アコム

家賃滞納は何ヶ月まで大丈夫?!裁判から強制退去になるまでの詳しい流れを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
何ヶ月まで家賃滞納できるか考える男性

家賃を滞納してしまう原因は人によって様々ですが、今現在支払いが滞っている方にとって「このまま家賃を滞納するといつどうなってしまうのか」ということが最も大きな心配事だと思います。

ご想像の通り、家賃の滞納が長引けば最悪強制退去などになる可能性は高いですが、1ヶ月の滞納でそういった事態に発展するとは考えにくいです。

今回は家賃を何ヶ月滞納すると強制退去になる可能性があるのか詳しく解説していきます。

1.家賃滞納は何ヶ月まで大丈夫?

大丈夫と言うと少し語弊がありますが、一般的に契約解除に至るまでの期間はおよそ2〜3ヶ月と言われています。

ただし、これは法律で決められているわけではなく、実際の裁判で契約解除や強制執行が認められるのは、2〜3ヵ月以上家賃を滞納した場合が多いという意味です。

家賃滞納は賃貸契約上の債務不履行に該当するため、家賃の支払い催告に借主が応じない場合、大家は借主に対し契約解除を求めることができます。

契約を解除されると借主はそこに住む権利を失うため大家から立ち退き要求をされることになりますが、それでも退去に応じない場合は大家側が裁判所に明け渡し訴訟を行い、訴えが認められれば強制執行となり退去を余儀なくされます。

この部分に関しては大家や管理会社によって対応が違うため、一概に何ヶ月までと言い切るのは難しいでしょう。

2.契約解除の目安となる「信頼関係崩壊の法理」

賃貸契約時に滞納などの問題が生じた場合は、「信頼関係崩壊の法理」という考え方が強制執行の可否を決める一つの基準になります。

信頼関係崩壊の法理とは、簡単に言うと「契約者の行為によって双方の信頼関係が失われ、契約を継続することができなくなる状態」を指し、このような状況になった場合のみ大家の権限で契約を解除することができます。

とはいえ、家賃を一度や二度滞納したからといって必ずしも信頼関係が崩壊したと認められるわけではありません。

たとえば支払い期限は過ぎているものの常に連絡を取ることができ、契約者側に支払う意思もある場合は信頼関係が崩壊したとは言い難く一方的な契約解除は難しいでしょう。

反対に度重なる延滞や長期間連絡が取れない状況にある場合は契約解除権の行使が認められる可能性が高いです。

3.裁判になった場合の強制退去までの流れ

裁判にまで発展した場合は基本的に次の流れを経て強制執行に至ります

流れ1 大家側による明け渡し訴訟

家賃を滞納してすぐに裁判になる事はまずありませんが、 早ければ滞納から2~3ヶ月、最長でも6ヵ月後ほど経つと訴訟を起こされる可能性が高いでしょう。

裁判になってしまうと家賃を支払えない正当な理由がない限りは、借主にまず勝ち目はありません。

裁判所の出廷命令を無視した場合は大家側の主張が100%認められ、訴訟費用を含め多額の賠償金が発生する可能性があります。

流れ2 強制退去

裁判によって立ち退き要求が認められると大家との明け渡し交渉が始まります。この時点では退去日についてある程度調整ができますが、双方の合意が得られない場合は、再度裁判所に強制退去の申し立てが行われます。

裁判によって強制執行が認められると裁判所から退去を命じる催告状が届き、期限内に出ていかない場合は裁判所の執行官が自宅にやってきて強制退去という流れになります。

4.家賃を滞納している時の対処法

家賃の滞納が2ヵ月以上に渡ると契約解除の可能性もいよいよ現実味を帯びてきます。滞納額が膨れ上がってからでは債務整理などの法的な解決策を取るほかなくなってしまうことも多いので、そうなる前にできるだけ早く問題を解決しましょう。

滞納額によってその対処法も変わってはくるものの、もしも数十万円のお金が必要なら銀行や消費者金融のカードローンで借りるといった選択肢もあるでしょう。

カードローンなら月々の返済はリボ払いなので、仮に50万円借りても毎月1万円ほどの返済で済むことが多いです。

ただし、すでに他にも借金がある場合は新たな借入によってさらに状況が悪化する可能性が高いので、弁護士に相談して債務整理を検討するのが得策かもしれません。

いずれにしても家賃の滞納を放置して良い結果になることはないので、現在滞納している方は早めに問題を解決する方法を考えましょう。

5.今すぐ借りれるカードローンランキング

銀行や消費者金融を利用したい時におすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

本来の支払日から1日でも過ぎれば滞納という扱いにはなりますが、1ヶ月ほどの滞納なら部屋を追い出されたり裁判になるということはまずないでしょう。

かといってそのまま放置して良いということにはなりませんし、早めに支払いの意思を見せることが自分自身を守ることにも繋がります。

現在家賃を滞納している方はまずは大家や管理会社に連絡をし、相談に応じてもらえない場合は借入や債務整理という最終手段を取るのも一つの解決策ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket