主婦でもお金を借りれる!カードローン利用時の疑問を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りたい専業主婦

主婦でもパートやアルバイトなどをしている方であれば、利用できるカードローンはたくさんあります。

しかし、収入の無い専業主婦の方は借入先が限られるため、同じ主婦でも状況に合わせてカードローンを選ぶ必要があります。

この記事では、専業主婦が借りられるカードローンといち早く借りるためのポイントをご紹介しています。カードローンを利用する際の疑問点も解説していますので、借入に関して不安のある方はぜひ参考にしてください。

1.専業主婦でも借りられるカードローンは?

自分自身に収入が無い専業主婦でも一部の銀行のカードローンであれば借入が可能です。利用できるカードローンはこちらです。

カードローン金利年
横浜銀行1.9%~14.6%
イオン銀行3.8%~13.8%
スルガ銀行3.9%~14.9%

カードローンには銀行の他にも消費者金融などがありますが、総量規制(借入額を年収の3分の1までとする規制)の関係から、専業主婦が消費者金融でお金を借りることはできません。

一方、銀行カードローンは銀行法が適用されるので、配偶者に安定継続した収入さえあれば配偶者の同意なく借りることができます。

銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利なので、ムダな出費を抑えたい専業主婦の方にもピッタリのカードローンと言えます。

2.いち早く銀行カードローンで借りる2つのポイント

一般的に消費者金融は即日融資を基本としていますが、銀行カードローンの場合は融資まで数日程度かかります。早くお金を借りたい場合はいくつかのポイントに注意して申し込む必要があります。

ポイント1 ネットから申し込む

どの銀行のカードローンも申込手続きはネットや電話で行うことができます。また、一部の銀行では消費者金融のように自動契約機からの申込ができる場合もあります。

その他にも窓口や郵送、FAXなど申込方法はいくつかありますが、借入までの時間を短縮したいならネットもしくは自動契約機から申し込むのが一番です。

ネット申込なら24時間好きな時間に申し込めるので、何かと忙しい主婦の方にもおすすめです。

ポイント2 口座開設不要のカードローンを選ぶ

銀行カードローンには、その銀行の普通預金口座が必要なものとそうでないものがあります。あらかじめ口座を持っていれば特に気にする必要はありませんが、カードローンと同時に普通預金口座を開設しなければならない場合は要注意です。

カードローンと普通預金口座の同時申込をする場合、口座開設に時間がかかってしまうため、その日のうちにお金を借りるのは難しいでしょう。

口座を持っていない銀行カードローンに申し込む際は、口座開設不要のカードローンを選ぶのがおすすめです。

3.銀行カードローン利用時の疑問

はじめてカードローンを利用する場合はおそらく不安も多いと思います。特に専業主婦の場合、旦那さんや家族に内緒で借りたい人も少なくないでしょう。専業主婦が銀行カードローンを利用する際の不安や疑問について解説していきます。

疑問1 旦那に内緒で借りられる?

銀行カードローンの契約に関して、特に配偶者の同意は必要ありません。配偶者に安定継続した収入さえあれば、配偶者の収入証明書や本人確認書類も不要です。配偶者はもちろん、誰にも知られずにお金を借りることができます。

疑問2 旦那の職場に連絡はいく?

通常であれば審査の際、勤務先への在籍確認の電話が入りますが、専業主婦の申込に関しては配偶者の勤務先への連絡はありません。ただ、自分宛(自宅もしくは携帯電話)に銀行から本人確認と内容確認の電話が入ります。

自宅に電話がかかってくることに対抗がある方は、連絡先を自分の携帯電話にしておくと良いでしょう。

とはいえ、一般的には銀行名でなく担当者の個人名を名乗るため、自分以外が電話に出たとしても銀行からの電話だと家族に気づかれる心配はありません。

疑問3 自宅に郵送物が届くことはある?

契約時にローンカードなどが郵送されますが、窓口や自動契約機での受取りを選べば、基本的に自宅への郵送物はありません。

ですが、郵送物は銀行名が記載されているだけなので、中身を開けない限りカードローンの書類だとは分かりません。利用明細書も郵送ではなくWeb明細を選べる場合が多いです。

疑問4 月々の返済額はどのくらい?

月々の最低返済額は銀行によって違いますが、利用残高が10万円以下は3,000円、10万円以上20万円以下は5,000円、20万円以上30万円以下は7,000円のように、借入額が少額の場合は毎月数千円の支払いで済む銀行が多いです。

無理のない返済計画が立てられるでしょう。

疑問5 金利はどのくらい?

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードキャッシングに比べると低金利なものが多いです。

大手消費者金融やクレジットカードキャッシングの上限金利は年18.0%程度が相場ですが、銀行カードローンなら年15.0%以下で借りられる場合も多いので、少しでもお得に利用したい方にはおすすめです。

疑問6 いくらまで借りられる?

銀行カードローンの限度額はおおむね500万円~1,000万円ほどですが、専業主婦の借入限度額は30万円程度になることがほとんどです。

銀行によってはあらかじめ専業主婦の限度額に上限を設けている場合もあるので、最高いくらまで借りられるのか事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

疑問7 カードローンは使い道自由?

銀行のローンは住宅ローンやマイカーローンなど目的別に使い道が決められているものが多いですが、カードローンは原則使い道自由です。ただ、事業性資金に使うことは禁止されていますので、その場合は他のローンを検討する必要があります。

4.まとめ

配偶者に安定した収入があれば借入をすることはできますが、万が一支払いを延滞してしまうと銀行から配偶者に連絡がいく場合があります。

また、カードや契約書類も手続き方法によっては自宅に郵送される場合があるため、旦那さんに内緒で借りる場合には十分注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket