アコム

カード会社別|クレジットカードでキャッシングする方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードキャッシング0

クレジットカードでのキャッシング方法は主に2つです。

この記事では、クレジットカードキャッシングの仕組みから、お金を借りるまでの流れを分かりやすくご紹介していきます。

カードごとの利用方法やキャッシングの注意点についてもまとめましたので、初めてキャッシングをする方はぜひ参考にしてみてください。

1.クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、カードのキャッシング枠を使ってカード会社からお金を借りることです。カードにキャッシング枠があれば必要な時にすぐに借入ができるので、いざという時にも助かります。

いくらまで借りられるかは、あらかじめ設定されたキャッシングの利用可能枠によって違いますので、ご自身の利用可能枠についてはそれぞれのカード会社に確認してみてください。

2.キャッシング利用枠の確認方法

カードによってはキャッシング枠が設定されていない場合もあるので要注意です。キャッシング利用枠の確認方法については、カード会社に電話で確認するかインターネットの会員専用ページを利用しましょう。カードの申し込み時点から契約内容に変更が無い場合は、カード発行時のカード台紙にもキャッシング利用枠の記載があります。

万が一お持ちのカードにキャッシング枠が無い場合は、あらかじめ申し込みが必要です。ただ、申し込んだからといって必ずしもキャッシング枠がもらえるわけではなく、キャッシング枠の付帯には審査があります。即日審査が可能な会社もありますが、1週間程度かかる場合もあるので注意しましょう。

3.クレジットカードのキャッシング方法

ここからはクレジットカードのキャッシング方法について詳しくご説明します。主なキャッシング方法は2種類ですので、お持ちのカードがそれぞれに対応しているかもあわせて確認してみてください。

①ATMでキャッシング

まずはATMを利用する方法です。利用可能なATMはカード会社によって違いますが、主要のコンビニや銀行など提携金融機関のATMでキャッシングができます。コンビニのATMなら基本的に24時間365日対応しているので、いつでも手軽に利用できます。

カード会社別対応ATM

クレジットカードごとに利用できるATMをまとめました。

クレジットカードキャッシング1

ATM操作方法

キャッシング時のATM操作方法は、以下のとおりです。

<コンビニのATM>

  1. クレジットカードを挿入
  2. 「ご出金」を選ぶ
  3. 暗証番号を入力
  4. 借入希望額を入力
  5. 「一括払い」もしくは「リボルビング払い」を選ぶ
  6. 現金とカードを受け取る

<銀行のATM>

「クレジットカード」を選ぶ

  1. クレジットカードを挿入
  2. 「ご出金」を選ぶ
  3. 暗証番号を入力
  4. 借入希望額を入力
  5. 「一括払い」もしくは「リボルビング払い」を選ぶ
  6. 現金とカードを受け取る

②ネットキャッシング

ATMの他にも、振り込みによるキャッシングいわゆるネットキャッシングという方法もあります。ネットキャッシングなら直接自分の口座に入金されるので、料金の引き落としや振込など、口座にお金を準備しておきたい時に便利な方法です。

ネットキャッシングは、電話もしくは会員専用ページから申し込み可能で、振込手数料をカード会社が負担してくれるのも嬉しいポイントです。

ネットキャッシング対応のカード会社

大手カード会社のネットキャッシング利用可否と、受付から振込までの対応時間をまとめました。

クレジットカードキャッシング2

4.クレジットカードキャッシング3つの注意点

非常に便利なクレジットカードのキャッシングですが、利用する上ではいくつか注意点があります。使い方によっては今後ローンを組む際などに影響してくる場合もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

注意1 利息が発生する

キャッシングはお金を借りるということなので、利用した場合は利息が発生します。利息額は借入額や金利によっても違いますが、クレジットカードのキャッシング金利は概ね15.0%~18.0%に設定されていることが多いです。

仮に10万円を金利18.0%で30日利用した場合、利息は以下の金額になります。

・10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

キャッシングの返済方法を一括にしている場合、次回の返済時には101,479円が必要です。キャッシングをする際は、利息の支払い分も考慮し計画的な利用を心掛けましょう。

注意2 ATM手数料がかかる

キャッシング利用時には、金額によって108円~216円(税込)のATM手数料がかかります。数回に分けて利用する際はその度に手数料がかかるので注意しましょう。

注意3 延滞すると信用情報に傷がつく

キャッシングの返済が遅れると、あなたの信用情報に延滞履歴が登録されてしまいます。信用情報は加盟しているすべての金融機関で照会ができるので、延滞履歴があると今後カードローンや住宅ローンなどを組む際に、審査落ちの可能性が高まります。キャッシングは無理なく返せる範囲内での利用が絶対条件です。

5.まとめ

クレジットカードのキャッシングはキャッシング枠の範囲内で自由に借り入れができるため、急な出費の際にも助かります。また、ネットキャッシングならATMに出向く必要も無いため、忙しい方にもピッタリです。しかし、銀行のカードローンなどに比べると金利は割高なので、借りた場合は1日でも早く繰り上げ返済をし、利息を最小限にするよう心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket