お金が集まる正しい財布の使い方と財布の形や色について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金が貯まる財布

「お金を貯めたいけれどなかなか貯まらない」そんな人はもしかしたら、財布の色や形に問題があるせいかもしれません。

安いものから高級品まで、ちまたには多くの財布が溢れていますが、本気でお金を貯めたい人にはどのような財布を選ぶのが正解なのでしょうか。

この記事では、財布を選ぶときにチェックしたい項目を、形、色、質に分け、いくつか挙げていきます。これらを参考に、正しい財布の選び方や使い方覚え、豊かな生活をめざした貯金ライフにお役立てください。

1.お金が貯まる財布の形

お金に好かれる財布とはどんな形のものが良いのでしょうか。

その1 長財布

「長財布はお金が貯まる」という話があります。長財布は収納も多く、入っているものが一目でわかりますし、大きいので忘れたり失くしたりすることもありません。

一方、高収入のビジネスマンに話を聞くと、コンパクトで持ちやすく、海外出張などに行った際でもスリ被害にあう可能性が少ないので、かえって二つ折り財布の方がいい、という声もききます。

では、なぜ「長財布はお金が貯まる」という話が出てくるのでしょうか。長財布だと、お金が折れずまっすぐのまま入れておくことができるからと言われます。そのため札が窮屈な思いをせずのびのびできる、と考える人もいるようです。

以上のことをふまえると、財布の形そのものはあまり問題ではなく、二つ折りでも長財布でも、自分のライフスタイルに合っている方を選ぶことが大切なことが分かります。

その2 薄くてスリムなタイプ

めったに行かないお店のポイントカードやクレジットカードなど、いつの間にか増えてしまってはいませんか?レシートは入れっぱなしではありませんか?

余計なものを入れ過ぎてパンパンになった財布は、今あるお金の把握がきちんとなされていない証拠でもあります。

ポイントカードはたくさんポイントを溜めてもせいぜい100円〜300円ほどの割引です。わずかな得をするために、いらないものまで買ってしまうよりも、1つお菓子を我慢するとか100円安いお店に行く方がよほど建設的です。

クレジットカードも多ければよいものではありません。現金を支払う痛みのないカード払いは浪費を助長しがちです。本当に必要なカードが1枚あれば十分です。当たり前のことですが、財布は本来お金を入れるものです。お金以外のものは極力入れないようにしましょう。

その3 8〜10cmと17〜21cmの財布

古代中国で生み出された、万物に宿る「気」の流れを読み日常をよりよく過ごすために考えられた思想を風水と言います。日本でもたくさんの人がインテリアや間取りなどに取り入れていますね。

風水で吉数とされる8〜10、17〜21の数字の中に収まる大きさの財布が金運を招きお金が貯まると言われています。これに当てはめると風水学では長財布も二つ折り財布も、この数字の範囲内ならどちらでも良いことになります。

2.お金が貯まる財布の色

次に、お金が貯まる財布の色をご紹介します。こちらは主に風水での考え方による、色の選び方です。

その1 黄系色

ゴールドや黄色が金運アップの色と言われていますが、そのままの色だとお金の流れが良すぎて、入ってくるものの出ていくものも多くなってしまうそうです。

安定を意味する土の色を混ぜた黄土色や、鎮静作用のある青の混ざった萌黄色などを選ぶと良いようです。入ってきても出ていかない「お金の貯まる」財布になります。

その2 ベージュ、茶色

お金と相性のいい土の気を持つベージュや茶色は、安定した金運アップにとても効果のある色です。パッと見たところの華やかさはありませんが、柔らかく落ち着いた色合いで性別問わず持て、長く使えそうなのが嬉しいところです。

その3 黒

黒は今あるお金を守ってくれる色です。お金をどんどん増やそう!という攻めの色ではないので、すでにたくさん持っているという人には最適な財布の色です。

その4 ピンク

自分の力ではなく、他人との関係の中でお金を育てていってくれる色がピンクです。人付き合いがスムーズになり、ハッピーにお金を貯めることができそうです。

3.お金が貯まる財布の材質

お金が貯まる財布

さまざまな値段、さまざまなブランドの財布が売られていますが、購入するときのポイントが3つあります。

その1 できるだけ本革を使用した財布を選ぶ

財布などに使用される皮にはいくつか種類があり、その手触りや性質で、財布自体のデザインにも個性が表れます。そしてデザインの面だけではなく、その動物の持つ性質が財布に宿るパワーになることもあります。

例えば、家畜の代表とされる牛の皮は豊かさの象徴です。蛇は水にゆかりのある神様「弁財天」を想像させ財を運ぶ力があると言われています。

ワニは「噛みついたらなかなか放さない」と言われ、散財を防ぐ効果が期待できます。本革を使った財布は決して安価ではありませんが、選んでみる価値はありそうです。

その2 ワンランク上の財布を買う

「ちょっと背伸びして買える値段」のものを買うと、その財布の値段に見合った生活のレベルに近づいていくそうです。反対に、安いものを買うと、その値段の生活レベルまで下がってしまいます。

また、安ものばかりを買っていると、財布やお金をはじめ、物を大切にしないようになりがちなので、長い目で見ると損してしまうこともあります。

相当なムリをして高いものを買う必要はありませんが、少し先の豊かな未来を想像して、奮発してみるのも良いかもしれません。

その3 お気に入りを選ぶ

好きでいつも使っているブランドがあるなら、やはりそのブランドの財布を選ぶと良いでしょう。お気に入りのものは大切に使いますので、中のお金も同じように大切にできるはずです。

財布は、風水学では「お金の家」とされます。お気に入りの家を作ってあげるといつも綺麗にしていたくなりますし、お金の方も居心地が良いのたくさん集まってくると考えられています。

4.お金が集まる正しい財布の使い方

ここでは、何の気なしに使っている財布を、どうしたらお金の貯まる財布にしていくのか、考えてみましょう。「お金が貯まる」財布の正しい使い方をご紹介します。

その1 お札の向きをそろえる

お札の向きをそろえて、頭を上にしてしまいましょう。気持ちよく出ていったお金はまた財布に戻ってくると言います。

お札の種類別にそろえることも重要です。そうすることで、今自分の財布に入っている金額を把握でき、うっかり用途不明金を出すことが少なくなります。

もう1つ、お金の向きをそろえて頭を下にして入れると、あまりお金が出ていかず、散財を防げるというジンクスもあります。

その2 レシートは処分

レシートはチェックしたら、財布から出すようにしましょう。いつか使うかもと思って取っておくと、どんどん溜まっていってしまうポイントカード類も、頻繁に必要なもの以外は思い切って財布から出しましょう。ごちゃごちゃした財布は運気を下げてしまいます。

その3 財布は綺麗に

買い物から帰ったら、財布はカバンから出しておくと良いでしょう。「出る」をイメージするカバンに入れっぱなしでは、財布の中身も出やすくなります。

「財布の定位置」を作って、カバンから出した後は毎日そこに置くようにしましょう。そのときに、レシートや買い物メモなどのいらないものが入ってないか、現在の財布の中のお金はどれくらいあるか、をチェックするようにすると良いでしょう。

また、汚れた財布は他人からの印象を悪くする恐れもあります。買い物や外食、ビジネスの場でなど、ありとあらゆるお金が関わるシーンで、財布は人の目に付く機会の非常に多い持ち物と言えます。

扱いは丁寧に、汚れたら乾いた布で拭くなどして大切に手入れしながら使えば、長持ちもするしお金が貯まる財布になって応えてくれます。あまり古いようでしたら、買い替えるのも1つの方法です。

5.お金持ちから学ぶ成功する3つの秘訣

お金持ちから学んだ秘訣を3つご紹介します。すぐに取り入れることができるものもたくさんありますので、できることから実践していきましょう。

その1 習慣

お金持ちから教わった豊かになるための習慣をまとめています。

>> 「わたしが実際にお金持ちから教わった18個の習慣とその言葉」へ

その2 必読書

お金持ちから教わった人生で成功するための必読書をまとめています。

>> 「お金持ちからコッソリ教わった人生で成功する必読書10選」へ

その3 お金の使い方

お金持ちから学ぶ賢いお金の使い方をまとめています。

>> 「お金持ちから学ぶ賢いお金の使い方とやめたほうがいい使い方」へ

6.まとめ

お金持ちの人は、お金が生き物であることを意識しています。汚れたボロボロの財布にシワだらけのお札では、お金が可哀想です。

確かに、シワがあろうが汚れていようがお金の価値や本質は変わることはありませんが、大切に扱ってくれる人のところに、お金はやはりまってくるように思えます。まるで人として扱うくらいが、お金に愛される秘訣ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket