銀行融資とは|銀行融資の特徴とあなたが選ぶべき銀行ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
銀行 融資とは0

法人個人問わず、銀行からの借入を検討する方は多いと思います。

法人であれば運転資金や事業拡大のため、個人であれば教育費や住宅購入の費用など、銀行から融資を受けたいと思う理由は人それぞれでしょう。

今回は、そんな時に参考にしていただきたい、銀行融資の主な種類とその特徴についてご紹介していきます。ぜひこれを参考に、あなたにとって最適の融資方法を探してみてください。

1.銀行融資の特徴

他の金融機関と銀行ではどんな違いがあるのか、まずは銀行融資の特徴についてまとめました。

特徴1 低金利

お金を借りられる場所としては、銀行の他にも消費者金融や信販会社などのノンバンクもありますが、ノンバンクに比べ銀行のほうが低金利で融資が受けられます。参考までに、銀行と消費者金融のカードローン金利を比較してみましょう。

<消費者金融と銀行のカードローン金利>

お金の借り方1

<利息制限法の上限金利>

お金貸して1

どちらも利息制限法によって金利の上限は決められていますが、消費者金融などが上限ギリギリの高金利なのに対し、銀行の金利はかなり低めに設定されていることが分かります。

特徴2 審査が厳しい

銀行の審査は、ノンバンクに比べると厳しくなるというのも特徴の一つです。たとえば、アコムやプロミスなどの消費者金融は自社で審査を行うのに対し、銀行の審査は銀行と保証会社の二段構えになっています。

プロパー融資のように銀行の裁量だけで審査を行う場合も中にはありますが、基本的には保証会社を立てる、そうでない場合は担保や保証人が必要になることがほとんどです。

また、銀行によってはローンの申込条件に年収による基準を設けている場合もあり、ノンバンクに比べ融資対象者が限られる傾向にあります。

特徴3 ローンの種類が多い

銀行融資と一言でいっても、融資方法やローンの種類はさまざまです。銀行融資の中で最も代表的なのは、住宅ローンや教育ローンなどの目的別ローンではないでしょうか。目的別ローンには主に以下のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • ブライダルローン
  • 教育ローン・・・など

その他にも、フリーローンやカードローンなど、資金の使い道が比較的自由なローンもあります。このように、資金使途によって選べるローンが充実しているのも銀行融資の特徴です。

2.個人が銀行から融資を受ける方法

個人の方が銀行から融資を受ける場合、使い道が決まっているのであれば、それに合った目的別ローンを選ぶことができます。しかし、そのどれにも当てはまらない場合は、フリーローンやカードローンを選択しましょう。

いずれも基本的に資金の使い道は自由ですが、フリーローンの場合は他の目的別ローン同様証書貸し付けとなり、最初に全額を借り入れその後は返済のみを行っていくかたちになります。

一方カードローンは他のローンとは特色が異なり、最初に借入限度額は設定されますが、その範囲内であれば、どのタイミングでいくら借りるかは契約者の自由です(借り入れや返済は銀行やコンビニのATMを利用)。また、一度審査に通ってしまえば、限度額の範囲内で借入と返済が繰り返し行えるのもカードローンの魅力です。

ただ、カードローンの場合は繰り返し借入ができてしまうことから、返済額がなかなか減らない、利息の計算がしづらく返済計画が立てづらいなどのデメリットもあるので注意しましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「個人が銀行から融資を受ける方法|フリーローンとカードローンの違い」

3.法人が銀行から融資を受ける方法

銀行から融資を受けるのは何も個人だけではありません。法人や事業主の方が事業拡大のために融資を受ける場合もあるでしょう。法人融資については、基本的に以下のような融資方法となります。

方法1 プロパー融資

プロパー融資とは、信用保証協会を通さず、直接銀行から融資を受ける方法です。つまり、企業の信用力だけで銀行からお金を借りるということです。

プロパー融資には限度額が無く、融資担当者の判断次第で高額な借入れが可能です。また、保証協会を通さないため金利が低くなるといったメリットもありますが、その分審査はかなり厳しく、企業の自己資本や決算書などについても細かく調査されます。

創業して間もない企業や事業主がプロパー融資を受けたいと相談に行っても、おそらく信用保証協会の保証付き融資を提案されることがほとんどでしょう。プロパー融資を受けるには、3年5年という長い期間をかけ、企業として銀行のからの信用を得ることがまずは大切です。

方法2 信用保証協会の保証付融資

保証付融資とは、信用保証協会に保証人になってもらい、銀行から融資を受ける方法です。まだまだ信用が低くプロパー融資ができない企業でも、間に保証協会が入ることで、貸し倒れリスクを軽減できるため、銀行としては融資をしやすくなります。

保証付融資の場合、信用保証協会への手数料を支払う必要はありますが、保証付融資で返済実績を積めば、将来的にプロパー融資への足掛かりができるため、創業したての企業については、まずは信用保証協会の保証付融資を検討してみると良いでしょう。

方法3 ビジネスローン

通常の審査には1~2ヵ月程の期間を要する場合が多いため、そんなに待てないという方は、銀行のビジネスローンを利用するという方法もあります。一般的にビジネスローンは金利が高い傾向にありますが、申込即日~1週間程度で借りられるものも多いです。

ただ、ビジネスローンの申込には、直近2年分の決算書もしくは確定申告書が必要な場合が多いので注意しましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「これだけは知っておきたいビジネスローンの賢い活用方法」

4.銀行融資における担保や保証人について

銀行から融資を受ける際には、担保や保証人が必要になるケースが多いです。事前に担保を設定することで、銀行側は万が一返済不能になった場合に担保を売却して債権を回収することが可能となります。一般的には、土地や建物などの不動産、預金や債券、有価証券などを担保にする場合が多いです。

一方、保証人は債務者が返済不能になった場合、代わりに返済する義務を負う人のことです。保証人には「保証人」と「連帯保証人」がありますが、連帯保証人のほうが責任の範囲が広く、債務者とほぼ同じ責任を負うのが特徴です。

5.定期預金担保貸付

銀行に定期預金をお持ちなら、持っている定期を担保に借入をすることができます。定期預金担保貸付の金利は、一般的に通常の定期預金金利+0.5%となっているため、カードローンなどと比べると非常に低金利です。

借入限度額については「定期預金の90%もしくは200万円~300万円のいずれか少ないほうまで」というのが一般的です。借入方法は定期の種類によって違いますので、以下を参考にしてください。

<証書や通帳>

定期を通帳や証書や通帳で作成している場合は、銀行窓口での手続きが必要となります。なお、手続きには、証書もしくは通帳、届け出印が必要です。

<総合口座>

総合口座には、通帳にあらかじめ貸越機能が備わっているので、特に手続きの必要はなく、いつも通り普通預金口座から引き出しをするだけで、自動的に借り入れができます。この場合は自動貸越機能を利用するということになります。

窓口での手続きが必要な場合でも、基本的にはその日のうちに借入ができるため、急いでいる方にもお勧めです。ただ、貸付を利用している間は定期預金の解約ができないので注意しましょう。

6.まとめ

銀行から融資を受ける上では、何よりも信用が大切です。最初から大きな金額を借りることは難しくても、少額融資を積み上げ返済能力があることを証明できれば、少しずつ融資額も上がっていくことでしょう。

収入を上げる、毎月の支払いを延滞しないなど、銀行から信用を得るための材料を集め、銀行側がぜひとも融資をしたくなるような人になるのが最も理想的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事