご紹介しました。近年は収入を得るための方法も非常に多様化してきており、ただ会社で仕事をするだけがお金を稼ぐ方法ではありません。

もちろん、その全てがすぐに収入につながる方法とは限りませんが、その手段を知っているかどうかで今後の生活が大きく変わってくることもあります。

特に「家計の赤字をなんとかしたい」「毎月のお小遣いを増やしたい」とお悩みの方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。最初は物足りない金額でも、数ヵ月、1年と継続すれば今の想像を遥かに超える収入を得ることができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket