専業主婦のカードローン審査のウラの裏!ご主人に内緒で借りる全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
主婦でも借りられるカードローンの審査0

収入が全くない専業主婦の方でも、ご主人に安定した収入があれば銀行カードローンで借り入れができます。

ご主人の所得証明書の提出も不要です。ご主人の勤務先やご主人に電話連絡が行くこともありませんので、家族に内緒で利用することができます。

専業主婦の方の場合、一体どのようなことが審査で見られるのでしょうか。

審査で見られるポイントや審査通過率を上げるコツ、ご主人に内緒で借りたいときの方法についてご紹介します。

1.専業主婦のカードローン審査

まずは審査ではどのような点が見られるのか見ていきましょう。

①審査基準

専業主婦の方のカードローン審査では、他社借入件数や他社借入金額、直近2年の返済履歴、過去の返済事故などが見られます。専業主婦の方は収入がありませんので、すでに1社から30万円の借り入れがある場合には、他のカードローンの審査に通ることはまず難しいと思った方が良いです。

上記の条件に加え、資金の用途、住宅の居住年数、住宅の所有状況、家族構成などがチェックされます。世帯主の収入証明は不要ですが、信用情報を調べる際、個人名義だけでなく住所からも調べることができます。銀行側は住所で調べる際に、同じ名字の人がいればそれがご家族だとわかります。

同じ住所で同じ苗字の人がいればその人の信用情報もチェックされますので、ご主人に返済事故がある場合は審査NGになってしまうことがあります。なお、ローン事故歴があると審査にはまず通りません。

②在籍確認

在籍確認とは、申告した勤務先に本人が本当に勤めているかどうかを電話で確認するものですが、専業主婦の場合は勤務先がないため、在籍確認はありません。ご主人の勤務先に連絡が行くこともありませんので、心配は無用です。

なお、申込確認の電話はかかってきますので、申し込みの際の電話番号は自宅の番号ではなく、携帯電話の番号を入力すると、他の家族の方に出られることはありませんので安心です。

2.専業主婦が借りられるカードローン

専業主婦の方が利用できるカードローンをご紹介します。

①銀行カードローン

収入がない専業主婦の方は、銀行カードローンであれば利用ができます。平成22年に施行された総量規制によって、収入の1/3以上の借り入れができなくなったため、専業主婦の方はアコムやプロミスなどの消費者金融では借り入れができません。

しかし、総量規制は貸金業法の法律のため、消費者金融のみに適用される法律です。銀行法が規定となる銀行カードローンには適用されません。そのため、専業主婦の方は銀行カードローンであれば利用できるということです。

②配偶者貸付け

専業主婦の方は銀行カードローン以外にも、配偶者貸付を行っているカードローンであれば利用ができます。配偶者貸付とは、夫婦の年収を合わせた金額の1/3まで借り入れができるというもので、ご主人の同意があれば夫婦の合計年収、つまりご主人の年収の1/3までなら借り入れできるということになります。

ただし、ご主人の同意が必要なため、内緒での借り入れは絶対にできないこと。アコムやプロミスなどの大手業者で配偶者貸付のあるカードローン会社はないので、もっと小規模な金融会社で探さないといけません。その手間を考えると、銀行カードローンを利用するのが1番です。

3.ご主人に内緒で借りたい時の3つのポイント

ご主人に内緒でカードローンを利用したいときのポイントを3つご紹介します

ポイント1 よく利用する銀行カードローンを選ぶ

銀行カードローンを利用する際は、日頃利用している銀行カードローンに申し込みをしましょう。そうすれば、借り入れや返済でその銀行のATMを利用していても、ご主人に怪しまれることはありません。

例えば、普段みずほ銀行を利用している場合はみずほ銀行カードローンを、三菱東京UFJ銀行を利用している場合はバンクイックに申し込むようにしましょう。

ポイント2 キャッシュカード兼用型にする

銀行カードローンは、ローン専用カードで利用するものと、持っている銀行のキャッシュカードで利用できるものがあります。ローン専用カードで借り入れや返済をするカードローンの場合、そのカードが原因で家族にキャッシングの利用がバレることがあります。

キャッシュカード兼用のカードローンにすれば、たとえお財布の中を見られたとしても、カードローンを利用していることがバレることはありません。

ポイント3 郵送物が無いようにする

家族にキャッシングの利用が発覚する大きな原因となるのは、自宅への郵送物です。自宅にカードローン会社からの郵送物があると、家族が疑いを持ってしまうどころか疑惑が確定してしまいます。郵送物が来ないようにするのが、家族にバレない秘訣でもあります。

カードローン会社から自宅に郵送物が送られてくるタイミングは4回あります。契約時、カード受け取り時、毎回の利用明細、そして延滞の時です。

⑴郵送物を無くす契約方法
契約はWeb完結などを使えば、紙の契約書なしでもカードローン会社との契約が可能です。インターネットを使って、パソコンやスマホからの申し込みで契約を済ませることができますので、ネットから申し込むことをおすすめします。

⑵バレないカード受取方法
カードの受け取りは、キャッシュカード兼用のカードローンであれば、すでに持っているキャッシュカードで利用できますので、心配は無用です。新しく銀行口座を開設してカードローンを利用する場合でも、送られてくるのはキャッシュカードなので、「新しく銀行口座を開設したの」のように伝えれば良いでしょう。

ローン専用カードのカードローンを利用する場合は、申し込みをした後、自動契約機にカードを受け取りに行きましょう。そうすれば自宅にカードが送られてくることを防ぐことができます。少し面倒ですが、あえて店舗や自動契約機にカードを取りに行くことが大切です。

⑶利用明細が送られないようにする方法
毎回の利用明細も、利用明細をWebでチェックするように設定すればOKです。自宅に郵送物が送られてくる心配はなくなります。

⑷延滞は絶対にしない
延滞をすると自宅に郵送物が送られてきます。延滞は絶対にしないようにしましょう。

4.専業主婦が借りられる金額

専業主婦の方のカードローン利用限度額はほとんどが30万円までです。ちなみに、みずほ銀行カードローンは30万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは30万円まで、新生銀行カードローン レイクは審査によって金額が決まることになっています。

5.カードローン審査通過率を上げる簡単なコツ

審査通過率を上げることができる簡単なコツを2つご紹介します。

コツ1 ウソをつかない

申込時にウソをつくのはやめましょう。働いていないのに働いていると偽ったり、収入があるとウソをついたり、家族の連絡先をごまかしたりするのは絶対にやめましょう。カードローン会社は膨大な利用者情報を持っていますので、ウソをついてもすぐにバレますし、審査に落ちる原因になります。

コツ2 入力ミスがないか確認する

申し込み内容に入力ミスがあると、審査に通らないことがありますので、最後にきちんとチェックしましょう。特にインターネットからの申し込みの場合、画面で入力するためミスが起きがちです。変換ミスや漢字のミスにも注意しながら、丁寧に入力を進めてください。

6.専業主婦におすすめ3大銀行カードローン

専業主婦の方でも借入可能のおすすめ銀行カードローンを比較してご紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード兼用で利用することができ、銀行口座をすでに持っている場合は最短即日で利用することができます。郵送物も届かないようにすることが可能です。内緒で借り入れしたい専業主婦の方に最もおすすめです。

みずほチェックリスト*1 みずほ銀行の口座を持っている場合は最短即日利用可能

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクはキャッシュカード兼用ではないですが、ネットから申し込みをした後、自動契約機に行ってローンカードを受け取ることで、郵送物を無くすことができます。振込融資にも対応していますので、ATMを利用しなくても借り入れができます。

レイクチェックリスト
*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックもキャッシュカード兼用ではないですが、ネットから申し込みをした後、自動契約機に行ってローンカードを受け取ることで、郵送物を無くすことができます。

バンクイックチェックリスト

 

7.まとめ

専業主婦の方がご主人にバレないようにするには、

  • よく利用する銀行カードローンを選ぶ
  • キャッシュカード兼用型にする
  • 郵送物が無いようにする

この3つがポイントです。計画的に利用して、ピンチを乗り越えて行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事